1. TOP
  2. ダイエット
  3. 女性は寝る前がおすすめ!ソイプロテインの効果と飲み方まとめ!
Sponsored Link

女性は寝る前がおすすめ!ソイプロテインの効果と飲み方まとめ!

ダイエットをしても髪や肌がボロボロになってしまったら意味がないですよね?

プロテインは男性が飲むものというイメージが強いですが、最近では美しく痩せるために、プロテインを飲みながらダイエットをする女性が増えてきています。

特に女性におすすめなのは大豆を原料としたソイプロテインで、ダイエット中に飲むことで不足しがちなタンパク質の補給や、飲み方によって様々なメリットがあります。

今回は、プロテインを飲んでダイエットをしようと思っている方に向けて、その効果や飲み方、特におすすめのソイプロテインについて御紹介します。

Sponsored Link

プロテインとは?

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_m

プロテインとは、運動をする時やダイエットの時などに飲む飲料や、その元となる粉末の意味で使われていますが、日本語でタンパク質という意味です。

実際にあの粉末や飲料の主成分はタンパク質であり、牛乳や大豆などからできています。

つまりプロテインとは、タンパク質を効率良く補給するための食品(サプリメント)ということです。

プロテインの種類

aa479b093eb73dc678b53be5147f1d7e_m

実際に販売されているものを見てみればわかりますが、プロテインにも原料によって何種類かに分かれており、何を目的に飲むかによって、自分に合ったプロテインを選ぶ必要があります。

選び間違えないように、プロテインの種類と特徴を事前に知っておきましょう。

ホエイプロテイン

ホエイとはチーズを作るときにできる副産物で、そのホエイ(乳清)を原料とする一般的なプロテインです。

原料が牛乳なので、動物性タンパク質が多く含まれています。

消化や吸収が早いという特徴があり、筋トレ後などに飲むことで筋肉の増強や体重を増やしたいときに向いています。

ソイプロテイン

大豆を原料として作られており、植物性タンパク質が多く含まれています。

植物性タンパク質は消化や吸収が遅いため腹持ちも良く、代謝を高める働きがあるので、筋肉増強というよりもダイエットや足りないタンパク質を補うための栄養補給として向いているプロテインです。

また、大豆イソフラボンの抗酸化作用や、大豆にはコレステロールや中性脂肪を下げる働きも期待できるため、健康や美容目的にもおすすめです。

カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同様に牛乳を原料として作られていますが、消化や吸収に時間がかかるという逆の特徴があります。

また、豊富に含むグルタミン酸の働きにより筋肉の分解を防ぐので、ダイエット中にもおすすめです。

カゼインプロテインはホエイプロテインと混ざった状態で販売されているのが一般的で、単体で販売されていることは珍しいです。

エッグプロテイン

卵の卵白を原料としたプロテインで、消化や吸収が早く、筋肉増強に適したプロテインです。

脂肪分やコレステロールを含んでいないという特徴がありますが、ホエイプロテインと比べると高価な上に吸収率も少し劣るので、日本ではほとんど販売されておらず、ホエイプロテインが身体に合わないという方以外はあまり利用しないかもしれません。

効果的な飲み方

fc15e3af14bf32c65c95ff7565b179ee_m

プロテインを効果的に摂取するには、目的に合わせて飲むタイミングを変えると良いです。

運動後30分以内に飲む

筋力アップを目指すのならば運動後(筋トレ後)30分以内が良いです。

この30分間は成長ホルモンが活発に分泌されており、ゴールデンタイムと言われるほど筋肉の修復に最適なタイミングです。

このタイミングで飲むのは、すぐに吸収されるホエイプロテインのような動物性プロテインが適しています。

運動する前に飲む

筋トレや運動をする前に飲むことによって必要なエネルギーを確保し、筋肉の疲労を軽減させることができます。

飲んですぐに吸収されるわけではないので、運動前の1〜2時間前が良いとされています。

朝食前に飲む

睡眠中にタンパク質を消費されており、起床後は新しいタンパク質を身体が求めている時間帯です。

朝食の前に飲むことによって、必要なタンパク質を効率良く摂取することができます。

プロテインにはタンパク質以外にも色々な栄養素が入っているので、栄養補給にはベストなタイミングです。

寝る前に飲む

寝ている間にも成長ホルモンが多く分泌されており、寝る前に飲むことによって筋肉を効果的に修復することができます。

また、肌のターンオーバーにもタンパク質は必要なので、美容のためにも良いタイミングと言えるでしょう。

このタイミングで飲むプロテインは、ソイプロテインなどの植物性タンパク質が適しています。

寝る1〜2時間前に飲むのが理想的です。

ダイエット中にプロテインを飲む理由

adcc847984c678ccf48f55affc7da484_m

プロテインを飲むと筋肉がムキムキになるというイメージを持つ方が多いかもしれませんが、極度に負荷をかけた筋力トレーニングでもしないかぎりそんなことはありません。

ダイエット中の食事制限によってエネルギーが足りなくなってしまうと、筋肉まで燃焼してしまい、筋肉量が減ってしまうこともあります。

筋肉量が減ると基礎代謝も落ちてしまい、体重が減っても太りやすく痩せにくい身体になってしまうので、リバウンドの原因にもなります。

そういったことを防ぐため、プロテインを飲むことがダイエットに効果的だと注目されています。

プロテインを食事の代わりに飲むことによって摂取カロリーを抑えることができ、筋力アップするだけでなく、脂肪の燃焼効率を上げ、効果的にダイエットを進めることができます。

また、健康的な肌を作るためにもタンパク質は必要不可欠な栄養素なので、綺麗に痩せるためにもプロテインを取り入れることは効果的だと言えます。

プロテインダイエットの方法

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_m

まず、ダイエットに最適なプロテインはソイプロテインです。

多少飲みにくいといったデメリットはありますが、腹持ちも良く代謝を上げてくれる効果が期待できます。

多少お金がかかっても摂取カロリーを抑えたいという場合は、ダイエット食品として販売されているプロテインを使ってみるのも良いでしょう。

プロテインを取り入れたダイエット方法には食事の代わりに置き換える方法と、食事の量を減らしてプロテインをプラスする方法があります。

いきなり置き換えると空腹感もかなり感じるため、後者の方がおすすめです。

食事の前にプロテインを飲み、食事量を2/3か1/2に減らすことによって摂取カロリーを抑えることができます。

また、食事の内容も高タンパクな食事になるため脂肪の燃焼効率を上げることができます。

プロテインの飲み方

プロテインは水に溶かして飲む方法と牛乳で溶かして飲む方法があります。

水で飲む場合は、カロリーを抑えられるというメリットはありますが、飲みにくさと腹持ちが悪いといったデメリットもあります。

反対に牛乳で飲む場合は、飲みやすく腹持ちは良くなりますが、牛乳のカロリーがプラスされるため必然的にカロリーが高くなります。

1日の摂取カロリーや食事の量と相談し、摂取カロリーが多めなら水、それほど多くないなら牛乳で飲むようにするのがおすすめです。

運動は必要不可欠

7da50c976aa36fa9848874b92c7322c7_m

プロテインの効果を最大限に生かすのには運動は不可欠です。

置き換えなどによって摂取カロリーを減らすだけでは食事制限と変わらないので、リバウンドする確率も高くなります。

激しい運動やハードな筋トレは必要ないですが、軽いジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れ、適度に身体を動かすことで代謝を落とさず脂肪を燃焼することができます。

筋トレをするなら様々な部分の筋肉を使うスクワットがオススメです。

 まとめ

ダイエットは代謝を落とさずキレイに痩せることが理想です。

そのためには食事制限などによって不足した栄養を補給することが大切です。

もちろん食事からたんぱく質を摂取することも可能ですが、カロリーや脂肪分も多くなってしまいがちです。

プロテインなら低カロリーで効率よくたんぱく質を補給することができるので、ダイエットにもおすすめです。

プロテインを上手に取り入れることによって、理想の身体をつくる味方になってくれることでしょう。

また、代謝を落とさずダイエットする方法として、酵素ドリンクも人気があります。

酵素ドリンクは飲みやすいものが多く、プロテインよりも大幅にカロリーをカットできるので、早く結果を求めたい人にはおすすめです。

酵素ドリンクの効果や飲み方については、こちらの記事に詳しくまとめてありますので、興味のある方は是非参考にしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
注目の関連記事



関連記事

  • 内臓脂肪を減らすには?効果的に脂肪を燃焼させる方法まとめ!

  • 防已黄耆湯が痩せると口コミで話題!漢方薬ダイエットの効果と副作用

  • 驚くべき玄米の栄養と効果!苦手な人でも美味しく食べる方法とは?

  • ホットヨガの効果は痩せるだけじゃない!通う頻度や期間も大事?

  • 毎日の食事から健康に!肝臓に良い食べ物と悪い食べ物まとめ!

  • ストレッチや筋トレも不要!歩くだけで体幹を鍛える方法とは?