1. TOP
  2. 美容・健康
  3. あっ!という間に洗顔料を泡立てるコツ!美肌の秘訣は泡にある!
Sponsored Link

あっ!という間に洗顔料を泡立てるコツ!美肌の秘訣は泡にある!

洗顔をする際にしっかりと泡立てることはとても重要です。

キメの細かい泡を作ることができれば、泡が汚れを吸着し、肌に刺激を与えることなく洗顔をすることができるからです。

しかし、洗顔料を泡立てるには手間がかかるため、分かっていてもなかなか出来ないという方が多いのではないでしょうか?

そこで今回は、誰でも簡単に洗顔料を泡立てるためのコツを御紹介します。

今まで上手く泡立てることができなかったという方も是非挑戦してみて下さい。

Sponsored Link

洗顔料を泡立てる理由

洗顔料を泡立ててから使うのと、泡立てないで使うのでは大きな差があります。

泡立てることによって得られるメリットは以下の通りです。

肌に刺激を与えない

洗顔をする際に、顔をゴシゴシと擦ってしまうと、摩擦によって肌に刺激を与えてしまいます。

顔の皮膚は他の部分と比べて非常に薄く、摩擦によって刺激を与えてしまうと、乾燥肌や肌荒れなどの原因になってしまうので注意しましょう。

正しい洗顔とは、擦るのではなく、キメの細かい泡を顔に乗せ、泡で洗うイメージで伸ばすだけで良いのです。

洗顔料をしっかりと泡立てることができれば、擦らなくても泡が汚れを吸着し、肌に刺激を与えることなく洗うことができます。

洗顔料を洗い流しやすい

よく泡立てた洗顔料は水切りもよく、さっと洗い流すことができるので、洗顔料が肌に残りにくいというメリットがあります。

逆に、泡立てが不十分だと洗顔料が肌に残りやすくなってしまいます。

洗顔料が肌に残ってしまうと、肌トラブルの原因にもなるため、しっかりと泡立ててから洗顔することが大切です。

泡立て方のコツ!

もっちりとしたキメの細かい泡を作るには、空気と適度な水分を含ませることが重要です。

泡立て方にはコツがあるので、以下の方法を参考にして下さい。

①手のひらを窪ませ、空気を含ませる

適量の洗顔料を手に取ったら、片方の手のひらを窪ませ、もう一方の指先で空気を含ませるようにして泡立てます。

洗顔料が少なすぎると泡立ちも悪くなるので、いつもより気持ち多めの量を手に取り出しましょう。

クリームや液体タイプの場合は、1円玉程度の量が目安です。

洗顔石鹸の場合は、濡らした石鹸を手のひらで転がしながら、ある程度泡の元を作ってから泡立てます。

②お湯を加えながら泡立てる

少し泡立ってきたらお湯を加え、繰り返し泡立てます。

お湯が少ない方が良いと思っている人も多いですが、お湯が少ないと泡立ちが悪いので、十分なお湯が必要になります。

しかし、一度に多くの水分を加えると泡が粗くなってしまい、せっかく作った泡が流れてしまうので、ある程度泡立ってきてから少しずつお湯を加えていきましょう。

何回かに分けて繰り返すことで、キメの細かい泡ができるはずです。

参考動画

泡立てネットを使っても良い!

上記の方法でもなかなか泡が上手くできないという方や、もっと手早く泡をつくりたいという方は、泡立てネットを使っても良いです。

泡立てネットは泡が粗くなるので良くないとも言われていますが、泡立てネットを使った後に手を使って練ることで、キメの細かい泡が簡単にできます。

参考動画

しかし、泡立てネットは手早く泡立てることができる反面、濡れたまま放置すると雑菌が繁殖するといったデメリットもあります。

使用後はしっかりと洗ってから乾燥させ、清潔な状態で管理することが必要です。

洗顔の注意点

洗顔をする際に注意したいポイントがいくつかあります。

  • 洗顔前に手を綺麗に洗う
  • お湯の温度はぬるま湯
  • 泡はTゾーンから載せていく
  • 清潔なタオルで水分を拭き取る

洗顔の前に手を清潔にしておかなけば、雑菌が顔についてしまうだけでなく、泡立ちも悪くなるので、必ず手を洗ってから洗顔するようにしましょう。

洗顔に使うお湯の温度は暑すぎると肌の乾燥を招くため、ぬるま湯がおすすめです。

また、シャワーを直接顔にかけてしまうのも乾燥の原因となるので、必ず手ですくってすすぐようにしましよう。

洗顔の順序ですが、皮脂の多いおでこから鼻にかけてのTゾーンから泡を載せていき、優しく全体に伸ばすようにして洗います。

洗顔料が肌に残らないように、しっかりとすすぐことも大切です。

最後に、直接肌に触れるタオルにも注意が必要で、清潔なタオルを使用し、軽く押さえるようにして水分を拭き取りましょう。

泡で洗うだけでは汚れは落ちないって本当?

泡で洗う洗顔では汚れが落ちないという話を聞き、不安になっている人も多いと思いますが、結論から言えば泡洗顔で汚れはしっかり落ちます。

しかし、使っている洗顔料によっては汚れを落としきれない場合もあります。

洗顔料には、洗顔フォームと洗顔石鹸がありますが、泡で洗う洗顔方法を最大限生かすためには洗顔石鹸がおすすめです。

弱酸性が洗い残しの原因!?

洗顔石鹸は基本的に弱アルカリ性ですが、洗顔フォームには弱酸性のものが多いです。

人の肌は弱酸性なので、刺激も少なく肌に優しいと言われる弱酸性の洗顔料のほうが良いと思っている方も多いのではないでしょうか?

確かに肌が弱い人にとっては弱酸性のほうが良い場合もありますが、普通の人にとって弱酸性の洗顔料は、刺激も少ない分、洗浄力も弱いため、汚れを落としきれていない可能性があります。

また、弱酸性は毛穴を引き締める効果があり、汚れを毛穴の中に閉じ込めてしまうようなものです。

これではせっかく泡立てた洗顔料で洗っても、汚れを吸着することはできずに残ってしまいます。

逆に、弱アルカリ性の洗顔石鹸は、毛穴を開き、泡で優しく洗うだけで汚れを吸着することができます。

これが泡洗顔に洗顔石鹸をおすすめする理由のひとつです。

洗顔石鹸は肌にも優しい

ほとんどの洗顔フォームには、合成の界面活性剤が使われており、肌への刺激も強く、必要な保湿成分まで落としてしまいます。

同じように合成界面活性剤が使われているのが食器用洗剤で、普段から洗い物をしている方であれば、その洗浄力の強さは身をもってわかっているでしょう。

もちろん肌に使うものなので、食器用洗剤と同じではないですが、使い続けることが肌に良いとは思えないはずです。

洗い上がりがしっとりと潤っているように感じているのも、人工的な保湿成分によって誤魔化されているだけであり、気付かないうちに肌はボロボロになっているかもしれません。

反対に、洗顔石鹸は天然の界面活性剤が使われているので、必要な保湿成分を落としすぎてしまうという心配もなく、肌にも優しい洗顔料と言えます。

洗顔方法によってツッパリ感は変わる

洗顔石鹸は肌がツッパるから嫌だという方もいるかもしれませんが、洗顔後のツッパリ感は本来であれば、ある程度は必要なものです。

ツッパリ感は、弱アルカリ性の石鹸で洗顔したことによって、一時的にアルカリ寄りに傾いた肌が元に戻ろうと活性化している証拠です。

これは健康な肌をつくるには必要で、逆に普段から弱酸性で洗っていると、肌を必要以上に甘やかしてしまい、いつの間にか敏感肌になっているかもしれません。

最近になって敏感肌になってしまったという方は、肌の甘やかし過ぎが原因の可能性が高いです。

洗顔後のツッパリ感は洗い方によっても変わるため、その時の洗い方が良くなかったということもあるかもしれません。

しっかりと泡立ててから泡で洗う洗顔を一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

しっかりと泡立てて洗顔をすることは、肌への刺激を軽減し、美肌をつくる秘訣です。

普段の洗顔方法を見直し、肌に優しい洗顔方法を心掛けていきましょう。

また、洗顔料選びも美肌をつくるためには非常に重要です。

基本的には洗顔石鹸がおすすめですが、敏感肌の方は、いきなり洗顔石鹸に変えると刺激が強すぎる場合もあるので注意して下さい。

敏感肌の方にも評価が高いおすすめの洗顔石鹸をまとめてありますので、こちらの記事も併せてチェックして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人気のハンドクリームブランド10選!プレゼントにもおすすめ!

  • 美肌になる秘訣は水の飲み方にあった!キレイな女性が行う習慣とは?

  • ニキビと食生活は関係ある?ニキビ改善に良い&悪い食べ物まとめ!

  • 肌の乾燥対策に使える!保湿力が優秀な人気のプチプラアイテム9選!

  • ポッカレモンでも大丈夫?レモン水のダイエット効果と作り方!

  • 顔に汗をかかない、止める方法!恥ずかしい顔汗対策まとめ!