1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 本当の理由は要らない!仕事を辞めたいと言えない人におすすめの方法
Sponsored Link

本当の理由は要らない!仕事を辞めたいと言えない人におすすめの方法

働いている人であれば、誰でも1度は仕事を辞めたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

辞めたい理由には、人間関係や給与、体調不良などの様々な理由がありますが、

辞めたいと思ってはいるのになかなか言えない人も多いはずです。

言えない理由にも色々とあり、ただ言い出しにくいだけでなく、

辞めた後のことを考えて言えない場合や、責任感が強くて辞めることが悪いことだと思っている人もいます。

 

しかし、本当に辞めたいと思っているのに我慢していると、更に体調が悪くなったり、

仕事に対するモチベーションも上がらないため、現状がより悪化する場合もあるので注意が必要です。

そこで今回は、仕事を辞めたいけど言えない人におすすめの方法を御紹介します。

また、仕事を辞めたい人が本当に辞めるべきなのかどうかの判断基準も併せて御紹介するので、迷っている方は参考にして下さい。

Sponsored Link

仕事を辞めたい理由と対策

仕事を辞めたい理由にも人それぞれありますが、中でも多い理由とその対策について御紹介します。

一時の感情で辞めてしまうと後で後悔することもあるので、一度良く考えてから結論を出しましょう。

 

仕事を辞めたい理由①人間関係がうまくいかない

仕事を辞めたい理由として最も多いのが人間関係のようです。

職場では、上司や同僚、部下などといったように、多くの人と関わっていかなければなりません。

仕事の内容とは直接関係ないものの、人間関係が上手くいかないと居心地は悪くなります。

 

ちょっとしたことでイライラすることが多くなったり、

自分のいないところで悪口を言われていたり、中には明らかに避けられたり無視されることもあるようです。

特に女性の職場では、このようなケースが比較的多いのではないでしょうか?

 

このような人間関係の悪化が原因で仕事を辞めたい場合、

基本的に辞めたいのであれば辞めるべきです

しかし、注意したいのが自分に原因がある場合です。

人間関係というのはとても難しく、些細なことがきっかけで相手に不快な思いをさせている場合もあります。

特に、過去にも同じような経験があるという人は自分に原因がある可能性が高いです。

自分に原因があるのであれば、環境を変えたところでまた同じことの繰り返しになるかもしれません。

 

思い当たることが無い場合は、他人を変えることは自分を変えること以上に難しいです。

ですから、辞めたいのであれば転職を考えても良いと思います。

しかし、人間関係が原因で仕事を辞めたい場合は、仕事自体は好きだったりしますよね。

転職をするには大きな労力がかかりますし、転職を繰り返すと再就職がまりにくいというリスクもあります。

職場に相談できるような同僚や上司がいるのであれば、

一度相談した方が良いですし、転勤や部署を変えられるのであればその方が良いでしょう。

 

仕事を辞めたい理由②給料や自分の評価に納得できない

仕事を辞めたい理由として次に多いのが、給料や評価されないなどの不満です。

一言で給料といっても金額だけの問題ではありません。

労働時間や仕事内容に見合った給料ということなので、色々なケースがあると思いますが、

入社前に給料は知っているはずなので、ほとんどの場合は仕事量の問題だと思います。

 

まず、契約書の給料と違っていた場合や、労働時間が長くて残業もつかないなど、

明らかにブラック企業の場合は、辞めたいと思うのは当然です。

むしろ、すぐにでも辞めた方が良いでしょう。

最近はこの問題が大きく取り上げられることも多いため、

自分の勤めている企業が、いわゆるブラック企業なのかどうかは判断しやすくなっていると思います。

 

何に対しても根性論を押し付けてくるような風潮がある会社は要注意です。

若いうちはよくてもそのうち体力的に限界が来て身体を壊すこともあり、

そんなことになればその後の人生にも大きく関わってきますので、自分を守ることも大切です。

 

辞めたいのであればすぐにでも辞めるべきですが、

責任感が強い人に限って辞めることが逃げているのではないかと思いがちです。

しかし、それほどの責任感があれば、

他の職場で正当な評価をされることも多いため、思い切って転職するべきでしょう。

 

それ以外の場合は、基本的には辞めたいからといって辞めるべきではありません

仕事量が多くてストレスになっているのであれば、少し仕事量を減らせないか聞いてみましょう。

多くの場合、自分のやらなくても良い仕事まで押し付けられていることも多いからです

自分のキャパ以上の仕事を引き受けることは逆に無責任になることもあるので、無理なら無理と断ることも大切です。

どうしてもやらなければいけない仕事の場合は、他の人の助けを借りるなどして自分の仕事量を分散しましょう。

 

また、評価に対して不満があるのであれば、直接上司に相談すると、

自分に何が足りないのかアドバイスをくれることもあるのでおすすめです。

自分は頑張っているつもりでも、会社や上司の求めるラインに達していなかったり、見当違いな努力をしている場合もあります。

評価は自分でするものではなく、相手がするものです。

相手が何を求めているのかを知ることが大切で、それさえわかれば努力が認められる日も近いでしょう。

 

仕事を辞めたい理由③仕事が自分に合わない

20代の若い頃にありがちですが、今の仕事が自分に向いていないと感じたり、

合っていないと感じる場合も仕事を辞めたい理由として多いです。

特に目的もなく仕事を選んでしまったり、希望していた会社に入れず、

やむを得ず入社した場合はそう感じる人は更に多いでしょう。

 

この場合、働いていた期間や仕事に対する取り組み方にもよりますが、

最低でも1年、できればもう少し頑張って3年は続けてみましょう

たった数ヶ月で全ての仕事を理解することは難しいですし、

ある程度続けることによって新たに見えてくることもあるはずです。

 

数カ月や1、2年という短い期間で転職してしまうと、

次の仕事も同じように感じて辞めてしまうケースも多く、何度も転職を繰り返すことになってしまいます。

確かに若いうちは転職もしやすい時期ですが、あまりにも多いと転職する際に不利になってしまいます。

そうならないためにも、1度腰を据えて働いてみることをおすすめします。

 

また、「やりがいがない」といった理由を良く耳にしますが、

やりがいは本気でその仕事と向き合わなければ見つけることはできません。

さらに、最初からあるものでもなければ、誰かに与えられるものでもありません

どんな仕事でも楽しいことばかりではなく、辛いことも必ずあるはずなので、

ある程度の期間その仕事に本気で取り組んでから判断しても遅くはないでしょう。

それでもやっぱり自分には合わないと感じるのであれば、別の職種に挑戦するのもありだと思います。

 

仕事を辞めたい理由④今の会社に将来性を感じない

これまでの理由とは違い、今の会社に将来性を感じない場合や、

自分のキャリアアップのために仕事を辞めたいという女性も増えてきています。

このように、プラスの理由で仕事を辞めたい場合は、

迷っている時間がもったいないので、潔く辞めてしまいましょう。

他にも、新しいことに挑戦してみたい、やりたいことが見つかったという場合も同様です。

 

出来るだけ早めに動き始めた方が有利に働くことも多いので、今から転職の準備を始めても良いでしょう。

仕事内容によっては一区切りするタイミングでなければ辞められないという場合もありますが、

そこから動き始めてもすぐに転職先が決まるとは限らないので、準備は早いに越したことはありません。

自分のために辞めたいと思っているので、良い転職先さえ決まってしまえば、

その後は比較的スムーズに辞められるはずです。

 

特に女性は、結婚や出産などの大きなイベントが控えています。

タイミングによっては転職に不利に働くことも多いので注意しましょう。

良い転職先を探すためには、できるだけ多くの候補から自分に合った会社を見つけることが大切です。

今は転職を支援するサービスが色々あるので、積極的に利用していきましょう。

詳しくはこちらも参考にして下さい。

仕事を辞めたい人がなかなか言えない原因とおすすめの対策

仕事を辞めたいとは思っていても、なかなか言えない人も多いと思いますが、

それにはいくつかの原因があります。

代表的な原因と、それに対するおすすめの対策法を御紹介します。

 

言えない理由①今の仕事を辞めても特にやりたいことがない

意外と多い原因の1つですが、辞めても特別やりたいと思う仕事が無いという場合です。

特にやりたい仕事が無いなら今のままでも仕方ないかと考えたり、

いざ辞めるにも辞めた後の不安のほうが強くなってしまい、なかなか辞めたいと言えない原因となります。

 

この場合は、まず自分が本当に辞めたいと思っているのか明確にしましょう。

例えやりたいことがなくても、本当に辞めたいと思っているなら行動に移すものです。

その行動が起こせないというのであれば、そこまで強く辞めたいと思っていない可能性が高いです。

 

自分が本当に辞めたいのか確認するおすすめの方法

自分が本当に仕事を辞めたいと思っているのかを知るためには、

辞めたい理由や不満に感じていることを紙に書き出してみると良いです。

ただ何となく考えていると辞めたい理由がぼやけてしまいますが、

紙に書き出すことで考えていることがはっきりし、自分の本当の気持ちに気付くことができるはずです。

 

また、反対に今の仕事の良いところも書き出してみると良いです。

辞めたいというマイナスの気持ちから、プラスの気持ちに切り替わり、

今の会社は思っていた程悪くはないと感じる場合も多いでしょう。

この2つをやってみて、それでも辞めたいと思うのであれば、

やる前より気持ちが固まっているので行動に移しやすいはずです。

 

言えない理由②引き止められたり気まずくなるのが不安

辞めたいと言い出しにくい原因の1つに、引き止められた時に説得されてしまう不安があります。

確かに、何も言わずに辞表を受け取る上司はほとんどいません。

辞める理由を聞かれたり、辞めたい意志が余程強いという印象がなければまず引き止められるでしょう。

一度引き止められてしまっては、その後の関係も気まずくなるのではないか不安はさらに増えてしまいます。

 

引き止められる不安への対策

この場合の対策は、シュミレーションする以外にありません。

入社試験の時を思い出してください。

面接で何を聴かれるか想像し、それに対する答えを用意していたのではないでしょうか?

最初は不安しかなかったことでも、シュミレーションを繰り返すうちに少しずつ自信がでてきます。

 

基本的にはそれと同じで、引き止められるとしたら何を理由に引き止められるのかを想像し、

予め答えを用意しておけば良いのです。

また、本当に辞めたいのであれば、辞める理由はマイナスよりプラスの理由の方が説得しやすいです。

マイナスの理由は解決策を探そうという方向になりやすいですが、

プラスの理由には本人の意思を尊重してあげたいという気持ちが芽生えやすいからです。

本当の理由は別にあったとしても、なるべく明るい未来の話をする方がおすすめです。

 

言えない理由③仕事を辞めた後の不安

仕事を辞めることができたとしても、環境が変わることによる不安は必ずあります。

他の職場で良い人間関係を築けるか、新しい仕事は覚えられるかなど、挙げだしたらキリが無いでしょう。

基本的には仕事を辞める前に次の仕事を決めるべきですが、

そうできない場合はさらに不安も大きくなるはずです。

また、職場が変わることによって生活のリズムも変わるので、

家庭があったり、趣味などに時間をつくることができなくなるとった不安もあるかもしれません。

 

辞めた後の不安への対策

まず、次の仕事が決まっていない場合ですが、

現在の仕事が忙しくて転職の活動ができないというのであれば、

転職先が決まったら辞めたいという意向を予め伝えておくのもおすすめです。

そうすることで、転職活動のために休みを取りやすくなったりする場合もあるからです。

どうしても先に辞めなければいけない場合は、必ず数か月分の貯蓄を用意してから辞めるようにしましょう。

すぐに次の就職先が決まるとは限りませんし、ある程度余裕を持っていれば辞めた後の不安も少なくなるはずです。

 

次に、未来への不安ですが、これは考えるだけ時間の無駄です。

少々キツイ言い方かもしれませんが、未来のことは誰にも分からないので、

考えていた通りになるとも限りませんし、全く予想すらできない結果になることもあります。

 

もし、少しでも不安を取り除きたいのであれば、起こり得る最悪の結果を想像し、それを受け入れることです。

また、受け入れた上で、そうなった時はどうすれば良いのかも一緒に考えておきましょう。

一度最悪の結果を受け入れてしまえば、もう怖いものはありません。

意外と効果的なので、是非試してみて下さい。

 

言えない理由④申し訳なさから辞めたい言い出せない

日本では義理や人情といったことを大切にする風潮があり、

お世話になった上司や同僚に後ろめたさを感じて辞めたいと言えない人が多いと思います。

感謝の気持ちを持つことは大切な事ですが、辞めたいと決めたのであれば言わなくては前に進みません。

また、自分が辞めたことで迷惑をかけるのではないかと考え、言い出せなかったりする人もいます。

人が良い人ほどこの傾向は強く、なかなか辞めたいといえない原因になります。

 

恩や義理を感じて辞めたいと言えない人におすすめの対策

この場合は、良い人間関係が出来ているということでもあるので、

できるだけ円満に辞める方法を考えなければなりません。

おすすめの方法は、感謝の気持ちを伝えつつ、夢や目標を辞めたい理由にすることです。

初めは驚くかもしれませんが、人の夢を否定する権利は誰にもありません。

良い上司であれば、逆に応援してくれるケースも多いはずです。

 

辞めたい時はマイナスの理由を探しがちですが、

そのような理由では、「もう少し頑張ってみろ!」や「何とかならないのか?」

などと引き止められ、説得されてしまうのがオチです。

それでも心が決まっているのであれば問題ありませんが、そうでないからこそなかなか言い出せないのだと思います。

 

また、辞めたい本当の理由がなんであれ、

マイナスの理由で辞めてしまっては、この先の自分もその気持ちを引きずってしまいます。

今よりも良い状況を求めて辞めるのであれば、なおさらプラスの理由で希望を持って辞めることが大切です。

 

迷惑をかけるのではないかという心配は不要

自分が辞めることによって、同僚や上司に迷惑をかけてしまうという心配をする方がいますが、

それはある程度仕方がないことです。

そもそも、生きていくうえで誰にも迷惑をかけずに生きていくことは難しいです。

自ら迷惑になることをやる人は少ないですが、

自分が何か行動することで、誰かしらに小さな迷惑をかけている場面は多々あります。

また、迷惑と感じるかは、相手の受け取り方次第です。

突然辞めるというわけでもなければ、『迷惑』と感じる人は少ないと思いますよ。

 

まとめ

会社を辞めたいという気持ちは誰でも一度は思うことですが、

感情に任せて辞めてしまうと後で後悔することになります。

転職はその後を左右する重大なことであるからこそ、

もう一度自分の気持ちを見つめ直し、どちらを選んでも後悔しない選択をするようにしましょう。

 

また、人間関係で悩んでいるのであれば、誰かに相談することで気持ちが楽になることもあります。

相談できる人が身近にいないのであれば、一人で悩まずに電話占いなどのサービスを利用することもオススメです。

有名な占い師が多数在籍しており、恋愛や人間関係の悩みを日々受けているプロなので、

下手に友人などに相談するよりも的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

料金も安く、気軽に利用できるので、興味があればこちらも参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 引っ越しまでにやることリスト!損をしない賢い引っ越し準備とは?

  • 支出の管理が楽になる!人気の無料家計簿アプリ10選!

  • 虫除けだけじゃない!超便利なハッカ油スプレーの作り方と使い方!

  • 基本が大事!洋食や和食、中華料理のテーブルマナーまとめ!

  • 絶対に貯金したい人が今すぐやるべき5つの節約方法!

  • 無理のない給料と家賃の割合は?手取り金額からわかる家賃の目安!