1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 化粧石鹸って洗顔にも使える?石鹸の種類と正しい使い方!
Sponsored Link

化粧石鹸って洗顔にも使える?石鹸の種類と正しい使い方!

化粧石鹸という言葉を聞くと、メイクのことを連想してしまいますが、化粧を落とす石鹸というわけではありません。

一言に石鹸と言っても様々な種類があり、大きく分けると身体に使える石鹸とそれ以外に使う石鹸があります。

台所用や洗濯用の石鹸を身体に使う人は殆どいないと思いますが、身体に使える石鹸だけを見てもいくつかの種類や呼び方があり、どれを何に使って良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、石鹸の種類と正しい使い方についてまとめてみました。

Sponsored Link

石鹸の種類

身体に使える石鹸の中にも種類があり、薬機法(旧薬事法)によって化粧品と医薬部外品に分けられています。

細かい決まりは色々とありますが、化粧品は肌や髪をキレイにしたり、健康に保つことを目的に作られていて、浴用石鹸や洗顔石鹸などがこれにあたり、これらをまとめて化粧石鹸と呼びます。

一方で医薬部外品に分類される石鹸は薬用石鹸とも呼ばれ、殺菌や消毒、肌荒れを防止する目的に作られていて、国(厚生労働省)によって認められた有効成分が含まれていることも特徴です。

手洗い用の石鹸や、ニキビ予防のための石鹸などに多いですが、洗浄成分として合成の界面活性剤が含まれていることも多いため、洗顔などに使用する場合には成分表示を良く確認しましょう。

化粧石鹸(浴用)と洗顔石鹸の違い

同じ化粧品に分類され、どちらも全身に使用できる石鹸なので、洗顔に使っても問題はありません。

しかし、皆さんも良くご存じのように、顔の皮膚は他の部分に比べて薄く、その分敏感で刺激に弱くなっています。

良く化粧品などを使用する前に、事前にパッチテストを行うことが推奨されるのもそれが理由です。

洗顔石鹸はその点を踏まえて化粧石鹸よりも低刺激に作られており、化学成分が無添加のものや保湿成分が多く配合されているものが多いのが特徴です。

化粧石鹸で洗顔をすると、洗い方や配合成分によっては皮脂を必要以上に洗い流してしまったり、肌に余計な刺激を与えてしまうこともあるので、洗顔石鹸を使って洗顔をする方がおすすめです。

逆に、洗顔石鹸で身体を洗っても問題はないですが、化粧石鹸に比べると洗浄力が弱い石鹸が多いので、皮脂の多い背中などは良く泡立てて洗うなど、洗い方を工夫する必要があります。

化粧石鹸で洗顔をしたら肌が荒れてしまったという方は、洗顔石鹸を試してみましょう。

敏感肌や乾燥肌におすすめ!肌に優しい人気の洗顔石鹸ランキング!

石鹸の正しい使い方

石鹸は良く泡立ててから使用するのが大切で、洗顔だけでなく身体を洗う時でもそれは同じです。

特に洗顔の際には、擦ることで肌に刺激を与えてしまうので注意しましょう。

良く泡立ててから洗えば、ゴシゴシと擦らなくても素手やタオルで優しく撫でるだけで十分に汚れを落とすことが出来ます。

また、使用後の保管方法ですが、一度洗い流して水気をしっかりと取り除き、風通しの良い場所に保管しておきましょう。

石鹸を置くトレーに水が溜まっていたり、濡れたまま放置すると石鹸が傷んでしまい、雑菌などが繁殖しやすくなってしまいます。

防腐剤などが含まれていない無添加石鹸であれば尚更注意し、余計な肌トラブルの原因にならないようにしましょう。

洗顔石鹸は浴用石鹸に比べて溶けやすいので、長持ちさせるためにも浴室などに置いておくのも避け、しっかりと保管することが節約にも繋がります。

石鹸選びのポイント

石鹸での洗顔を始めたいというのであれば、石鹸選びに悩む人も多いでしょう。

余計な成分が入っていない純石鹸や無添加石鹸が良いと思っている人もいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません

純石鹸とは、石鹸素地(脂肪酸ナトリウムや純石鹸分と表示される場合もある)が98%以上のものを言い、成分表示を見ると分かりますがとてもシンプルです。

その他に記載があるとしても水やグリセリンくらいなので、純石鹸を見分けるのは難しくないでしょう。

純石鹸は確かに安全性は高いので、化学成分などが原因で肌が荒れてしまっている方にはおすすめですが、乾燥肌や敏感肌だからといった理由で選んでしまうと、肌の乾燥が余計悪化する場合や、洗顔後に肌がヒリヒリすることもあります。

高品質な洗顔石鹸であれば、余計な成分が入っていないことに加え、肌に良い美容成分や保湿成分が含まれているので、基本的には洗顔石鹸がおすすめです

乾燥肌や脂性肌の方であれば保湿効果の高いセラミドが配合されているものを選んだり、肌質に合わせて必要な成分を見極めて選ぶと良いでしょう。

また、無添加という表記は特定の成分を配合していないという意味であり、数種類あるうちのどれか1つでも配合していなければ無添加と表記できます。

そのため、無添加だから安心というのは間違いで、何が無添加なのかを確認することが大切です。

最後に、石鹸洗顔を始めたからといってすぐに効果を感じる人ばかりではないため、使用感や使い続けることができる価格帯であることも重要です。

ドラッグストアなどで販売されているものだけでなく、通販のみで販売されている石鹸なども多いので、色々試して自分に合ったお気に入りの洗顔石鹸を見つけてみましょう。

まとめ

最近では、作り方や配合成分にこだわった高品質の石鹸も多く販売されるようになり、石鹸での洗顔が見直され、多くの女性が石鹸を使って洗顔をしています。

化粧石鹸を使って洗顔をしても問題ありませんが、美肌を目指すなら洗顔用に作られた洗顔石鹸を使うべきです。

高品質の洗顔石鹸ならつっぱり感が抑えられているものも多く、石鹸洗顔はつっぱるから苦手という方にもおすすめなので、是非一度お試しください。

また、使う石鹸だけでなく、洗い方も美肌のためには大切で、正しい洗顔方法も一度確認しておいた方が良いでしょう。

おすすめの洗顔石鹸や、正しい洗顔方法についてはこちらの記事にまとめてありますので、石鹸での洗顔に興味がある方は必ず一度目を通しておくことをおすすめします。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 女性のムダ毛処理は何がおすすめ?楽に処理できる人気アイテムとは?

  • ⽑⽳を引き締める!おすすめのプチプラ収れん化粧⽔ランキング!

  • 敏感肌や乾燥肌でも肌荒れしない!市販の洗顔石鹸ランキング!

  • デトックス効果の高いお茶とは?コンビニでも買えるおすすめのお茶5選!

  • うるつや髪になる!髪のパサパサに効くシャンプーランキング!

  • ヨガとピラティスって何が違うの?自分に合っているのはどっち?