1. TOP
  2. ダイエット
  3. 食べなきゃ痩せるは当たり前!今こそやりたい食べて痩せるダイエット!

食べなきゃ痩せるは当たり前!今こそやりたい食べて痩せるダイエット!

 2016/11/22 ダイエット  

ほとんどの方が一度は挑戦しているであろうダイエットですが、今では色々な方法があります。

そのほとんどには食事制限があり、食べなければ痩せるのは当たり前です。

実際に食事制限をすることで痩せたという方も多いと思いますが、

・食事制限をしてもなかなか痩せない
・一時的に痩せるが結局すぐ元に戻る

という方も多いのではないでしょうか?

 

上記のような方は、既に痩せにくく太りやすい体質になっている可能性が高く、
食事制限が必要なダイエットには向いていないのかもしれません。

そこで今回は、上記のような方にぴったりの食べて痩せる方法や、その理由について御紹介します。

本当の意味でダイエットを成功させるために参考にしてください。

 

また、運動を取り入れることは痩せるためには効果的ですが、
今回は運動を取り入れることを前提として考えていません。

身体を動かすことが好きで、
運動をして痩せたいという方は、こちらの記事を参考にしてください。

⇒ダイエットを始める前に知りたい!運動するなら何が一番痩せる?

Sponsored Link

痩せてもリバウンドを繰り返す理由

b2f369d5f1bf4efda57e7833d683083c_m

ダイエットの基本は摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やすことです。

しかし、最近のダイエットには食事制限だけで痩せるというものが多く、
どうしても過度な食事制限になりがちです。

確かにこれでも痩せるのですが、人によってはなかなか思うように痩せなかったり、
元の食事量に戻した途端にリバウンドしてしまったりしてしまいます。

こうなってしまうのには理由があり、それが食事制限だけで痩せようとした時の落とし穴です。

ではなぜそうなってしまうのかという理由について御説明します。

 

リバウンドする理由

30e88b0a954d619f4cd935851a562c3d_m

リバウンドしてしまう原因の1つが、脳の働きにあります。

過度な食事制限によって栄養が偏ったり、
身体に必要な栄養素が足りなくなってしまうと、
脳はできるだけエネルギーを節約しようとするため、代謝が落ちてしまいます。

それだけならまだ良いのですが、
限られた食事量からできるだけ栄養素を吸収しようとするため、吸収率も高くなります。

 

この状態はダイエット終了後もしばらく続くため、
元の食事量に戻した途端に体重が戻ってしまったり、
それほど食べていないのに太ってしまったりと、リバウンドの原因になります。

このような過度な食事制限によるダイエットを繰り返していると、
益々痩せにくく太りやすい体質になってしまうため、しっかり食べて痩せることが大切です。

芸能人やモデルの中にも大きく痩せてスタイルを維持している人がいますが、
しっかり食べて痩せることはその人達にも共通しています。

激痩せした人の共通点についてはこちらの記事にまとめてありますので、
興味がある方は覗いてみてください。

激痩せしたい人必見!!短期間でダイエットを成功させた人の共通点とは?

 

肌や髪もボロボロになってしまう

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_m

過度な食事制限によるダイエットの落とし穴はそれだけではありません。

健康な肌や髪をつくるためには、十分な栄養が必要です。

食事制限によって肌や髪にも栄養が届かなくなると、
肌荒れの原因や、髪が細くなったりツヤやハリがなくなることにも繋がります。

ダイエットを始める方の多くは、
『今よりもキレイになりたい!』と思って始める方がほとんどだと思います。

しかし、間違ったダイエットをしてしまうと、始める前よりも髪や肌がボロボロになってしまいます。

こうなってしまっては例え体重が減ったとしても成功とは言えないでしょう。

 

食べなきゃ痩せるは当たり前!食べて痩せる方法とは?

af75f0ab30f1f572124f56350f61c3ff_m

食べるとすぐ太ってしまうという方がいる反面、
食べているのに痩せしまうという方がいるのも事実です。

どうせなら後者のような体質になれたら良いと思いませんか?

ここからは極端な食事制限をするのではなく、
食べて痩せる体質に変わるための方法を御紹介します。

 

朝食

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_m

朝食は食事と食事の間が最も長く空いてしまうため、
食事の内容にも気をつけたいところです。

おすすめは酵素たっぷりのフルーツと水を飲むことです。

朝は起きたばかりで食欲がないという方でも、これぐらいでしたら食べられると思います。

 

朝食を抜いてしまうと空腹の時間が更に長くなってしまうので、
身体はエネルギーを節約しようとしてしまいます。

また、昼食の吸収率も上げてしまうので、ダイエットにはあまり良くありません。

とは言え、逆に食べ過ぎも食欲を刺激してしまうので、
食事量を控えめにするのも大事なポイントです。

朝食の重要性や、朝食におすすめのメニューについては、
こちらの記事にまとめてありますので参考にしてください。

痩せるのにオススメの朝食♪ダイエット中に最適な朝ごはんメニュー!

 

昼食

0133a8b93bf19af08f1732e4596a45b7_m

昼食後は最も食べたものを燃やす時間帯なので、
それほどメニューを気にする必要はありませんが、
あまりにも高カロリーの食事はできるだけ避けましょう。

おすすめは脂肪の少ない赤みの牛肉です。

赤みの牛肉には、筋肉をつくるたんぱく質も多く、
脂肪を燃焼するLカルニチンも豊富です。

 

また、食べたという満足感と腹持ちも良く、
甘いものを食べたくなる欲求を抑える働きもあります。

これから身体の脂肪を燃やす時間の前に食べるものとしては、ぴったりの食品と言えるでしょう。

ランチタイムにはサッと食べられるような1品メニューも多いですが、
そういったメニューはつい食べ過ぎてしまいがちです。

食べ過ぎを防ぐためにも、野菜などで品数を増やし、
バランス良く少量ずつ食べることがポイントです。

 

おやつ

a1180_002416_m

食事と食事の間にお腹が空いてしまうこともあると思います。

おやつはダイエットの敵と思われがちですが、食べるものを選べばそんなことはありません。

むしろ少量であれば、空腹の時間を作らないという点では良いかもしれません。

実際、スリムな体型を維持しているモデルにも、おやつを食べている方は意外と多いです。

 

おすすめのおやつは、ナッツやドライフルーツなどです。

ドライフルーツは砂糖が多く使われているものもありますが、
できるだけ砂糖を使用していないものがおすすめです。

朝食を控えめにしているので、昼食前の10時頃や、
昼食と夕食の間である15時頃がタイミング的には最適です。

食べても太らないと言われるおやつについてはこちらの記事を参考にしてください。

コンビニでも買える!ダイエット中に食べても太らないおやつ12選!

 

夕食

fc3f3206466ed69d854df06f94d3c765_m

夕食は代謝が落ちてくる時間帯なので、食べ過ぎには注意しましょう。

寝る前までに消化されずに食べたものが残っていると、
余ったエネルギーを脂肪として身体に蓄えてしまいます。

そのため、野菜や魚を中心としたヘルシーなメニューがおすすめです。

 

炭水化物は太るからと抜いたりせず、量を減らしたり、
ビタミンやミネラルが豊富で栄養価も高い玄米にすると良いでしょう。

玄米が苦手だという方は、消化も早く太りにくいと言われるお粥もおすすめです。

毎日同じようなメニューだと飽きると思いますので、夕食についてはこちらの記事も参考にして下さい。

ダイエット中の夕食メニューに最適なレシピ!ヘルシーな食事で痩せよう!

 

食べて痩せるためのポイント

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m (1)

良質な油を摂る

クレンジングなどにオイルを使うと落ちやすいと思いますが、身体にも同じことが言えます。

肉や揚げ物などの油は脂肪を増やす原因になりますが、
良質な油を取り入れることは逆に体脂肪を減らすことに繋がります。

おすすめの油はオメガ3を豊富に含むエゴマ油です。

 

エゴマ油を1日大さじ1杯程度飲むことで、
ダイエットだけでなく美容や健康にも良いとされています。

エゴマ油については別記事にまとめてありますので、
詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックして下さい。

摂取方法と摂取量が鍵!ダイエットに良いえごま油の効果、効能!

 

食べ過ぎてしまった時はリセット!

3d4d81e253218299ebe9a47562fc9d39_m

友人や職場の付き合いで外食したりすることもあると思います。

そういった場では自分の思い通りの食事にならないことや、
楽しくてつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

私達の身体は食べたものがすぐに脂肪になるというわけではなく、
食べ過ぎてしまった糖は肝臓に溜まっていくそうです。

 

太らないためには溜まった糖が脂肪として蓄えられる前に使い切ることが大切で、
食べ過ぎてしまったときには、目安として18時間何も食べないようにします。

また、血液中の糖を消費する筋トレなどの無酸素運動も効果的です。

このような対策をすることで、
食べ過ぎても脂肪として蓄えることを防ぐことができると言われています。

 

通常であれば食事を抜くことは良くないですが、
食べ過ぎてしまった時はこの方法を使って一度リセットしましょう。

もちろん食べ過ぎないことが一番良いので、日頃から気を付けて生活することが大切です。

 

食べる順番に気を付ける

c48549e5450e30d62215e30331440f8e_m

食事の際に何から食べるかによって血糖値の上がり方が違います。

炭水化物などの食品は血糖値が急激に上がりやすく、
血糖値が急激に上がってしまうと、その分インスリンが多く分泌されて太りやすくなります。

できるだけ血糖値を緩やかに上昇させるためには、
食物繊維、たんぱく質、炭水化物の順番で食べることが理想的です。

 

また、食品にも血糖値が上がりやすい食品と、上がりにくい食品があります。

血糖値の上がりやすさを示した数値をGI値と呼びますが、
より食べて痩せるダイエットを加速させるためには、GI値の低い食品を選んで食べると良いでしょう。

GI値の低い食品について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして下さい。

低インシュリンダイエットの危険性と避けるべき高GI値の食品とは?

 

まとめ

最近のダイエットは食事の量を制限したり、
〇〇抜きダイエットといったものが流行っています。

しかし、このようなダイエットは栄養のバランスが偏ったり、
必要な栄養素が足りていなかったりする場合が多いです。

そんなダイエットは一時的に痩せてもすぐにリバウンドしてしまい、
更に過酷なダイエットに挑戦するといった負の連鎖をつくることになってしまいます。

 

そうならないためにも、バランスの良い食事をとることによって、
少しずつ体質を改善し、食べても痩せる身体を作ることが大切になってきます。

食べて痩せるダイエットは、短期間で目に見えて体重が減るということは少ないので、
一見遠回りに見えるかもしれませんが、本当の意味でダイエットを成功させる数少ない方法と言えるでしょう。

 

また、最近では腸内環境が太りやすさにも大きく関係していると注目されています。

食べて痩せるためには、腸内環境の改善に効果のある食品を積極的に食べるのもおすすめです。

腸内環境を改善する方法について興味のある方は、こちらの記事も併せてチェックしてみてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!