1. TOP
  2. ダイエット
  3. 納豆を食べて腸内環境を改善!驚くべき納豆菌のパワーとは?

納豆を食べて腸内環境を改善!驚くべき納豆菌のパワーとは?

最近では健康やダイエットに腸内環境の改善が効果的と注目を集めていますが、腸内環境の改善というと乳酸菌やオリゴ糖などが有名です。

しかし、日本を代表する食べ物のひとつである納豆も腸内環境の改善に驚くべきパワーを発揮します。

今回は、そんな納豆の栄養素や効果についてまとめてみました。

Sponsored Link

腸内環境を左右する腸内細菌

腸内には、300種類以上の腸内細菌が住んでいると言われていて、その数はおよそ100兆個にもなります。

腸内細菌には大きく分けると善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌に分けられますが、健康のためには善玉菌と悪玉菌のバランスが重要になってきます。

なぜなら、日和見菌は多い方の菌に味方する特性があり、腸内細菌の7割は日和見菌です。

つまり、残りの3割の腸内細菌のうち、悪玉菌が優勢になると一気に腸内環境は悪玉菌に傾いてしまい、腸内環境が悪化してしまうのです。

腸内環境が悪化すると、便秘や下痢だけでなく、様々な病気の原因にもなるため、そうならないためには食生活を改善し、善玉菌を増やして悪玉菌を減らす必要があります。

悪玉菌が身体に与える影響や腸内環境の改善方法はこちらも参考にして下さい。

健康やダイエットにも効果的!腸内環境を改善する5つの方法!

納豆菌の驚くべきパワー

納豆は御存じのとおり、大豆を発酵させてつくられています。

昔は藁に包んで作られていましたが、この藁に付着していたのが納豆菌で、現在では大豆に納豆菌を添加して納豆が作られています。

この納豆菌は様々な酵素をつくり、腸内環境の改善や血液をサラサラにしたりとその効果が注目されています。

また、納豆菌は過酷な環境においても死滅することなく生き続けることができるため、生きたまま腸まで届きます。

善玉菌の代表とも言える乳酸菌などは、胃酸によって死滅してしまうことも多いですが、生きたまま腸まで届く納豆菌は、腸内で善玉菌を増やし、安定化させる働きがあるため、腸内環境の改善に効果的と考えられています。

ナットウキナーゼが血液をサラサラにする

納豆菌がつくる酵素の代表とも言えるナットウキナーゼは、納豆が発酵する過程でつくられる酵素で、納豆からしかつくられません。

このナットウキナーゼには、脳梗塞や心筋梗塞などの要因となる血栓を溶かす働きがあり、それらの予防に対して注目されています。

また、血流を改善し、血圧も降下させるという研究結果もあることから、様々な生活習慣病の予防効果も期待され、最近ではサプリメントとしても販売されています。

悪玉菌を抑制して腸内環境を改善

善玉菌を増やすだけでなく、納豆菌はズブリチシンなどの抗菌作用のある酵素をつくり、悪玉菌を抑制する働きがあります。

また、納豆菌は善玉菌の代表とも言える乳酸菌と相性も良く、納豆菌と乳酸菌が共存すると、乳酸菌が10倍にも増えたという実験結果もあります。

これらの働きから腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことができるため、腸内環境を効果的に改善することが期待できます。

ビタミンK2が心臓病や動脈硬化を予防

ビタミンKは大きく分けると、野菜や海草などに含まれるビタミンK1と微生物からつくられるビタミンK2があるのですが、納豆菌は、ビタミンK2を多く生成し、納豆は世界中の食品の中でもビタミンK2が多く含まれている食品です。

また、納豆に含まれるビタミンK2はメナキノン-7と呼ばれ、ビタミンKの中で最も栄養価が高いことが最近の研究で分かっています。

ビタミンKは心臓病や動脈硬化を防ぐタンパク質を活性化させる働きがあり、私達の健康には欠かせない栄養素のひとつです。

腸内環境を改善するには?

腸内環境の改善に効果が期待できる納豆ですが、納豆菌は腸内に住む常在菌ではありません。

乳酸菌は生きて腸まで届けることが出来ればそのまま腸内に留まることができますが、納豆菌は食べてから約1週間で体外に排出されてしまうので、定期的に食べ続ける必要があります。

しかし、腸内環境を改善したいからといっても食べ過ぎはよくありません。

納豆は比較的カロリーも高く、食べ過ぎれば太ることも考えられますし、プリン体も多く含まれています。

また、大豆イソフラボンも摂りすぎればホルモンバランスが乱れることも考えられますし、納豆に含まれるセレンも過剰摂取によって中毒症状がでることがあります。

とは言え極端に食べ過ぎなければ問題はなく、1日1パックを継続的に食べるのがおすすめです。

納豆と一緒に食べると腸内環境改善に良い食べ物

納豆はそのまま食べても良いですが、腸内環境を改善するためには納豆以外の栄養素も重要です。

そこで、納豆と組み合わせると効果的な食べ物をいくつか御紹介します。

キムチ

納豆とキムチはどちらも発酵食品で、この2つの組み合わせは比較的良く合うことでも知られていますが、味が美味しいだけでなく、納豆菌によってキムチに含まれる乳酸菌が増幅します。

乳酸菌は、例え生きて腸まで届かなくても善玉菌の餌となるので、腸内環境の改善には効果的です。

また、脂肪燃焼効果が期待されるカプサイシンがキムチには含まれてるのでダイエットにも良いですし、納豆のイソフラボンと組み合わさることで育毛効果も期待できます。

キムチにはニンニクが使われていますが、ニンニクには血栓をできにくくする働きがあるので、ナットウキナーゼの働きと併せて血液をサラサラにしてくれるのでおすすめです。

めかぶ

納豆とめかぶの組み合わせは、実際に便秘が解消されたという口コミもかなり多く、便秘でお悩みの方におすすめです。

納豆についているタレには昆布だしが入っているものも多く、めかぶだけでなくワカメなどの海藻類と相性抜群です。

また、スーパーなどで良く見かけるめかぶもだし入りになっているので、納豆と混ぜれば更にだしの風味が強くなります。

もちろん美味しいだけでなく、めかぶに含まれるフコイダンやアルギン酸といった成分が、便通を促進してくれるだけでなく、腸内のにおい物質を包み込んで体外へ排出してくれます。

腸内のにおい物質は腸肝循環によって体臭や口臭の原因ともなるので、めかぶと納豆を日常的に食べることによってそれらの予防にも繋がります。

オクラ

オクラと納豆はお寿司のメニューとしてもあるくらいで、良く見かける組み合わせです。

オクラにはβ-カロテンやミネラル類が豊富で、納豆のイソフラボンと併せて美肌に必要な栄養素がたくさん摂れるので、特に女性にはおすすめです。

また、オクラには納豆にも含まれるムチンやペクチンといった栄養素も含まれているので、一緒に食べれば腸内環境の改善にも相乗効果が期待できます。

ムチンは熱に弱いので、オクラは生のまま混ぜるか、さっと湯通しする程度で食べるのがおすすめです。

まとめ

日本のソウルフードである納豆は、腸内環境の改善には効果的な食べ物です。

最近では納豆菌が注目されてサプリメントにもなっていますが、どうしても苦手という方でない限り、日本人なら納豆を食べるべきでしょう。

腸内環境は健康やダイエット、美容にも関係しているので、改善するためにも1日1パックの納豆を食べて健康的な毎日を過ごしましょう!

また、腸内環境の改善に効果的なのはもちろん納豆だけではありません。

その他の方法についてもまとめてありますので、こちらの記事も併せてチェックして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!