1. TOP
  2. 美肌をつくる正しいスキンケア方法と肌質に合わせた化粧品の選び方
Sponsored Link

美肌をつくる正しいスキンケア方法と肌質に合わせた化粧品の選び方

最近ではテレビや雑誌などで様々なスキンケア方法が紹介されています。

そのような方法は基本を理解した上での応用編といったものがほとんどです。

スキンケアにはそれぞれ役割があり、その役割を理解し、自分の肌に合わせたケアを行うことによって、健康的な透明感のある美肌をつくることに繋がります。

 

今回は基本であるスキンケアそれぞれが持つ役割や、正しいスキンケアの方法を御紹介します。

基本をマスターして美しく健康的な肌を手に入れましょう。

Sponsored Link

それぞれのスキンケアが持つ役割

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_m

スキンケアと言っても色々ありますが、基本的な役割は、外部から受ける様々な刺激から肌を守り、健康的な肌の状態を維持することです。

普段から使っているスキンケア商品ごとにその役割は違うため、ひとつずつ見ていきましょう。

クレンジング

クレンジングはメイク落としと呼ばれるように、メイクや日焼け止めクリームといった油性のものを落とすためのものです。

メイクをその日のうちに落とさずそのままにしていると、様々な肌トラブルをひきおこしてしまいます。

したがって、メイクをした日には欠かせないスキンケアとなります。

洗顔

洗顔は毛穴に詰まった空気中のほこりや汗、皮脂などによる汚れを取り除くことが目的です。

皮脂腺や汗腺の入り口に詰まった汚れを洗顔の泡で浮かせて取り除きます。

毛穴が詰まると様々な肌トラブルを引き起こすため、基本的に毎日必要なスキンケアです。

化粧水

化粧水は肌に水分を補い、肌を柔らかくし、肌の調子を整える役割があります。

化粧水をたっぷりとつけることによって、次に使うクリームや乳液をムラなく行き渡らせる役割や、肌の油分バランスを整えてくれます。

美容液

美容液は肌が必要としている美容成分を角質層に届ける役割があります。

有用成分が濃縮してあり、肌のシワやたるみなどの目的に合わせた集中的なケアができます。

肌の状態や悩みによって、必要なものを選ぶと良いでしょう。

乳液

乳液には化粧水とは違い、2割ほどの油分も含んでいます。

その水分と油分により、肌に潤いを与え、蓋をして感想を防ぐという2つの役割があります。

化粧水と美容液だけで十分保湿できる方は良いですが、肌が乾燥しやすい方や、化粧水だけしか使わない方は、油分を補う為にもしっかり使いましょう。

クリーム

クリームは主に油分を補って肌を柔らかくし、水分の蒸散を防ぐ役割があります。

また、肌を紫外線などの外からの刺激から守る役割もあります。

年齢と共に皮脂の分泌量も低下しやすいので、油分が不足しやすい方には特におすすめです。

自分の肌質を知ることが重要

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_m

スキンケア商品を選ぶうえで、自分の肌質を知ることは非常に重要です。

肌質は、水分量と油分のバランスで大きく4つに分かれます。

ここでは自宅で出来る簡単な肌質チェック方法を御紹介します。

①洗顔後、何もつけずに10分程放置する。

②10分後、自分の肌がどのような反応をしているか鏡でチェックする。

混合肌

肌全体がつっぱった感じで、Tゾーンなどには部分的に油っぽさも感じるタイプは混合肌と言えます。

乾燥肌

肌全体がつっぱった感じで、Tゾーンなどにもてかりが無いタイプは乾燥肌と言えます。

脂性肌

つっぱった感じはなくしっとりしているが、顔全体に油っぽさを感じるタイプは脂性肌と言えます。

普通肌

つっぱった感じはなくしっとりしていて、Tゾーンにも油っぽさは感じないタイプは普通肌と言えます。

 

上記のような結果から、自分の肌質がどんなタイプか知ることができます。

しかし、ずっと一緒というわけでもなく、肌は年齢や環境によって変化します。

定期的にチェックしてみましょう。

良くわからず自分で判断できなかった場合は、お店の診断機や、自宅で出来る肌質チェッカーなんていうのもあるので試してみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!