1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 石鹸洗顔は良くない?洗顔後に肌がつっぱる原因とは?
Sponsored Link

石鹸洗顔は良くない?洗顔後に肌がつっぱる原因とは?

洗顔後に肌がつっぱるという経験を誰でも一度はしたことがあるのではないでしょうか?

特に石鹸で洗顔をすると肌がつっぱる傾向にあり、
最近ではそれを嫌ってつっぱらない洗顔フォームで洗顔をする方が多いかもしれません。

その理由としては、肌のつっぱり感が乾燥によるものと思っているからでしょう。

乾燥はシワの原因とも考えられているため、
洗顔後につっぱり感を感じてしまうと、石鹸洗顔は良くないと思ってしまいがちです。

 

しかし、実際には石鹸での洗顔後に適度なつっぱり感があることは普通で、
それは必ずしも肌が乾燥しているからではありません

それどころか洗顔フォームでのつっぱり感が全くない洗顔になれてしまうと、
知らない間に肌が本来持っている機能が低下してしまうこともあります。

そこで今回は、洗顔後に起こる肌のつっぱり感について詳しくまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

石鹸洗顔は良くない?

石鹸洗顔は良くないと思っている方もいるようですが、それは大きな誤解です。

一般的な洗顔フォームは合成界面活性剤を使用しています。

この成分は食器用洗剤などにも使われる成分で、
洗浄力が強く、肌に必要な皮脂や保湿成分まで洗い流してしまいがちです。

一方、石鹸にはこの合成界面活性剤は使われていません。

石鹸自体が界面活性剤の役割を果たし、
不要な皮脂や汚れを洗い流してくれるため、洗顔フォームと比べれば肌に優しい成分から出来ています。

また、石鹸洗顔は肌が本来持っている機能を活性化させたり、肌が健康な状態へ導いてくれます。

 

敏感肌や乾燥肌の方は石鹸選びに注意!

基本的に肌に優しい石鹸洗顔ですが、
敏感肌や乾燥肌の方は、洗顔に使う石鹸の選び方には注意が必要です。

特に敏感肌の方は、肌に余計な刺激を与えないために純石鹸を選びがちですが、
純石鹸は殆どがせっけん素地からできているため、洗浄力も高いのが特徴です。

肌が弱っている方が使うと、皮脂の落としすぎや肌の保湿成分まで洗い流してしまったり、
洗顔後にいつまでもつっぱり感が続いてしまったりします。

実際、純石鹸を使い始めたら肌荒れが悪化したという方も多くいらっしゃいます。

 

皮膚科などを受診すると純石鹸を薦められることも多いので、
純石鹸での洗顔が一番良いと思っている方もいるかもしれませんが、
それは単に余計な成分が含まれていないからであり、対処療法でしかありません。

そもそも、皮膚科を受診するほど敏感肌で悩んでいるわけですから、
色々試したけど何を使っても肌荒れしてしまうレベルの方が多いはずです。

何が原因となっているのかを特定するという意味も含めて純石鹸を薦めているのであって、
そこまで肌が弱っている方でなければ、純石鹸を使用するメリットはありません。

 

勘違いしている方も多いのですが、
良く言われる無添加石鹸と純石鹸は違うものです。

確かに余計な成分は入っていない方が良いですが、
純石鹸ほど極端なものを選ぶ必要はなく、
保湿成分が配合されている方がつっぱり感も感じにくいです。

敏感肌の方や乾燥肌の方であれば、
天然の保湿成分が配合されている無添加の洗顔石鹸を選ぶべきでしょう。

口コミで人気の洗顔石鹸をまとめてありますので、
宜しければこちらも参考にして下さい。

おすすめの無添加洗顔石鹸はこちら

 

洗顔後に肌がつっぱる原因

洗顔後や入浴後に肌がつっぱるというのは、以下のような原因が考えられます。

  • 間違った洗顔方法による肌の乾燥
  • 肌のバリア機能が低下している
  • 洗顔料の洗浄成分が強すぎる
  • 洗顔料に含まれる成分が肌に合っていない

それぞれの原因についてもう少し詳しく御紹介します。

 

間違った洗顔方法による肌の乾燥

間違った洗顔方法は、肌にある皮脂を必要以上に落としてしまったりするので、
肌の水分も失われてしまい、結果的に肌の乾燥やつっぱり感を感じる原因となります。

間違った洗顔方法とは、

  • 洗顔の時間が長い
  • お湯の温度が高い
  • 肌の擦り過ぎ
  • 洗顔の回数が多い

などが考えられます。

正しい洗顔方法についてはこちらを参考にしてください。

 

肌のバリア機能低下によるつっぱり感

肌のバリア機能低下とは、
肌の水分保持力が低下している状態で、いわゆる乾燥肌の状態です。

乾燥肌は角質層にあるセラミドなどの細胞間脂質や、
NMF(天然保湿因子)や皮脂の分泌が少ない状態で、
肌内部の水分が維持できずに外へ逃げてしまいます。

 

乾燥肌はとにかく肌を乾燥させないことが大切で、
改善するには生活習慣やスキンケアの方法を見直す必要があります。

また、洗顔料も洗浄力の強いものは避け、
肌に優しくセラミドなどを洗い流さないようなものを選ぶと良いでしょう。

 

洗顔料の洗浄成分が強すぎる

洗浄成分が強すぎると、乾燥肌の方でなくても必要以上に皮脂を落とし過ぎてしまったり、
肌への刺激も強くなるので、乾燥の原因になります。

一般的に洗顔料に使われることの多い合成界面活性剤は、
洗浄力が強く、刺激も強いため、天然成分でできている洗顔石鹸がおすすめです。

石鹸は天然の界面活性剤としても知られていますが、
皮脂などを必要以上に落とし過ぎることなく、汚れをしっかり落としてくれます。

 

洗顔料に含まれる成分が肌に合っていない

上記のような原因に心当たりがない場合や、
つっぱり感がひどかったり肌がヒリヒリするような場合は、
使用している洗顔料に含まれる成分が肌に合っていない可能性があります。

 

どの成分が肌に合っていないのか特定することは難しいため、
余計な成分が一切含まれていない純石鹸での洗顔を試してみると良いかもしれません。

それでもダメだった場合や、ヒリヒリして痛みがある場合には、
無理に石鹸洗顔を続けずに、一度皮膚科などの専門家に相談してみることをおすすめします。

 

石鹸洗顔後のつっぱり感について

石鹸での洗顔は肌がつっぱるから苦手!という方も多いかもしれません。

つっぱり感は乾燥が原因と思っている方も多く、シワなどの原因になるイメージが強いですよね。

そのため、石鹸での洗顔は良くないのでは?
と思う方や、肌に合っていないと感じてしまう方もいるでしょう。

 

しかし、これは必ずしも乾燥しているからつっぱるのではなく、

石鹸は一部を除いてほとんどが弱アルカリ性の為、洗顔後に肌がアルカリ性に傾くことによって起こります。

肌が一時的にアルカリ性(中性)に傾いても、
中和機能という肌が本来持っている機能によってすぐに弱酸性に戻ります。

肌が健康な人であれば、何もしなくても10~30分もすればつっぱり感はなくなっているはずです。

 

洗顔後に保湿をするのは基本ですが、肌の状態を知るためにも、
一度化粧水などをすぐにつけずに放置してみればわかると思います。

逆に、いつまでもつっぱり感が続く場合や、ヒリヒリするような場合は、
肌の機能が正常に働かないほど弱っている場合もあるので注意が必要です。

そんな時は、石鹸を使用する回数を減らしたり、
焦らずゆっくりと肌の機能を回復させていきましょう。

つっぱり感がひどい場合には洗浄力が強すぎたり、
原料である成分に反応していることも考えられますが、
配合成分がシンプルである石鹸を使用しているのであれば、
生まれつき肌が弱い人でもない限りその可能性は低いでしょう。

 

石鹸での洗顔後、ある程度肌がつっぱるのはしっかり汚れが落とせたということでもあり、
実はそれほど悪い事でもないですし、当たり前のことであると言えます。

それどころか、中和機能によって肌が弱酸性に戻るときに肌が活性化し、
健康な肌をつくることにも繋がるので、石鹸での洗顔はおすすめです。

 

洗顔後のつっぱり感を軽減するには?

それでもやっぱり洗顔後のつっぱり感が気になるという方は、
保湿成分が多く配合されている洗顔石鹸を使用しましょう。

ヒアルロン酸やグリセリンといった良く聞く成分以外にも、
植物エキスなども保湿成分として配合されていることが多いです。

 

また、石鹸は製造過程でグリセリンができますが、
機械で大量生産される時に使われることの多い中和法という製法でつくると、
予めグリセリンを分けてしまうため、全く残りません。

逆に、釜炊き鹸化法などの手間のかかる製法では、
グリセリンが石鹸に残るので、つっぱり感も感じにくいでしょう。

このように、成分だけでなく、製法にも注目して石鹸を選ぶと、
お気に入りの石鹸を見つけることができるはずです。

 

洗顔料での洗顔について

石鹸とは違い、ドラッグストアなどで一般的に販売されている多くの洗顔料は弱酸性です。

肌は皮脂や汗によって弱酸性の状態であり、
弱酸性の洗顔料のほうが刺激も少なく、肌に優しいと思っている方が殆どだと思います。

 

確かに弱酸性は肌への刺激は少ないので、
生まれつき肌が弱い人や赤ちゃんには良いです。

しかし、弱アルカリ性に比べて洗浄力が弱く、
毛穴の汚れを落としきれずに肌トラブルのもとになることもあり、
健康な肌の人には逆効果になる場合もあります。

 

反対に、弱アルカリ性は一時的に毛穴を開き、汚れをしっかり落とすことができます。

そのため、洗顔本来の目的をしっかり果たすことができるだけでなく、
その後に行うスキンケアの有効成分もしっかり届けることができます。

美肌の湯として知られている温泉に弱アルカリ性が多いのもこの為です。

 

また、弱酸性の洗顔料は洗い上がりがしっとりするように感じますが、
これは意図的に油分が配合されているからであり、
その後のスキンケアによる有効成分の浸透も阻害してしまいます。

石鹸での洗顔は、水で洗い流すだけですぐに界面活性力が中和される
という特徴もあるため、
簡単に洗い流すことができます。

長時間の洗顔は良くないですが、
短時間であれば肌への刺激も少なくおすすめです。

 

肌に優しい石鹸洗顔を始めよう!

これらのことからもわかるように、肌を健康な状態に保つことができ、
本当の意味で肌に優しいのは弱アルカリ性である石鹸での洗顔です。

良い石鹸での正しい洗顔は5年後、
10年後もあなたの美しい肌を守り続けてくれるはずです。

最近では石鹸洗顔後のつっぱり感を軽減するために、
保湿成分を多く配合した洗顔石鹸もあるので、
苦手な方はそういった石鹸を選ぶと良いでしょう。

各メーカーから様々な石鹸が販売されているので、
自分に合った洗顔石鹸を見つけるのも楽しいと思います。

洗顔石鹸の選び方や、市販や通販で人気がある石鹸が知りたい方は、
是非こちらの記事も一緒にチェックしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 頬のたるみを引き上げる!効果的な顔のリフトアップ方法10選!

  • ニキビと食生活は関係ある?ニキビ改善に良い&悪い食べ物まとめ!

  • 高級コスメに負けない品質!おすすめのプチプラコスメブランド5選!

  • 摂取方法と摂取量が鍵!ダイエットに良いえごま油の効果、効能!

  • 美しいお肌は洗顔から!おすすめの美白洗顔石鹸ランキング!

  • 顔の産毛を処理すると濃くなる?おすすめの処理方法と注意点!