1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 乾燥肌の原因と改善に効果的な5つの対策
Sponsored Link

乾燥肌の原因と改善に効果的な5つの対策

最近では若いうちから乾燥肌に悩まされている女性も多くなっています。

特に冬が近づくにつれて乾燥がひどくなり、
肌のハリがないことに気付いたり、シワが目立つようになっていることに気付いたりする女性も多いはずです。

さらに、肌の乾燥によって敏感肌になってしまい、肌荒れに悩まされている女性も多いでしょう。

肌の乾燥はシワの原因になるとも言われていますし、できることなら早めに改善したいですよね?

そこで今回は、乾燥肌の原因と効果的な5つの対策についてまとめました。

また、乾燥肌はニキビもできやすいため、繰り返しできるニキビに悩んでいる方も多いかもしれません。

その場合は、『大人ニキビは肌の乾燥が原因!乾燥肌のニキビを早く治す方法とは?』を参考にして下さい。

Sponsored Link

乾燥肌の原因

肌の角質層にはもともと水分を保持する効果があり、
アレルゲンや紫外線から肌を守ることができます。

そのため、正しいスキンケアを行っていれば、
そこまで肌が乾燥してしまうことはないとされているのですが、
実際には乾燥肌で悩む女性が多いのはなぜでしょうか?

乾燥肌の原因として考えられるものをまとめてみました。

加齢

角質層の水分量を維持している皮脂や天然保湿因子(NMF)、細胞間脂質は、残念ながら加齢によって減少してしまいます。

これらの役割を簡単にまとめると、

皮脂は汗と混ざって皮脂膜となり、角質が剥がれ落ちるのを防ぐ効果や肌から水分が蒸発するのを防ぐなどの効果があります。
つまり、肌の滑らかさを保つ効果もあるということです。

天然保湿因子はアミノ酸やミネラル、尿素などによって構成されており、
水分を吸着して角質層に保持し、肌の柔軟性と弾力性を保つという働きを担っています。

細胞間脂質は、セラミドや遊離脂肪酸、コレステロールなどによって構成されています。
角質細胞同士の隙間を埋めており、外部からの刺激や体内の水分の過剰な蒸散を防ぐという働きがあります。
保湿要素の約80%を占めており、肌の水分を保持する上で最も重要な要素となっています。

また、真皮層の保湿成分であるコラーゲンやヒアルロン酸も加齢によって減少してしまうため、何もしなければ乾燥肌に悩まされることになってしまうでしょう。

これらを防ぐためには若い頃からエイジングケアを行っていくことが重要で、まだ大丈夫だと思っていると後で後悔することになるかもしれません。

詳しくは、こちらを参考にして下さい。
何歳から始めるべき?いつまでも若くいたい方のエイジングケア方法!

間違ったスキンケア

最近では若い頃から乾燥肌に悩まされる女性も増えていますが、
その原因として考えられるのが間違ったスキンケアによるものです。
特に洗顔は大きな原因となりうるので、一度洗顔方法について見直してみましょう。

正しい洗顔方法はこちら

普段から美容のためにスキンケアを行っている人も多いと思いますが、
間違ったスキンケアをつづけた場合、肌の保湿能力を低下させてしまいますし、結果として乾燥肌になってしまいます。

乾燥肌で悩んでいる人のほとんどは病気などが原因というわけではありませんし、間違ったスキンケアによって乾燥肌になってしまうケースが一番多いです。

新しい美容法などが次々と出てきますが、取り入れる前にその信憑性などについてはしっかりと調べておきたいところです。

食生活

食事は肌に必要な栄養を届けるためにも重要であり、バランスの良い食生活を送ることが肌の健康にも繋がります。

しかし、最近では食生活の欧米化によって肉を食べる機会が増えてしまい、結果的に栄養バランスが崩れがちになっています。

また、極端なダイエットや乱れた食生活により、10代や20代でも肌の乾燥に悩む人が多くなっています

肌の乾燥を防ぎたいという場合、バランスのとれた食事を心掛けるだけでなく、加工食品やファストフードなどはできるだけ避けた方が無難です。

生活習慣

生活習慣も肌の乾燥の原因になると言われており、睡眠不足や過度のストレス、入浴方法などには注意しましょう。

肌の乾燥を防ぐためには適度な睡眠を取ることが大切で、質の高い睡眠はストレスを軽減させます。

ストレスは肌だけでなく、身体全体に影響をあたえるので、あまり溜め込みすぎないように上手く発散するための方法を知っておくと良いでしょう。

ストレス解消法は色々と言われていますが、やりたくないことを無理にやるのではなく、自分の好きなことに取り組むことが良い息抜きになるはずです。

また、入浴方法も乾燥肌の原因のひとつで、熱すぎたり、長すぎる入浴は避けるようにしましょう。

乾燥肌の改善に効果的な5つの対策

乾燥肌が原因で肌に痒みが発生してしまうこともあり、できることなら改善したいですよね?
爪などで搔いてしまうと角質層を傷つけてしまうことになりますし、肌のバリア機能も低下してしまいます。

結果として乾燥肌がさらにひどくなりますし、皮膚に痒みの元となった物質を刷り込んでしまうことになります。
さらに痒みが増してしまうこともあるため、できるだけ痒みを我慢することが大切です。

そんな乾燥肌を改善したい方のために、5つの効果的な対策方法を御紹介します。

クレンジングを変える

1つ目の対策は、普段使用しているクレンジングを変えるということです。

基本的には刺激の少ないクレンジング剤を使うのが良く、目元だけではアイメイクリムーバーなどの専用クレンジング剤を使うようにしましょう。

アイメイク用の化粧品はもともと水に強く作られていることが多く、
刺激の少ないクレンジング剤ではしっかりとメイクを落とせないこともありますし、強くこすったりする原因となってしまうからです。

また、クレンジングは肌への刺激となるため、できるだけ素早く行うようにすることが大切です。
肌への負担を最小限に抑えるためにも、目元などのメイクは事前に落としておき、クレンジング剤が肌に触れる時間を短縮しましょう。

生活習慣の改善

2つ目の対策は、乾燥肌の原因となる生活習慣を改善することですが、
先にも触れたように、睡眠不足の解消やストレスを溜めすぎないことは非常に重要です。

肌の新陳代謝(ターンオーバー)は寝ている間に行われるため、睡眠が不十分だとターンオーバーが乱れる原因にもなります。

美肌のためにも、一日6時間以上は睡眠をとれるように生活習慣を改善していきましょう

また、それ以外にも、正しく入浴することやエアコンを浴びすぎないこと、室内の乾燥を防ぐために加湿器を使ったり、こまめに水分補給を行うことなども重要です。

職場の環境などは改善が難しい場合もあるかもしれませんが、せめて自宅の環境は気を付けるようにしましょう。

ちなみに、入浴するときのお湯の温度は40℃以下にし、15分以上湯船につからない方が良いそうです

短時間で身体を温めるために、入浴剤などを使用するのもおすすめです。

好きな香りや見た目で楽しむことでストレス発散にもなるので、お気に入りの入浴剤を探してみましょう。

参考:プレゼントにもおすすめ!女性に人気の入浴剤ブランドまとめ!

効果的な化粧水を選ぶ

3つ目の対策は、乾燥肌の改善に効果的な化粧水を使うということです。

乾燥肌の方は細胞間脂質や天然保湿因子(NMF)が減少している状態で、
それらを補う化粧水や生成を促進する成分が入っている化粧水を使うことが重要です。

肌の水分を保持するために必要なセラミドやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体などが入っているものを選ぶと良いでしょう。

また、洗顔後はすぐに化粧水で保湿することが大切なのですが、
化粧水を使う時はコットンではなく手でつけた方が刺激を少なくすることができます。

さらに、化粧水や美容液だけで肌がしっかり保湿される場合は必要ないですが、
乾燥肌が悪化している場合は、皮膚科でも処方されるワセリンで蓋をしてあげると効果的です。

乾燥肌に良い食べ物を食べる

4つ目の対策は食生活を改善することですが、
まず乾燥肌を改善するために摂取すると良い栄養素を知っておきましょう。

ビタミンAには皮膚や粘膜の潤いを維持する働きや、新陳代謝を活性化するなどの働きがあります。
レバーやウナギ、アナゴ、サバ、イワシ、乳製品、卵、海苔、ワカメなどに多く含まれているため、しっかり摂取すると良いでしょう。

さらに、豚肉やレバーなどに含まれるビタミンBには新陳代謝を活発にする働きがありますし、野菜やフルーツに含まれるビタミンCには肌のコラーゲンの生成を促す作用があります。

他にもビタミンEや亜鉛などが肌に良い栄養素と言われており、これらがしっかり摂れるバランスのとれた食生活を心がけましょう。

反対に、加工食品やアルコールなどには注意が必要で、摂りすぎると乾燥肌を悪化させる原因になります。

また、水分補給も乾燥肌の予防や対策に重要と言われており、食事から摂取する水分とは別に1日1.5~2Lの水分を摂取するようにしましょう。

その際にはできるだけ温かい飲み物を飲むことや、水分を一気に摂らないことなどもポイントです。

洗顔料選び

5つ目の対策は、洗顔方法や洗顔料を見直すことで、これが最も効果的で重要なことかもしれません。

まず、洗顔方法ですが、ゴシゴシと擦らずに優しくなでるように洗うのが基本です。

そのためにも、洗顔料を事前に泡立てておく必要がありますが、苦手な方はネットを使っても良いでしょう。

また、朝は皮脂を流しすぎるのを避けるために、ぬるま湯だけで洗うという方法もあります。

しかし、寝る前に美容液やクリームなどを塗っている場合、
寝ている間に分泌された皮脂が酸化してしまうこともありますし、朝に塗る化粧水の成分がしっかりと肌に浸透しなくなってしまうこともあります。

これについては、朝に洗顔料は不要?自分の肌に合わせた正しい朝洗顔の方法とは?にも詳しくまとめてあるので参考にして下さい。

夜は入浴時に洗顔するという方も多いかもしれませんが、
入浴中の洗顔のポイントは、肌に何もつけていない状態が続くのを避けるということであり、入浴中は特に皮脂が流れやすく、肌が乾燥しやすいので注意が必要です。

乾燥肌を改善したいという場合、顔は一番最後に洗った方が良いとされています。
メイクをしていると最初に洗いたくなるかもしれませんが、入浴中は最後に顔を洗って入浴後すぐに保湿することが大切です。

洗顔後は肌に何も付けていない状態であり、皮脂が流れ出した後なので乾燥しやすくなっています。
できるだけすばやく保湿するという意味では、浴室に化粧水やクリームを持っていくという方法もおすすすめです。

湿度の高い浴室で保湿すれば肌を乾燥させる時間が短くなりますし、脱衣場に出てからケアするよりもきちんと保湿できるようになります。

次に、洗顔料の選び方ですが、洗顔料より刺激の少ない洗顔石鹸がおすすめです。

なぜなら、多くの洗顔料は洗浄力の強い合成界面活性剤を使用しており、肌への刺激も強く、皮脂を必要以上に落としてしまうからです。

洗顔石鹸であれば、必要以上に皮脂を落とすこともなく、乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使用できます

安いものから少々高いものまで色々ありますが、乾燥肌に悩んでいるのであれば、保湿成分が多く配合された洗顔石鹸を選ぶと良いでしょう。

おすすめの洗顔石鹸については、下記の記事にまとめてあるので参考にして下さい。

まとめ

乾燥肌は、加齢や間違ったスキンケア、生活習慣などが原因になりますが、正しいケアを早めに行えば改善できます。

特にスキンケアが原因で乾燥肌を引き起こしているケースが多いので、一度化粧水や洗顔料を変えてみることをおすすめします。

また、エイジングケアは始めるのが早ければ早い程効果的で、5年後、10年後にやってて良かったと思うはずです。

何から初めて良いかわからないという方も多いと思うので、宜しければ下記の記事も参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 高級コスメに負けない品質!おすすめのプチプラコスメブランド5選!

  • シミ対策にはコレ!有効成分配合のおすすめ美白化粧水5選!

  • 口コミで人気のお茶はコレ!プーアール茶のダイエット効果とは?

  • 悪玉コレステロールを下げるには?改善策と予防法まとめ!

  • 敏感肌におすすめ!低刺激で肌に優しいファンデーション15選!

  • 野菜高騰の今こそ食べたい!安くても栄養価の高いスプラウトの魅力!