1. TOP
  2. 引っ越しまでにやることリスト!損をしない賢い引っ越し準備とは?
Sponsored Link

引っ越しまでにやることリスト!損をしない賢い引っ越し準備とは?

引っ越しを経験したことがある方は分かると思いますが、引っ越しまでにやるべきことってかなり多いですよね?

引っ越しまでにやることをうっかり忘れてしまっても何とかなる場合もありますが、場合によっては損をしてしまうことや、予定していた日に引っ越しができないなんてことにもなりかねないので注意が必要です。

そこで今回は、引っ越しまでにやることをリストにしてまとめてみました。

余計な出費をして損をしないように、これから引っ越しを考えている方は是非参考にして下さい。

Sponsored Link

引っ越しをする1ヶ月前までにやることリスト

引っ越しが決まってからすぐにでもやらなければいけないことは以下の通りです。

  • 引っ越し業者選びや引っ越し日の決定
  • 住居や駐車場の退去申告
  • 子供の転校手続き

この3つは遅れると予定通りに引っ越しができなくなってしまうこともあるので、忘れずに行いましょう。

引っ越し業者選びや引っ越し日の決定

引っ越しが決まってから最初にやらなければいけないのが引っ越し業者を選び、引っ越し日を決定することです。

引っ越し日が決まらなくては他の手続きを進めることもできませんし、一人暮らしで荷物が少ない場合などでない限り、大抵の場合は業者を利用することになるはずです。

引っ越し業者は大手企業から中小企業まで様々な業者があり、一人暮らしの引っ越しが得意な業者や遠距離への引っ越しが得意な業者、逆に近距離の引っ越しが得意な業者など、それぞれ得意分野が違います。

自分に合った業者を選ぶことが出来れば、なんとなく選ぶより数万円安く済むこともあるため、必ず複数の業者から見積りをとっておくことが、損をしないためには必要です。

また、希望通りに引っ越し日を決めるためにも早めに予約をとる必要があります。

特に3月や4月は引っ越しをする人が多いため、早めに予約を取らなければ、最悪の場合引っ越しが遅れることもあるかもしれません。

日程に余裕がある方は良いかもしれませんが、どうしてもこの日までに引っ越しをしなければいけないという人も多いはずです。

これらの理由から、引っ越しが決まったらできるだけ早く業者選びを始めることをおすすめします。

住居や駐車場の退去申告

引っ越し日が決まったら、住居や駐車場の退去申告をしましょう。

更新月などでない限りは、基本的には1ヶ月前までに大家さんや管理会社に連絡を入れるのが一般的ですが、契約時のルールなどを見直し、いつまでに退去申告をしなければいけないのか確認しておきましょう。

これを忘れると相手側に迷惑がかかるだけでなく、引っ越し日が遅れることになってしまったり、退去後の家賃や駐車場代を支払う必要が出てくる場合もあるので注意しましょう。

子供の転校手続き

子供がいる場合には学校へ転校することを伝えなければなりません。

必要な書類を準備していただくことになるため、遅くとも1ヶ月前には連絡を入れましょう。

自治体によっては転校届に記入して提出する場合もありますので、連絡を入れた際に手続きの流れを確認しておけば良いと思います。

発行された書類は市役所や転校先の学校に提出することになるので、引っ越しの荷物に紛れて無くしてしまわないようしっかり保管しておきましょう。

引っ越しをする2週間前までにやることリスト

引っ越しをする2週間前までにやることは以下の通りです。

  • インターネット等の解約又は変更手続き
  • 荷物の整理や処分
  • 郵便物の転居届

引っ越しの2週間前からしかできない手続きもあるため、これらは後回しにせず早めにやっておくほうが良いでしょう。

インターネット等の解約又は変更手続き

2週間前までにやることの中でも一番重要なのはインターネットや固定電話の解約、又は新住所への移行手続きです。

インターネットは仕事で使う方もいるでしょうし、今では無いと不便なものでもあります。

まずは引っ越しのインターネット環境を確認し、すぐに使える状況なのか、開通工事が必要なのかを把握しておく必要があります。

開通工事が必要な場合はインターネット開通までに時間がかかるため、早めに連絡をしなければ引っ越し先でしばらくネットが使えないということになるので注意しましょう。

また、住所変更をして契約を継続する場合でも、工事が必要であれば工事費用がかかります。

場合によっては一度解約して新規契約をした方が、違約金を払うことになってもキャッシュバック等でお得になる場合も多いので、現在の契約内容を確認し、引っ越し先で継続するかどうかは一度検討した方が良いと思います。

固定電話の手続きも同様に、引っ越し先で工事が必要な場合は工事日を決めなくてはいけないので、できるだけ早めに手続きしておきましょう。

荷物の整理や処分

引っ越し業者にお願いするからといっても荷物を整理し、不要なものは事前に処分しておかなければなりません。

特に家電やソファーなどの大きな荷物は処分するのに費用と時間がかかるので、なるべく早く判断して処分しましょう。

また、粗大ゴミとして出すと費用がかかりますが、比較的新しいものでしたらリサイクルショップなどで買い取ってもらうこともできます。

最近ではネットオークションなどでも販売できるので、それらを活用して無駄な費用がかからないようにすると損をしない引っ越しができるはずです。

郵便物の転居届

引っ越し先が決まった時点で郵便物の転居届は提出できます。

いつでもできるからといって後回しにしていると、引っ越し日が近づくにつれてバタバタしてしまうので、余裕のある2週間前までには手続きしておきましょう。

郵便局に直接行けばすぐにできますし、インターネットでもできるようなので、忙しくていけないのであればそちらを利用しましょう。

引っ越し3日前までにやることリスト

引っ越しから2週間を切ったら役所での手続きが出来るようになります。

2週間前から3日前までにやることは以下の通りです。

  • 役所での転出、転入届
  • 電気、ガス、水道の解約と契約
  • 個人的に契約しているものの住所変更
  • 掃除と荷物の梱包

役所での転出、転入届

引っ越しをするにあたって現在住んでいる地域の役所で転出届を提出し、引っ越し先の役所で転入届を出さなければなりません。

この手続きは2週間前からでないと出来ない上に、受付時間が限られているので、そのために時間をつくる必要がある方もいるかもしれません。

国民年金や国民健康保険に加入して自分で収めている方、印鑑登録をしている方、児童手当などを受け取っている方は、その変更手続きも必要なので、何度も行くことがないよう一度に全て終わらせるようにしましょう。

また、引っ越し先が同じ市区町村内の場合、転出届ではなく「転居届」を提出することになり、当然ながら転入届は必要ありません。

電気、ガス、水道の解約と契約

電気やガス、水道も現在住んでいる地域の各管理会社に連絡し、引っ越しする旨を伝えなくてはいけません。

また、引っ越し先のほうにも同様に、事前にいつから使用するかの連絡を入れます。

特にガスは引っ越し先で元栓を開ける際に立ち合いが必要になるため、引っ越し日に使用できるよう早めに連絡を入れておきましょう。

個人的に契約しているものの住所変更

クレジットカードや携帯電話、銀行口座や各種保険など、個人的に契約しているものは忘れずに住所変更をしておきましょう。

忘れてしまった場合、郵便局に転居届を出していれば1年間は引っ越し先の住所に届きますが、それ以降は届かなくなってしまいます。

明細書や更新の案内など、大切な書類が届かなくなってしまっては困るので、引っ越し前に済ませておきましょう。

殆どが電話やインターネットで変更の手続きができるはずです。

掃除と荷物の梱包

引っ越し業者に依頼した場合、無料でダンボールを貰える場合がほとんどなので、直近で必要にならないものからどんどん梱包していきましょう。

引っ越しが完了した後のことも考えて、すぐに使いそうなものとそうでないものを分けて梱包すると良いと思います。

ある程度荷物がスッキリしたら、今まで住んでいた部屋や家の大掃除をすることも忘れてはいけません。

今までの感謝を込めて掃除し、できるだけ綺麗な状態で出られるようにしましょう。

引っ越し前日、又は当日にやることリスト

事前にしっかり準備を行っておけば、前日や当日にやることは殆どありませんが、忘れないように以下のことをチェックしましょう。

  • 御近所へのあいさつ
  • 電気のブレーカーを落とす
  • 鍵の返却、又は受取
  • 荷物の確認

御近所へのあいさつ

引っ越しをする前日、もしくは当日にお世話になったご近所への挨拶を忘れずにしましょう。

それほど交流がなかったとしても、一言挨拶に行くのが礼儀なので、菓子折りを持参して必ず行くようにして下さい。

当日では留守の可能性もあるので、前日に行くほうが良いと思います。

また、引っ越し後の挨拶も同様に、これからお世話になるご近所の方々へ挨拶をしに行きましょう。

できれば当日、遅くとも翌日に伺うのが良いと思います。

電気のブレーカーを下ろす

電気の解約の際にも言われるかもしれませんが、引っ越し当日の家を出る前に電気のブレーカーを下ろしてからでるようにしましょう。

下ろすのを忘れると、僅かではありますが料金を取られてしまいます。

電気だけでなく、ガスの元栓や水道も閉まっているか念のため確認をするようにして下さい。

鍵の返却、又は受取

鍵の返却方法は、管理会社や不動産屋によっても多少違います。

当日返却するところもあれば、後日返却するところもあるので、事前にしっかり確認して忘れないようにしましょう。

鍵の受取方法も同様に、数日前から受け取れる場合もあれば、当日受け取る場合もあります。

家に入れなければ自分だけでなく引っ越し業者も困ってしまうので、事前に確認しておきましょう。

荷物の確認

引っ越し業者に依頼した場合は、鍵を開けたら続々と荷物が運ばれてきます。

荷物の置き場所を指示したりと慌ただしいですが、業者がいる時に荷物が壊れていないか、運び忘れが無いかをしっかり確認しておきましょう。

後で気付いても保証されない場合があるので、もし何かあればその場で業者の方へ伝えましょう。

まとめ

引っ越しは期待に胸を膨らませる方が多いですが、色々とやることも多いため、しっかりと準備をしておく必要があります。

大切な手続きを忘れてしまうと困ってしまいますし、余計な手間が増えることもあるため、漏れが無いようチェックリストを作成し、再度確認しておきましょう。

また、この記事を読んでいる方は既に引っ越し先が決まっている方も多いと思いますが、まだ決まっていないという方は、物件を決める際に自分の給料と家賃のバランスを考えることが大切で、無理をするとその後の生活が厳しくなってしまいます。

給料と家賃の理想的な割合についてまとめた記事がありますので、こちらも併せて参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!