1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 髪の毛のトラブルは栄養不足が原因?美しい髪を保つ3つの秘訣!
Sponsored Link

髪の毛のトラブルは栄養不足が原因?美しい髪を保つ3つの秘訣!

抜け毛が多くなったり、白髪が増えたりなど、髪の毛に何らかのトラブルを抱えている人も多いと思います。

髪の毛にこうしたトラブルが生じるのは、「栄養が足りていない」からかもしれません。

私たち人間の体と同じように、髪の毛にも栄養を与えてあげることが大切です。

どのようにすれば、髪の毛に栄養が行き渡り、いつまでも健康的で綺麗な髪の毛を保てるのでしょうか?

今回は、そんな美しい髪の毛を保つ秘訣を御紹介したいと思います。

Sponsored Link

髪の毛に栄養が足りていないとどうなる?

髪の毛に栄養が足りていないと、色々な問題が生じてしまいます。

たとえば、次のような症状を引き起こすといわれています。

 

抜け毛や細毛

抜け毛や細毛はストレスなどが原因といわれることが多いです。

しかし、栄養不足も抜け毛や細毛の一要因とされるようです。

栄養不足の状態でも、体にある程度は栄養素が取り入れられています。

しかし、その栄養素は限られた量しかありません。

 

その限られた栄養素は、まず体全体へ優先的に行き渡ります。

つまり、栄養が髪の毛に行き渡るのは、優先順位としては後の方なのですね。

このため、髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、抜け毛や細毛が起きてしまうのです。

 

白髪

白髪は、年を取ると生えてくるものと思いますよね。

しかし最近は、若い年代の人でも白髪が生えてくるといわれています。

原因としては、抜け毛や細毛のようにストレスなどもありますが、栄養不足も関係してくるそうです。

 

もともと髪の毛は、メラニン色素によって色が決まります。

そのメラニン色素は、色素細胞「メラノサイト」によって作られています。

 

しかし栄養不足になると、このメラノサイトが機能しなくなります。

つまり、メラノサイトが機能しなくなると髪に色がつかなくなり、結果白髪になるのです。

 

薄毛

髪の毛に栄養素が行き渡らなくなるということは、自身で髪の毛を発毛する力もなくなることも意味します。

つまり、髪の毛が生えてこなくなり、薄毛を引き起こしてしまうのですね。

既に生えていた髪の毛が抜け、さらに新しく髪の毛が生えてこなくなると、悲惨な結果となってしまいます。

 

これら3つの症状は、髪は命と言われる女性にとってはショッキングなことですよね。

このようなことにならないためにも、髪の毛に十分な栄養素を与えることが非常に大切なのです。

 

髪の毛が栄養不足になるNG習慣って?

普段、いつも通り1日3食ご飯を食べていれば、栄養不足になることなんてなさそうですよね。

しかし、その他の生活習慣や何気ない行動が、栄養不足を招いていることがあるのです。

では、どのような行動が、私たちの髪の毛を栄養不足にさせるのでしょうか?

 

過剰なダイエットをする

特に女性は、美しい体型を維持するためにダイエットをする人が多いですよね。

1日3食、栄養バランスの良い食事を摂りながらダイエットをしていれば問題ないのですが、食事を徹底的に制限するなど極端なダイエットを実践している場合は、栄養不足に陥ることがあります。

体も髪の毛も健康的になるには、過剰なダイエットはNGなのです。

 

おやつにジャンクフードを食べる

ジャンクフードというのは、ポテトチップスやカップ麺などの食べ物のこと。

これらの食べ物に共通するのは、脂質や塩分が多く、栄養が偏っていることです。

 

おやつにジャンクフードばかり食べていると、太るのは当然のこと、髪の毛にも栄養が行き渡らなくなります。

たまに食べる分にはいいかもしれませんが、頻繁に食べることは避けた方が良いでしょう。

 

たばこを吸う

喫煙は体だけでなく髪の毛にも悪影響を与えます。

なぜなら、たばこを吸うと血管が細くなり、血行が促進されなくなるからです。

 

血行が促進されなければ、栄養素も髪の毛に行き渡りにくくなります。

たばこは周りの人にも不快感や体に悪影響を与える場合もありますから、できれば止めたい習慣です。

 

睡眠時間が短い

夜遅くまでスマホをいじっていたり、テレビを観ていたりして、寝不足になっていませんか?

実は睡眠時間が短いことも、髪の毛の栄養不足を生じさせる原因となります。

 

睡眠不足になるとストレスが溜まりやすくなるといわれています。

ストレスが溜まると血行不良になり、栄養が髪の毛に行き渡りにくくなるのですね。

 

また、睡眠中に最も多く分泌される成長ホルモンは、髪の毛に栄養を与えるサポートもしてくれます。

睡眠不足になるということは、成長ホルモンの分泌を妨げることになるので、髪の毛にも栄養が行き渡りません。

一日を気持ち良く過ごすためにも、睡眠時間は十分に確保したいものです。

 

ここまで取り上げた行動を1つでもしていたら、髪の毛に十分な栄養が与えられていないかもしれません。

ぜひ、ご自分の生活習慣を振り返ってみてくださいね。

 

美しい髪の毛を保つ秘訣とは?

では、いつまでも健康的で美しい髪の毛を保つにはどうしたら良いのでしょうか?

先程取り上げたNG習慣を見直すだけでも髪の毛に栄養が行き渡るようになりますが、効果的に美しい髪の毛を維持するためには、次の3つのことを実践することをおすすめします。

 

①髪の毛に良い栄養素と食べ物を摂る

普段の生活でできることとしておすすめしたいのが、髪の毛に良い栄養素を摂取することです。

このような栄養素を摂取するには、その栄養を含む食材を食べると良いです。

具体的には、次のような栄養素が髪の毛に良いといわれています。

栄養素名 効果 含まれる食材
たんぱく質 髪の毛そのものを作る 鶏肉、白身魚、卵、大豆製品、乳製品など
チロシン メラニン色素の生成を促進させる バナナ、りんご、カツオ、マグロなど
ビタミンB群 たんぱく質の代謝を助ける カツオ、マグロ、レバー、卵など
ビタミンC 髪にハリとツヤを与える じゃがいも、ほうれん草、レモン、キウイなど
ビタミンE 頭皮の血行を促進し、髪の毛に栄養を行き渡らせる アーモンド、うなぎ、かぼちゃなど
鉄分 髪の毛の潤いを与える ひじき、牛肉、マグロ、レバー、ほうれん草など
亜鉛 新陳代謝を促進し、発毛の力を養う いわし、海苔、納豆、アーモンドなど
カルシウム メラノサイトを活発にする 乳製品、ひじき、小松菜、切干大根など

普段の食事には、これらの栄養素や食材を豊富に含んだおかずなどを作るようにし、意識的に食べるようにしてみましょう。

 

②髪の毛に栄養を与えるサプリを摂る

上で御紹介したような栄養素を続けて食べるのは、ちょっと大変なことかもしれません。

特に仕事などで忙しい毎日を送っている人の場合はなおさらです。

そんなときは、サプリメントを取り入れると良いでしょう。

 

髪の毛に良い栄養素のサプリメントを摂るのもいいですし、髪の毛に良い効果を与えることに特化したサプリメントを活用するのもおすすめです。

たとえば、次のようなサプリメントがあります。

 

ECホールディングス「ブラックサプリEX」

ブラックサプリEXは、品質の良い優秀な健康食品などを審査する「モンドセレクション」の金賞を受賞したサプリメントです。

テレビや雑誌などのメディアでもたびたび特集され、話題を呼んでいます。

 

このサプリメントは毛髪を専門とする医師監修のもとに開発されており、亜鉛やビタミンCなど9種類の髪に良い栄養を豊富に含んでいることが特徴です。

口コミでは「白髪が少なくなった」など白髪に対する効果を実感している声が多いようです。

また、価格も比較的安いため、コスパも良い人気のサプリメントです。

 

<価格>

1ヶ月(90粒)3,980円(税抜) ※定期コースで購入した場合

 

DHC「ボリュームトップ」

ボリュームトップは、DHCから販売されているサプリメントです。

亜鉛などのミネラルや高麗人参など14種類もの栄養素を含み、髪の健康をサポートします。

 

口コミでは「抜け毛が気にならなくなった」や「細毛が改善された」などの声が挙がっています。

DHCは様々なところで気軽に購入できるという点もおすすめです。

 

<価格>

1ヶ月(180粒) 3,291円(税込)

 

レッドビジョン「マイナチュレサプリ」

女性のために開発された育毛ケアシリーズの『マイナチュレ』は、無添加にこだわって作られていて、その安全性の高さからとても人気があります。

サプリメント以外にも育毛剤やシャンプーも人気があり、御存知の方もいるかもしれませんね。

 

このサプリメントの特徴は、髪に良い育毛成分だけでなく、美容や健康もサポートしてくれるオールインワンサプリであること。

また、自信があるからこそ初回購入時には90日間の返金保証が付いていて、安心してお試しできる点も人気の理由です。

 

<価格>

1ヶ月(90粒)5,695円(税抜) ※定期コースで購入した場合

 

③健康的な髪の毛を保つ習慣を心がける

髪の毛に栄養を与えて健康的になるには食事やサプリメントだけでなく、改善しなければならない生活習慣もあります。

先程説明したNG習慣は、次のように改善すると良いでしょう。

 

NG習慣 改善策例
断食や食事抜きなどの過剰なダイエット ・1日3食、バランスのとれた食事を摂る

・運動も取り入れてダイエットをする

おやつにジャンクフードを食べる ・ジャンクフードの代わりにナッツやヨーグルトなどの乳製品を摂る(たんぱく質やカルシウムなど栄養価が高いため)
たばこを吸う ・できれば禁煙する
睡眠時間が短い ・22時から2時までの間に寝るようにする

・寝る3時間前に食事を終わらせ、2時間前に入浴を済ませて就寝モードを作る

 

これらのNG習慣を改善させることは、髪の毛だけでなく体にも良い影響を与えます。

まずは自分の習慣を見直して、できることから改善していきましょう。

 

シャンプーやトリートメントでも髪に栄養を与えられる?

ここまで御紹介したのは、体の内側から髪の毛に栄養を与える方法です。

では、毎日の髪の洗浄やケアに使うシャンプーやトリートメントでも髪の毛に栄養を与えることができるのか、気になりますよね。

 

今は、育毛促進用シャンプーなど髪の毛を健康的にするシャンプーが多く販売されています。

このようなシャンプーは、シャンプーの本来の目的「頭皮や髪の毛を洗浄する」こともできますが、同時に頭皮の血行を促進させる効果もあります。

 

ただ、「直接髪の毛に栄養を与えることができるか」といえば、そうではありません。

というのも、シャンプーは髪や頭皮を洗ったら流してしまうものだからです。

シャンプーは、頭皮の血行を促進して「髪に栄養が行きやすいようにサポートする」役割と考えた方が良いでしょう。

 

一方トリートメントは、髪の毛の外側から栄養を与えられるものといえます。

なぜなら、トリートメントは、髪や頭皮に直接パックして馴染ませるものだからです。

髪の毛へ効果的に栄養を与えるためにも、こうしたシャンプーやトリートメントを上手く使って外側からもアプローチすると良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

髪のトラブルは、髪の毛に良い栄養素を摂取したり、生活習慣を見直したりすることで解決できます。

ここで御紹介した内容を取り入れて、いつまでも美しく健康的な髪の毛を手に入れてくださいね。

 

また、先ほどシャンプーは髪に栄養を与えることはできないと言いましたが、シャンプー選びはヘアケアにとても重要です。

なぜなら、市販されているシャンプーは洗浄力が強すぎるものが殆どで、知らないうちに髪にダメージを与えている可能性が高いからです。

せっかく髪に栄養が行き渡っても、ダメージを与え続けていては意味がありません。

 

髪に余計な刺激を与えないためには、髪に優しいシャンプーを選ぶことがポイントとなりますが、おすすめはアミノ酸シャンプーです。

その理由やおすすめのアミノ酸シャンプーについては、こちらの記事にまとめてありますので是非参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 毛穴のブツブツを解消するには?イチゴ鼻の改善方法まとめ!

  • 顔に汗をかかない、止める方法!恥ずかしい顔汗対策まとめ!

  • なかなか治らないフェイスラインにできた大人ニキビの原因と治し方

  • 優秀過ぎるカバー力!口コミで人気のファンデーション15選!

  • 今すぐ骨盤の歪みを簡単チェック!寝ながら出来る骨盤矯正ストレッチ!

  • ヘアケアは基本が大事!正しい方法で美髪を手に入れよう!