1. TOP
  2. ダイエット
  3. 毎日の食事から健康に!肝臓に良い食べ物と悪い食べ物まとめ!
Sponsored Link

毎日の食事から健康に!肝臓に良い食べ物と悪い食べ物まとめ!

皆さんは普段から健康な身体を維持するために気をつけていることはありますか?

特に気をつけたいのが普段の食事で、知らない間に肝臓へ負担をかけているかもしれません。

特に油物が好きな方や、食事の時間が不規則な方、極端なダイエットなどによって偏った食生活を送っている方などは注意が必要です。

肝臓は解毒や分解をしている臓器で、悪くなると身体に入った有害な物質を体外へ排出できないだけでなく、ダイエットや美容にも深い関わりがあります。

そこで今回は、肝臓の機能についてまとめるだけでなく、日頃から気をつけたいポイントとして、肝臓に良い食べ物や悪い食べ物などを御紹介します。

健康や美容、ダイエットのためにも食事を見直すきっかけにしてください。

Sponsored Link

肝臓の機能とは?

343236

肝臓といえばアルコールを分解するところとして有名ですが、私達にとって毒性のある物質を無毒化する働きがあります。

また、食べ物からとった栄養素を身体の中で使える状態に変換したり、消化を助ける胆汁を作ったりする働きがあります。

肝臓は貯蔵庫のような働きもしており、すぐに必要ではない栄養素は一旦肝臓内に蓄えられ、必要な時になれば送り出されます。

ダイエットや美容にも影響が・・・

397aa24f00bf3b63ba7474693d68d2ef_m

以上のように肝臓はエネルギーの代謝と深く関わっており、健康を維持するためには肝臓の機能が正常に働いていることは重要です。

また、肝臓の機能が低下すると、健康だけでなくダイエットにも影響を及ぼします。

ダイエットでも良く耳にする基礎代謝は、以前は筋肉が最も消費していると考えられていましたが、最近の研究では肝臓が最も多い30%近くを消費していることがわかっています。

つまり、肝臓の機能が低下するということは、基礎代謝も低下することになり、その結果太りやすくなることにも繋がります。

更には、肝臓の機能が低下することによって栄養が身体全体へ行き渡らなくなるので、肌荒れや肌のくすみをつくる原因にもなります。

肝臓の機能を低下させる原因

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_m1

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、機能が低下していても自覚症状はほとんどなく気付きにくいと言われています。

しかし、私達の身体にとってこれだけ重要な肝臓だからこそ、気付かない間に多くの負担がかかっています。

肝臓に負担をかけ続けていれば機能が低下するのは当然で、そうならないためには少しでも負担を軽減させることが必要です。

偏った食事や不規則な食生活

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_m

ダイエットなどによって偏った食生活を続けていると、肝臓に大きな負担をかけることになります。

肉や魚などのタンパク質が不足すれば脂肪をエネルギーとして送れなくなり、肝臓に蓄積してしまいます。

逆に炭水化物などに含まれるブドウ糖が不足すると、肝臓にあるグリコーゲンを代わりにエネルギーとして使うため、これも大きな負担となります。

このような偏った食事は避け、バランスの良い食事を心掛けることが大切です。

また、不規則な食事にも同じことが言えるため、3食しっかりと食べることも大切です。

急激に大量の栄養を取り込んでしまう早食いにも注意しましょう。

ストレス

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_m

ストレスを強く感じると血管が収縮し、血圧が上昇することによって肝臓にも負担がかかります。

ストレスを溜めるなと言うのは難しいかもしれませんが、睡眠はストレスを解消するのに重要なので、特に睡眠不足には注意し、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。

また、運動不足も肝臓の機能を低下させる原因となるので、ストレス解消のためにも適度な運動を取り入れると効果的です。

便秘

c76b534ab6895cb6d859047ac4838bca_m

あまり関係なさそうに思える便秘ですが、有害な物質が身体に蓄積された状態であり、解毒をする肝臓が必要以上に活発になってしまい、大きな負担をかけてしまいます。

女性に多い悩みの1つですが、その他にも悪影響を与えるため、腸内環境の改善を心掛け、便秘は早めに解消しましょう。

また、有害な物質という意味では飲酒や喫煙も肝臓には大きな負担となります。

肝臓のことを考えるなら、なるべく控えるようにしたほうが良いでしょう。

 

肝臓に良い食べ物

肝臓の機能をアップさせるには、良質なタンパク質やビタミン、亜鉛やミネラルなど、様々な栄養素が必要不可欠です。

特におすすめの食べ物をまとめて御紹介します。

大豆製品

40f8970f6d4d71678b9f13c00265354d_m

良質なタンパク質は肝臓に蓄積された脂肪を送り出すのに必要で、肝臓の細胞を修復する酵素を作り出すためにも必要な栄養素です。

中でも良質な植物性タンパク質である豆腐や納豆などの大豆製品はおすすめですが、偏ってしまうのはあまりよくありません。

動物性タンパク質であるお肉や魚などもバランス良く食べるようにしましょう。

また、良質なタンパク質ということでプロテインが良さそうな気もしますが、濃度が濃く作られたプロテインは逆に肝臓に負担をかけてしまうそうです。

うなぎやレバー

08e0abe15683d389fce11da12aa0040b_m

肝臓では多くの酸素を使うので、抗酸化ビタミンと言われるビタミンAやビタミンC、ビタミンEが含まれる食べ物がおすすめです。

中でもうなぎやレバーには、抗酸化ビタミンだけでなく、亜鉛やミネラルも豊富に含まれているので、肝臓の機能を正常に働かせる栄養素がたっぷり含まれています。

また、緑黄色野菜や果物などにはビタミンCが多く含まれるのでおすすめですが、ビタミンCは熱に弱いので調理の際は注意しましょう。

エゴマ油

8818a3d50590b69400f134ba0e01cb8f_m

エゴマ油には、ルテオリンという強い抗酸化作用を持つ成分が含まれており、脂肪肝の改善や肝臓ガンを予防する効果があると期待されています。

更には腸内に住む善玉菌の働きを促進させ、便秘の解消にもなるので、肝臓への負担を軽減させることもできます。

エゴマ油は肝臓だけでなく、美容やダイエットにも良い油なので、積極的に取り入れていきたい食品です。

エゴマ油について詳しく知りたい方はこちら

美容や健康だけじゃない!ダイエットにも効果的なエゴマ油の摂取方法!

しじみの味噌汁

0922f4028f6bd0ff8c27912680960db8_m

お酒を飲んだ後にはシジミの味噌汁が良いと言われますが、シジミにはビタミン群や鉄分などのミネラルが含まれています。

また、シジミにはタウリンという成分が含まれているのですが、このタウリンには胆汁酸の分泌を促進したり、肝臓に溜まった脂肪を排出する働きをするなど、肝臓にとって様々な良い働きをするので、積極的に取り入れたい成分です。

タウリンはシジミ以外にも魚介類に多く含まれているのですが、牡蠣やタコは特に多く含まれています。

お酒を飲む際には、これらの魚介類一緒に食べると肝臓の働きを促進してくれます。

コーヒー

6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_m

意外かもしれませんが、コーヒーも肝臓に良い飲み物として注目されてきています。

まだ科学的な根拠まではわかっていないようですが、様々な実験による研究結果から肝臓ガンのリスクを低下させることが示されています。

しかし、コーヒーにはカフェインも多く含まれているので、飲みすぎると逆に肝臓の負担となることもあります。

1日1〜2杯程度が適量なので、飲み過ぎには注意しましょう。

また、コーヒーにはダイエット効果があるとされており、女性にとっては非常に気になるところです。

詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

飲むだけで痩せるって本当?コーヒーダイエットの効果とやり方!

肝臓に悪い食べ物

肝臓に悪い食べ物とは、脂肪分や糖質を多く含むジャンクフード、添加物を多く含むインスタント食品やコンビニのお弁当などが挙げられます。

これらは肝臓には大きな負担となるので、食べてはいけないわけではないですが、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

また、これ以外にも食べ過ぎると中性脂肪を蓄積しやすいと言われる食べ物が色々あるので御紹介します。

乳製品

f62925f8ffc84f3994980c4e4e85415f_m

バターやクリームといった乳製品は脂質が多く含まれるので、食べ過ぎてしまうと肝臓に中性脂肪を溜め込んでしまいます。

牛乳には良質なタンパク質が含まれているので、適量であれば良いですが、飲み過ぎは逆効果となります。

女性には好きな方も多いチーズは、逆に中性脂肪を下げる働きがあるとされていますが、これも食べ過ぎは良くないので、程々にしておいたほうが良さそうです。

パンや御飯などの炭水化物

f0a03a568a8e22267462b38987af4419_m

白米や小麦を使ったパンや麺類などのGI値が高い食品は、急激に血糖値を上昇させ、インスリンを大量に分泌してしまうので、食べすぎると中性脂肪を肝臓に蓄積する原因となります。

特にパンはバターも大量に使用しているため、脂質も多く特に注意が必要です。

そのため、食べ過ぎないことはもちろんですが、白米を玄米にするなど、GI値の低い食品に代替えするといったことも肝臓に負担をかけないためには効果的です。

GI値について詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい。

太りやすいので注意!低インシュリンダイエットで避けたほうが良い食品まとめ!

糖質の多い食品

cddc803360bfeb4f429f5aff469955cd_m

お菓子やケーキなどの甘いものや、ジュースなどには多くの砂糖が使われており、中性脂肪を肝臓に蓄積する原因となります。

肝臓に良いと言われるコーヒーも、砂糖をたっぷり入れて飲んでしまっては逆効果となるので注意しましょう。

また、油断できないのがフルーツで、多くの糖質を含んでいます。

特にバナナなどの水分が少ないフルーツは糖質を多く含むため、フルーツが美容や健康に良いからと言って食べ過ぎないように気をつけましょう。

アルコール

9e40cfc72c64138c3d888f2acd271782_m

これはもはや常識ですが、アルコールの飲み過ぎは肝臓に大きな負担をかけます。

負担をかけるだけではなく、アルコールを摂取すると中性脂肪も肝臓内で作られるので、中性脂肪を蓄積する原因となります。

お酒は少量であれば健康にも良いと言われていますが、飲み過ぎは良くないので、良くお酒を飲むという人は注意しましょう。

まとめ

肝臓は健康を維持するためには非常に重要な臓器であるだけでなく、ダイエットや美容にも深く関わっています。

肝臓が悪くなっていても自覚症状がない場合がほとんどのため、普段の生活や食事を振り返って不安のある方は、この機会に一度見直しをしてみましょう。

特に最近太りやすくなったという方は肝臓が疲れている可能性もあるので、意識して食生活を改善する必要があるかもしれません。

また、肝臓には多くの酵素が存在すると言われており、代謝を行う上で酵素は非常に重要になってきます。

その酵素が一度に数百種類も摂れる酵素ドリンクはダイエットにも使われており、痩せたい女性には非常におすすめです。

酵素ドリンクを使ったダイエット法や効果について詳しく知りたいという方は、こちらの記事も併せてチェックして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 『洗い流さない』が大人気!おすすめアウトバストリートメント10選!

  • 腕が毛深いと悩む女性におすすめのムダ毛処理方法とは?

  • シリアルのカロリーに注意!ダイエットにおすすめのシリアルとは?

  • 10日間で4キロ痩せる!?7号食ダイエットの方法と凄すぎる効果!

  • 剛毛でも大丈夫!毛深い女性こそ脱毛するべき理由とは?

  • 乾燥肌の原因と改善に効果的な5つの対策