1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 生理前にお腹が張るのは何で?原因や効果的な解消法まとめ!

生理前にお腹が張るのは何で?原因や効果的な解消法まとめ!

 2017/06/19 美容・健康  

生理前にお腹が張るというのは、
女性ならでは悩みの1つです。

お腹が張るだけでなく、その他には
むくみや頭痛、腰痛などの不調を感じる方もいるようです。

これらはいわゆる生理痛の症状としても
知られていますが、生理中だけでなく
生理前に感じる女性も多いです。

生理が終われば治まる一時的なものだとしても
このような不調を感じながら日常生活を
送るのはつらいですよね。

そこで今回は、生理前にお腹が張る症状を
和らげるための方法や、予防策を御紹介します。

Sponsored Link

生理前にお腹が張る原因と予防策

女性が生理前にお腹が張るのは、
妊娠の準備をするために、エストロゲンや
プロゲステロンというホルモンの分泌量が
多くなることが原因と考えられています。

妊娠の準備をするために、子宮が養分を
蓄えて膨張するので、腸が圧迫されて
お腹に張りを感じる方も少なくありません。

また、これらのホルモンには水分を蓄える
働きがあるため、代謝が低下し、
便秘やむくみ、頭痛などの症状が現れやすくなります。

さらに、腸の働きが悪くなったことが原因で、
悪玉菌が増殖し、老廃物が溜まりやすい
状態になり、腸内にガスも溜まりやすくなります。

このように、お腹が張る原因は多くありますが、
お腹が張る度合いはその時によって違いがあり、
これは、日頃の生活習慣が大きく関係しています。

特に、

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 偏った食生活

などは、腸内環境に大きな影響を与えるため、
生理前に生じるお腹の張りも悪化しやすくなります。

逆に、日頃から規則正しい生活を送り、
適度な運動などをしていれば、
生理前にお腹が張るのを予防したり、
張りを最小限に抑えることもできます。

つまり、生理前に起こる腸内環境の変化にも
負けないように、日頃から健康的な腸内環境を
保つことが一番の予防策なのです。

腸内環境の整え方についてはこちらを参考にして下さい。

 

PMS(月経前症候群)とは?

お腹の張りだけでなく、頭痛やむくみなどの
症状は、通常であれば日常生活が送れなく
なるほどの影響はありません。

実際、殆どの女性が生理前に何らかの
変化を感じてはいますが、特に問題なく
日常生活を送っています。

しかし、人によっては日常生活に影響を
与える程の症状が出る場合もあり、
PMS(月経前症候群)と呼ばれています。

PMSとは、生理前に感じる不快感のことを
いいますが、お腹の張りや頭痛などの
肉体的なことだけでなく、精神的なことも含まれます。

生理前に感じるPMSの症状には、
次のようなことが挙げられます。

  • お腹、乳房の張り
  • むくみ
  • 頭痛
  • 腰痛
  • 眠気
  • イライラ、怒りっぽくなる
  • 抑うつ、不安感
  • 食欲の増進

上記に挙げたものは一例であり、
人によって感じ方や程度は様々です。
基本的には月経が始まれば症状は落ち着きます。

これらの症状がPMSなのか、そうでない
のかを知るためには、日頃から月経の
周期を把握しておくことが大切です。

また、月経周期とは関連性が無い場合や、
生理後も症状が続く場合などは、
PMDD(月経前不快気分障害)
鬱病といった症状が似ている精神疾患の可能性もあります。

日常生活を送るのが困難な場合には、
早めに婦人科などを受診し、専門家に
判断を仰ぎましょう。

 

生理前のお腹の張りを軽減する方法

生理前は血行不良や腸内環境の悪化
によって、ガスが溜まりやすくなっている
ことが原因でお腹が張る場合も多いです。

そんなお腹の張りを軽減するための
簡単な方法をいくつか御紹介します。

 

腸のガス抜きマッサージ

腸の流れに沿ってマッサージをしていくことで、腸内に溜まったガスが抜けやすくなります。

やり方は、

  1. 膝を曲げ仰向けに寝ます
  2. 自分から見て、右の骨盤の上、
    肋骨の下、左の肋骨の下、
    骨盤の上、膀胱の上、の順番で5回ずつ刺激する。

腸の曲がり角にはガスが溜まりやすく、
そこを刺激していくことがポイントです。
分かりにくかった方はこちらも参考にして下さい。

 

腸のガス抜き体操

偏った食生活や不規則な生活習慣によって
動きが鈍ってしまった腸を刺激し、
溜まったガスを出しやすくする体操もあります。

仰向けに寝て片膝を膝を抱え込む
ガス抜きのポーズや、腰を捻って
深呼吸するだけなので、自宅でも簡単に出来て効果的です。

詳しくはこちらの動画を参考にして下さい。

 

軽い運動をする

血行不良を改善するには、軽い運動を
するのが効果的です。

ウォーキングなどの適度な運動は、
腸内の蠕動運動も活発になるので、
便秘などで悩んでいる方にもおすすめ。

特に朝の時間帯にウォーキングを
取り入れることは、自律神経のバランスを
整えるのにも効果的とされています。

生理前のイライラを解消する気分転換
にもなるので、いつもより少しだけ早めに
起きてウォーキングする習慣をつけてみましょう。

 

ぬるめのお湯で入浴する

入浴は身体を温め、血行を良くするために
効果的な方法です。
入浴後にストレッチを取り入れれば、
更にその効果は上がります。

お腹が張る生理前だけでなく、忙しくても
シャワーだけで済ませず、入浴する習慣を
つくりましょう。

少しぬるめの温度でゆっくりつかり、
身体をしっかり温めることがポイントです。

入浴剤などを使用すれば、さらにリラックス
できるので、毎日のバスタイムを効果的に
使うことができますよ。

 

サプリや薬を試してみる

薬局などではお腹の張りを改善する薬も
販売されているので、一度試してみても良い
かもしれません。

しかし、生理前の不快感は定期的に訪れる
ものなので、毎回薬に頼るのは抵抗がある
人も多いと思います。

そんな時には、女性特有の悩みに特化した
サプリメントがおすすめです。

中でもこちらのLサポートは、PMSに悩んで
いる女性にも評判が良く、ハーブだけで
作られているので、身体への負担も少なく済みます。

価格も安く、必要な時に購入できるので、
お財布にも優しいおすすめサプリメントですよ。

 

お腹のはりから考えられる病気とは?

腸内のガスが増えてしまう以外にも、
胃腸が正常に働いていないと腸内から
ガスが排出されにくくなり、お腹が張る原因となります。

腸内ガスの排出低下には、過度な緊張や
ストレスが原因で胃腸の働きが悪くなって
いる場合もあります。

しかし、胃腸に炎症が起こっていたり、
血流障害がある場合、痛みを伴う場合
には病気が原因となっていることも考えられます。

これらのようにお腹のはり以外の症状が
ある場合や、なかなかお腹のはりが
解消されない場合には一度近くの内科や
消化器内科に行くことをおすすめします。

ここでは考えられる病気の一例を御紹介
しますので、生理前だけでなく、お腹の張り
が続いている場合は参考にして下さい。

 

胃炎

日本人に多い胃腸の病気には、急性胃炎と
慢性胃炎があります。

暴飲暴食やピロリ菌の感染、食中毒、ストレス、
アレルギーなど、様々な理由により胃の粘膜が
炎症を起こします。

特に、急にみぞおちが痛むような場合は、
急性胃炎の可能性があります。
お腹の張りだけでなく、下痢や嘔吐、
吐血などの症状を起こす事があります。

慢性胃炎は、その多くがピロリ菌の感染に
よるものだと考えられていますが、ストレスや
薬による胃の粘膜への刺激も慢性胃炎の原因となります。

生理前に頭痛などがあると薬に頼ってしまう
女性も多いと思いますが、頭痛薬を頻繁に
飲むことはなるべく避けるようにしましょう。

ピロリ菌の除菌治療は保険の対象と
なっていて、胃ガンの予防としても効果的と
言われています。

気になる方は、一度専門家に
相談してみることをおすすめします。

 

機能性胃腸症

機能性胃腸症と聞くと馴染が無いかも
しれませんが、比較的女性に多い
胃下垂がこれにあたります。

胃が正常な位置より下がった状態になると、
正常に動かないため、胃もたれやお腹の張り、
便秘、吐き気などの症状が出てきます。

病気ではなく体質によるところが大きい
ですが、食事量を抑えたりすることで
これらの症状は緩和します。

腹筋や良い姿勢を保つことによって
改善できることも多いので、機能性胃腸症
によってお腹のはりを感じる場合は試してみましょう。

 

過敏性腸症候群

慢性的な下痢や便秘を伴うお腹の張りが
続く場合は、過敏性腸症候群の可能性も出てきます。

過敏性腸症候群は検査をしても異常が
見当たらず、原因がはっきり分かっていません。

しかし、ストレスによる刺激が原因で腸の
動きがおかしくなり、下痢や便秘になると考えられています。

これが繰り返されると、腸が少しのストレスにも
過敏に反応し、生活に支障が出る場合もあります。

心当たりがある方は、早めに専門家の診断を
受けた方が良いでしょう。

 

腸閉塞

腸閉塞は何らかの原因によって腸が
詰まってしまうことで起こり、お腹の張りや
嘔吐、腹痛などの症状が出ます。

便秘が長く続くことによって起こる場合も
ありますが、ガンなどが原因の場合もあるため、
早めに原因を特定することが大切です。

普段から便秘気味の方であっても、
いつもより便秘の期間が長かったり、
吐き気などがあった場合は早めに病院へ行きましょう。

 

大腸がん

大腸がんの初期は、あまり自覚症状がない
ことが多く、進行するとお腹の張りや下痢、
便秘などの症状が出ることがあります。

早期に発見できれば治る確率も高いことから、
定期的に検診を受けておくことが大切です。

 

肝炎や膵炎など

肝炎や膵炎など、胃腸以外の臓器が炎症を
起こしている場合にもお腹の張りを感じることはあります。

この場合は症状が更に多岐にわたりますが、
身体に何らかの異常を感じたら早めに病院へ行きましょう。

 

お腹の張りは、単に腸内ガスのバランスが
取れていないことが原因の場合も多いですが、
病気が隠れているケースも少なくありません。

ですから、症状が続く場合は軽視せず、
早めに病院で診察を受けた方が安心です。

 

まとめ

生理前のお腹のはりは女性特有の症状であり、
不快感から悩みを持っている方も多いと思います。

日頃の生活習慣や食生活を見直し、
ウォーキング程度の軽い運動でも良いので、
積極的に身体を動かしていくことが改善には効果的です。

それでもお腹のはりが改善しない場合や、
月経周期と関係無いお腹の張りが続く場合、
重大な病気が隠れている可能性もあります。

安易に自己判断せず、早めに医師による
診断を受けるようにしましょう。

また、女性に多い便秘によるお腹のはりで
悩んでいる方も非常に多いです。

便秘の解消には悪玉菌を減らし、
善玉菌を増やすことによって、
腸内環境の改善をすることが最も効果的です。

便秘に悩まされている方は是非こちらの記事もチェックしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • シャンプーするだけで簡単!今人気の白髪染めシャンプーの効果とは?

  • 多くの人が勘違いしている!?サプリメントの効果とは?

  • 肌の乾燥対策に使える!保湿力が優秀な人気のプチプラアイテム9選!

  • 乾燥肌のかゆみの原因は?かゆみを止める方法と治し方まとめ!

  • 塩水洗浄は危険だった!実践したやり方と効果や危険性について!

  • あごやフェイスラインの大人ニキビにはメルラインがおすすめの理由!