1. TOP
  2. 口コミで大人気!敏感肌でも安心して使えるプチプラ化粧水とは?
Sponsored Link

口コミで大人気!敏感肌でも安心して使えるプチプラ化粧水とは?

最近では敏感肌の方が増えているようで、なかなか自分に合った化粧水が見つからないという方も多いのではないでしょうか?

高級な化粧水であれば、肌に刺激の強い成分を排除し、肌に良い成分が配合されているものが多いので、使用感も良く、敏感肌でも安心して使えます。

しかし、化粧水は毎日使うものですし、しっかり保湿したいと思えばそれなりの量も使うので、出来るだけ安く抑えたいというのが本音ですよね。

そこで今回は、コスパ抜群で敏感肌の方にもおすすめなプチプラ化粧水を御紹介していきたいと思います。

実際に使用した方の口コミも併せて御紹介していくので、化粧水選びの参考にして下さい。

Sponsored Link

敏感肌に合った化粧水の選び方

敏感肌の方は、肌が赤くなってしまったり、ヒリヒリしてかぶれてしまうなど、普通の肌と比べて非常にデリケートです。

そのため、化粧水に配合されている成分に注目し、刺激の強い成分はできるだけ避けるようにしましょう。

特にアルコール(エタノール)や着色料、香料などは肌の刺激となるので、事前にチェックしておきましょう。

オーガニック化粧水などは、香料として天然由来のオイルを使用している化粧水も多いですが、複数の天然オイルが配合されていると肌の刺激となる場合があるので注意しましょう。

防腐剤については、入っていなければ化粧水が腐ってしまうため必要な成分であり、むしろ防腐剤不使用の化粧水のほうが危険性が高いです。

防腐剤として良く使用されるパラベンという成分がアレルギーを引き起こす可能性があると嫌われていますが、パラベンは古くから使用されている安全性の高い成分で、現在では使用する濃度を下げ、より安全性が高くなっています。

天然由来の防腐剤だからと言って刺激が無いわけではなく、中には刺激の強い成分もありますし、肌に合わない成分も人によって違います。

また、天然由来の防腐剤は、パラベンよりも多く使用しなければ防腐効果がないものもあり、逆に刺激が強くなってしまうこともあるので注意しましょう。

心配であれば一度パッチテストを行い、痒みなどの異常が出ないか確認することをおすすめします。

敏感肌の改善にはセラミド配合化粧水

敏感肌の方は、肌のバリア機能が低下している状態であり、その大きな原因として乾燥が挙げられます。

そのため、化粧水の選び方としては、保湿力の高い化粧水を選ぶことが敏感肌を改善するためには重要です。

化粧水に配合される保湿成分には様々なものがありますが、中でもおすすめなのはセラミドです。

セラミドの中でも、セラミド1やセラミド3のように、後ろに数字が付いたヒト型セラミドが最も人間の肌にあるセラミドに近く、保湿力も高いですが、高価な成分のため化粧水の価格も高くなりがちです。

プチプラの化粧水であれば、ヒアルロン酸などの保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶようにしましょう。

内容成分表示は含有量の多い順に記載されているので、ある程度の判断は見ればできると思います。

なるべくシンプルな化粧水を選ぶ

敏感肌の原因は、日頃の間違ったスキンケアによる乾燥だけでなく、アレルギーなどの体質によるものがあります。

体質によるものだった場合、原因である成分を特定することが重要であり、色々な成分が配合されている化粧水だと原因が特定しづらくなってしまうため、できるだけシンプルな作りの化粧水を選ぶことが重要になってきます。

自分で特定する方法としては、今までに肌荒れを起こした化粧水の内容成分を比較し、共通する成分が入っていないものを選んでみると良いかもしれません。

少しヒリヒリする程度はなく、赤く腫れてしまうといったように、明らかなアレルギー反応が疑われる場合には、皮膚科などの専門家に相談しましょう。

一方で、日頃のスキンケアが原因で後天的に敏感肌になってしまった場合、一番の原因は洗顔方法にあると考えられます。

間違った洗顔方法は肌の乾燥の原因となるので、今一度洗顔方法を見直してみる必要があります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

敏感肌を改善するための正しい洗顔方法

敏感肌におすすめのプチプラ化粧水

敏感肌にぴったりの低刺激な化粧水を御紹介します。

高くて良いのは当たり前ですが、プチプラで人気のある化粧水を集めてみましたので参考にして下さい。

無印良品 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

出典:無印良品

内容量:200ml、400ml 価格:700円、1200円

無印良品から販売されている敏感肌シリーズの化粧水で、@コスメでも化粧水第1位に選ばれるほど、口コミで大人気のプチプラ化粧水です。

香料、着色料、パラベン、鉱物油、アルコールフリーで、使用感がさっぱり、しっとり、高保湿から選べますが、敏感肌の方におすすめなのは高保湿タイプです。

また、容量も200ml、400mlの他に携帯用もあり、常に持ち運んでいるという方も多いです。

無印良品の化粧水は「水」にこだわって作られており、配合されている成分もシンプルという点や、コスパの良さが人気の理由でしょう。

プチプラだからと言っても使用している方の口コミ評価は高く、

このように敏感肌の方だけでなく、他の肌質の方も自分に合ったタイプの化粧水を使用しているようです。

どのタイプもパッケージは同じなので、買おうと思ってたものと間違えることもあるようなので、確認して購入しましょう。

ちふれ とてもしっとりタイプ

出典:楽天

容量:180ml 価格:560円

ちふれ化粧品から販売されている保湿化粧水で、さっぱり、しっとり、とてもしっとり、ノンアルコールタイプがありますが、敏感肌の方に特に人気なのがとてもしっとりタイプです。

ノンアルコールタイプが別にありますが、こちらもアルコール、香料、着色料フリーなので、しっかり保湿できるタイプの方がおすすめです。

価格も560円と非常にプチプラで、使い終わったら補充できる詰め替え用(150ml/460円)も販売されているのも嬉しいポイントですね。

ドロッとしたテクスチャーなのかと思いきやそうでもなく、意外とサラッとしています。

使用している方の口コミは、

などのように、敏感肌の方や乾燥肌の方でも満足できる人気の化粧水です。

夏場などは化粧がよれてしまうと言った口コミもあり、乾燥する季節だけこの化粧水を使用しているという方もいましたので、肌質によっては季節に合わせたタイプに変更すると良いかもしれません。

キュレル 化粧水 III とてもしっとり

出典:amazon

内容量:150ml 価格:1800円

キュレルの化粧水は、香料、アルコールフリーで、敏感肌の方にパッチテストも行っているからこそ安心して使用できます。

しっとり、ややしっとり、とてもしっとりの3種類が販売されていて、中でも保湿力の高いこのタイプがおすすめです。

有効成分であるアラントインは、ベビーパウダーにも使用されるほど低刺激で抗炎症作用があり、肌あれを防ぐ効果が期待できます。

また、セラミドがつくられるのを促すユーカリエキスも配合されているので、敏感肌の低下したバリア機能を改善する効果も期待できます。

敏感肌の方が実際に使用した口コミを見てみると、

などのように、敏感肌にはキュレルといった意見もあるほど信頼されているようです。

しかし、中には保湿が物足りないといった口コミもあったので、乾燥する冬などは乳液やクリームでしっかり保湿する必要があるかもしれません。

まとめ

敏感肌の方は、肌の乾燥が原因となっていることが多く、保湿力の高いセラミドが配合された化粧水や、肌に刺激となる成分がなるべく入っていない化粧水がおすすめです。

セラミドは高価な成分なので、化粧水の価格も比例して上がってしまいますが、価格を安く抑えたい方には、今回御紹介した化粧水の中から試しに選んでみてください。

特に問題なければそれで十分なので、その他のケアにお金を回してあげましょう。

また、敏感肌になる一番の原因として考えられるのが洗顔方法や洗顔料の選び方です。

特に洗顔料は洗浄成分が強すぎるので、肌に必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥の原因となります。

敏感肌の方には、洗顔料よりも洗浄力がマイルドで、余計な成分が入っていない洗顔石鹸のほうが刺激が少なくおすすめです。

洗顔石鹼の選び方や正しい洗顔方法、おすすめの石鹸などについて知りたい方は、是非こちらの記事も併せてチェックしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!