1. TOP
  2. ダイエット
  3. 飲むだけで痩せるって本当?コーヒーダイエットの効果とやり方!

飲むだけで痩せるって本当?コーヒーダイエットの効果とやり方!

ちょっと一息入れたいときに飲むコーヒーですが、実はダイエットに効果的な成分が入っている飲み物だという話を聞いたことがある人もいると思います。

これが本当ならコーヒー好きな人には嬉しい話ですが、ただ飲めば良いというわけではなく、タイミングや量などがポイントのようです。

飲み過ぎると逆に身体に悪い影響を与えることにもなるので注意が必要です。

そこで今回は、コーヒーのダイエット効果ややり方、注意点や口コミなどをまとめてみました。

コーヒーを生活に上手に取り入れてダイエットを成功させましょう。

Sponsored Link

コーヒーのダイエット効果

288e5735b38ea9f2453963db15e13b06_m

コーヒーに含まれる成分として有名なカフェインには、意外と知られていない効果がたくさんあり、その効果は以下のようなものがあります。

  • 覚醒作用
  • 利尿作用
  • 偏頭痛の緩和
  • 脂肪の分解を促進する
  • 筋肉の収縮作用
  • 脳卒中のリスクが低下
  • 血流を良くする

特にダイエットと大きく関わりがあるのが脂肪の分解を促進する作用ですが、カフェインにはリパーゼという消化酵素を活性化する働きがあります。

リパーゼは膵臓にある消化酵素のひとつで、食べ物に含まれる中性脂肪を分解してくれます。

他にも利尿作用や血流を良くする作用があるので、女性に多いむくみの改善にも効果的です。

また、コーヒーにはクロロゲン酸という成分が含まれており、この成分にも脂肪燃焼効果があります。

クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、実はカフェインよりも多くの量がコーヒーに含まれています。

クロロゲン酸はダイエット成分としても注目されており、海外ではクロロゲン酸のサプリメントが大ヒットしたこともあります。

日本でもクロロゲン酸の量を2倍含むヘルシアコーヒーが発売され話題となりました。

その効果は脂肪の燃焼を促進したり、糖の吸収を抑えたりといったダイエット効果だけでなく、高い抗酸化作用があることから、アンチエイジングにも効果的です。

コーヒーダイエットの効果的なやり方とタイミング

コーヒーにはカフェインやクロロゲン酸の働きでダイエット効果がありますが、ただ飲むだけで痩せるというのは難しいでしょう。

しかし、コーヒーの飲み方や飲むタイミングなどを工夫することによってダイエット効果を最大限発揮することができます。

おすすめはドリップコーヒー

db335fe4d11769cf8c207a1b6656c7ee_m

普段飲むことが多いコーヒーには、インスタントコーヒーや缶コーヒー、ドリップコーヒーなどがありますが、どれを飲んでもカフェインやクロロゲン酸は入っています。

中でもドリップコーヒーには多く含まれるので、効果的にコーヒーダイエットを行うためにはドリップがおすすめです。

また、クロロゲン酸は熱に弱いので、深入りのものよりも浅煎りのほうが良いと言われています。

同じ理由で沸騰したお湯よりも少し置いてから入れると良いでしょう。

コーヒーを入れる理想的な温度も85度くらいと言われているので、沸騰してから1分ほどおくと適温になります。

暑い時期はアイスコーヒーを飲みたくなると思いますが、身体を冷やすと代謝も落ちるので、できるだけホットで飲むほうがダイエット効果が期待できます。

できるだけブラックで飲む

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_m

甘いコーヒーが好きという方もいるかと思いますが、ダイエット効果を期待するならブラックで飲むことをおすすめします。

砂糖を入れるとカフェインの働きを妨げてしまうだけでなく、カロリーも上がりますし、余計な糖質を摂ることになります。

どうしてもブラックでは飲めないという方は、砂糖の量を最小限にしましょう。

同様にミルクを入れたいという場合には、豆乳にすると低カロリーなのでダイエット中でもおすすめです。

運動前に飲む

IMG_6403 (1)

カフェインの効果は飲んでから30分後が最も高くなると言われています。

運動する30分前に飲むことによって、脂肪を効率良く燃焼させることができます。

運動と言っても激しい運動をする必要はなく、ウォーキングなどの軽い有酸素運動で構いません。

通勤などで歩くといった方は、家を出る30分前にコーヒーを飲むと良いでしょう。

食後に飲む

e7a5d2d82f9eac39326a7c08dc4f43a6_m

食事にコーヒーを飲むことによって満足感を得られる効果があります。

食事が終わっても何か物足りないという方や、甘いものが食べたくなってしまう方におすすめです。

また、胃酸の分泌を促す働きがあるので、食べたものをスムーズに消化し、代謝アップに繋がります。

しかしその反面、食後のコーヒーは鉄分の吸収を阻害するとも言われているので、普段から貧血気味の方は食事を終えてから30分は空けるようにしましょう。

コーヒーの飲み過ぎに注意

a6e7493fed777c2106d178344b1779e1_m (1)

ダイエットだけでなく、健康や美容にも良いコーヒーですが、飲み過ぎによるカフェインの過剰摂取には注意が必要です。

カフェインは適切な量を摂る分には先にも紹介したような良い効果が得られますが、摂りすぎると偏頭痛が起きたり、高い利尿作用によって脱水症状を起こしたりする場合もあります。

また、覚醒作用によって眠れなくなる場合もあるので、特に寝る前には控えた方が良いでしょう。

摂取量の目安

カフェインは1日に多くても250mgまでが良いとされています。

コーヒーに含まれるカフェインの量は100gあたり60mgなので、コーヒカップで飲んだ場合は2~3杯程度までが良いでしょう。

大きめのマグカップで飲むという場合には、2杯程度にしておいた方が良さそうです。

また、カフェインはコーヒーに多く含まれているというだけで、他の飲み物にも含まれています。

100gあたりに含まれるカフェインの量を例に挙げると、緑茶やウーロン茶に20mg、紅茶にも30mg、コーラにも10mg程度含まれています。

コーヒーを普段から飲む方は、他の飲み物からカフェインを摂取することは避け、水を多めに飲むなどして水分をしっかり補給しましょう。

妊娠中もなるべく避ける

妊娠中の方はカフェインを摂りすぎると死産のリスクが高まるとされています。

カフェインが胎児に与える影響はまだはっきりとは分かっていないそうですが、そういわれている以上できるだけ避けたほうが無難です。

コーヒーだけでなく、他の飲み物によるカフェイン摂取量にも注意しましょう。

コーヒーダイエットの口コミ

ed49d99a280e8d1d1f78362438f30af3_m

コーヒーダイエットを実践している人の口コミをSNSなどで見てみましたが、コーヒー単体で痩せたというよりは、他のダイエットと複合して痩せたという方が多いです。

純粋にコーヒーを飲むだけで痩せるというのは難しいのかもしれません。

また、コーヒーにココナッツオイルを入れて飲むとダイエット効果が更にアップするという口コミもありました。

ココナッツオイルには食物繊維なども含まれていますし、味もまろやかになるのでブラックが苦手という方に良いかもしれません。

ココナッツオイルについてはこちらの記事を参考にして下さい。

ダイエットだけじゃない!ココナッツオイルの効果と万能すぎる使い方!

どうしても苦いコーヒーが飲めないという方で、オリゴ糖を入れて飲むという口コミもありました。

オリゴ糖には善玉菌を増やす働きもありますし、砂糖よりはカロリーも抑えられるのでおすすめです。

まとめ

コーヒーには脂肪の燃焼を促進する働きがありますが、コーヒーを飲むだけで劇的に痩せるといったことはかなり無理があると思います。

その効果を最大限に発揮するためにも、運動やダイエット中のサポートとして考える方が良いでしょう。

コーヒーが苦手という方は無理に飲む必要もありませんし、苦いからといって砂糖やミルクををたっぷり入れて飲んでいては逆効果になります。

また、他の飲み物でダイエット効果があるものと言えば、デトックス効果の高いお茶もおすすめです。

最近ではお茶に含まれるカテキンに脂肪の吸収を抑える働きがあることもわかっています。

お茶のダイエット効果について詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!