1. TOP
  2. 美容・健康
  3. なかなか治らないフェイスラインにできた大人ニキビの原因と治し方

なかなか治らないフェイスラインにできた大人ニキビの原因と治し方

子供の頃からニキビに悩まされている方もいれば、大人になってからニキビができやすくなったという方も多いと思います。

特に大人になってからできやすいのが、あごや口元などのフェイスラインにできる大人ニキビです。

これは子供の時に出来ていたニキビとは原因が異なるため、今までの治し方ではなかなか治らないだけでなく、せっかく治ってもまたすぐに出来てしまうことも多いのではないでしょうか?

大人ニキビを治すためには原因を知り、改善していくことが重要です。

そこで今回は、大人ニキビが出来る原因と治し方や、効果的な化粧品の選び方について御紹介します。

Sponsored Link

思春期ニキビと大人ニキビの違い

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_m

まず、同じニキビでも思春期ニキビと言われるものと、大人ニキビと言われるものがあり、その原因や場所によって2つに分けられています。

思春期ニキビとは?

思春期ニキビは、鼻やおでこ等のTゾーンや頬などに出来るニキビで、皮脂の分泌が過剰になる10代に出来やすいニキビです。

10代は成長ホルモンによって皮脂腺が刺激され、皮脂が多く分泌されるので毛穴が詰まりやすく、その結果、毛穴が詰まることによってアクネ菌が繁殖し、ニキビができやすくなってしまいます。

20代頃になるとホルモンのバランスも安定してくるので、思春期ニキビは次第にできなくなってきます。

大人ニキビとは?

大人ニキビとは20歳以上の方がなりやすく、あごや口元などのフェイスラインに出来やすいと言われており、思春期ニキビに比べて原因が多岐に渡ります。

睡眠不足や偏った食生活、睡眠不足やストレス、化粧品などのスキンケアなど、様々な原因があると言われていますが、肌のターンオーバーが深く関係しています。

ターンオーバーは通常約28日の周期で行われ、肌の古い細胞と新しい細胞が入れ替わるのですが、この周期が乱れることによって古くなった角質が溜まり、毛穴が詰まりやすくなってしまい、大人ニキビの原因になってしまいます。

大人ニキビの特徴

大人ニキビは、肌の状態を整えなければ毛穴が再度つまり、再発しやすいという特徴があります。

また、あごの裏側などにできた場合は、衣服の摩擦などによって炎症が悪化し、治りにくかったりします。

肌のターンオーバーの低下などによって発生する大人ニキビは、思春期ニキビと違い、ニキビ跡になりやすいので、再発防止のために肌の代謝を上げ、跡が残らないようにする必要があります。

ターンオーバーの整え方はこちら

大人ニキビができる8つの原因

113ca879fcba8c7ef268377b9db6e28c_m

大人ニキビができる原因には様々なものがあるため、肌の総合的なケアが必要となります。

まずは、大人ニキビの原因について1つずつ詳しく見ていきましょう。

原因①生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れとは、主に食事や睡眠です。

揚げ物やインスタント食品などの栄養の偏った食事は、皮脂を過剰に分泌させ、大人ニキビができる原因となるので注意しましょう。

また、しっかりと睡眠を摂ることは肌にとって非常に重要です。

なぜなら、肌のターンオーバーは睡眠中に行われており、睡眠不足の場合はターンオーバーが十分に行われなくなってしまいます。

特に22時〜2時の間はゴールデンタイムと呼ばれており、その時間に眠っていることが良いとされています。

仕事や家事、育児などもあり、22時までに寝るというのはなかなか難しいとは思いますが、少なくとも6時間以上は睡眠を摂り、バランスの良い食生活を心掛けるようにしましょう。

原因②肌の乾燥

肌の乾燥も生活習慣の乱れと同じく、大人ニキビができる大きな原因のひとつです。

乾燥肌の場合は皮脂が少なく、毛穴が詰まりにくいからニキビができにくいと思っている方も多いですが、それは大きな間違いです。

乾燥すると肌が厚く、堅くなってしまうことによって毛穴も細くなり、その結果として毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができる原因となります。

ニキビが出来るのを予防するためには、化粧水やクリームなどによってしっかりと保湿をすることが重要です。

原因③紫外線

外に出ることが多く、日焼け止めなどの対策を怠ると、日焼けしてしまい、肌にダメージを与えます。

紫外線を多く浴びることによって活性酸素が発生し、皮膚の酸化や老化の原因や、大人ニキビの原因となります。

紫外線は夏などの日差しが強い時期だけでなく、1年中降り注いでいるため、外出する時にはしっかりと紫外線対策をすることが重要です。

原因④過剰な洗顔

肌の汚れを落とし、清潔にすることはニキビの予防だけでなく、その他の肌トラブルを予防することにも繋がります。

しかし、過剰な洗顔は必要以上に肌の油分が取り除かれ、皮脂が過剰に分泌がされてしまい、逆効果になることもあります。

洗顔は朝と夜の2回の程度にし、皮脂が元々少ない方などは、朝は洗顔料を使わずに洗顔するなどして、皮脂の落とし過ぎに注意しましょう。

また、洗顔料によっても洗浄力は変わってくるため、自分に合った洗顔料を使うことで大人ニキビを予防することにも繋がります。

特に肌が敏感な方や、乾燥肌の方は洗顔料の選び方に気を付けましょう。

敏感肌や乾燥肌におすすめの洗顔石鹸

原因⑤メイク

長時間のメイクは皮脂と酸化した油分が混ざり、毛穴に詰まって塞いでしまうので、大人ニキビの原因になります。

特に油分の多いファンデーションを使用している方は注意が必要で、帰宅したらすぐにメイクを落とし、メイクをしている時間をなるべく短くしましょう。

大人ニキビ対策のひとつとして、毛穴を塞がずにニキビができにくいと言われる、ノンコメドジェニックタイプというものがあります。

大人ニキビができやすい方は、ベースメイクなどのファンデーションをそういったものに変更してみるのも効果的です。

原因⑥ストレス

ストレスは美容の大敵だというのは良く言われていることですが、大人ニキビにもストレスは深く関係しています。

なぜなら、ストレスを感じると男性ホルモンやノルアドレナリンが発生し、皮脂の分泌を促してしまうからです。

ストレス反応が続くと、脂性肌の原因になったり、毛穴が収縮して汚れや皮脂が詰まりやすくなるので、大人ニキビができやすい原因になります。

リラックスするよう心掛けたり、適度な運動などを取り入れ、ストレスを溜め込まないようすることが重要です。

原因⑦便秘

便秘も大人ニキビと深く関わりがあります。

大人ニキビは体内のバランスが崩れているサインのひとつであり、月経前にニキビが良くできるという方もホルモンバランスの乱れが影響しています。

便秘によって腸内環境が悪くなり、腸内のバランスが崩れると、色々な悪影響を体中に与えるため、大人ニキビの原因になります。

普段から便秘気味の方は、食事や生活習慣を見直し、便秘解消をすることによって、大人ニキビができやすい状態を改善することに繋がります。

腸内環境を改善する5つの方法

原因⑧運動不足

適度な運動をすることによって血行が良くなり、肌のターンオーバーも活性化されます。

逆に運動不足だと、ストレスや睡眠不足、便秘などの原因となり、ターンオーバーが正常に行われない原因に繋がります。

少しの時間でもいいので、運動を積極的に取り入れるようにしましょう。

大人ニキビの治し方

730b6a9aef363a37d5149878f964a9f1_m

大人ニキビの原因を見ていただくとわかるように、思春期ニキビと違い、原因が多岐に及んでいます。

思春期ニキビは洗顔やニキビ用化粧品などを使って、毛穴の汚れを取り除き、清潔するなどのシンプルな方法で、意外とすぐに治ったりします。

しかし、大人ニキビには思春期ニキビのようにシンプルな治療はなく、なかなか治らなかったり、治ったと思ってもまたすぐに再発したりと長期化することが多いです。

特に注意が必要なのはニキビ用化粧品の選び方です。

殺菌作用の高いものは同時に脱脂作用も強く、思春期ニキビには効果を発揮しますが、大人ニキビに使うと症状が悪化することにもなりかねません。

これは大人ニキビには肌の乾燥が原因となっている場合が多いためで、ニキビ用化粧品を選ぶ際も、保湿力が高いものを選ぶようにしましょう。

実際に、大人ニキビ用の化粧品は保湿力を謳っているものが多く、保湿しながら長期的に肌を健康な状態に戻していきます。

このように、大人ニキビと思春期ニキビでは、治し方も大きく異なります。

この違いを理解していないと、間違ったケアを行ってしまったり、大人ニキビ用の化粧品に即効性を求めてしまい、すぐに使用を中止してしまいがちです。

無理なくある程度の期間は使用し続けることができるものを選ぶことが大切です。

おすすめの大人ニキビ用化粧品はこちら

 

フェイスラインに大人ニキビができる3つの原因

CRI_IMG_6067_TP_V

思春期ニキビと大人ニキビの違いについてや、大人ニキビができる原因と治し方についてまとめてきましたが、なぜフェイスラインにばかりできてしまうのでしょうか?

ここからはフェイスラインに大人ニキビができやすい原因と治し方のポイントを御紹介します。

ターンオーバーの乱れ

大人ニキビの原因で御紹介したような様々なことや、加齢によってターンオーバーが乱れると、古い角質で毛穴が詰まりやすくなり、大人ニキビの原因となります。

また、肌のターンオーバーが低下し、バリア機能が低下することによって、肌の乾燥を招き、より一層大人ニキビができやすい状態を作ってしまいます。

これらの原因によって、肌の角質が堅く、厚くなってしまうと、ニキビがなかなか治らない原因にもなってしまいます。

フェイスラインは他の部分と比べて乾燥しやすい

おでこから鼻にかけてのTゾーンと違い、汗腺が少ないあごやフェイスラインは、汗をかきにくく乾燥しやすい場所になっています。

この肌表面の乾燥によって、肌の内側も乾燥し、インナードライ状態を引き起こします。

肌はそれを戻そうと皮脂が過剰に分泌する為、乾燥によって細くなった毛穴が詰まり、大人ニキビの原因になってしまいます。

フェイスラインは毛穴が小さく皮脂が詰まりやすい

Tゾーンなどと比べると、あごやフェイスラインは元々毛穴が小さく、皮脂が詰まりやすいのも原因です。

皮脂が詰まってしまうと、皮脂を外に出せずに中で溜まってしまい、大人ニキビの原因や悪化に繋がってしまいます。

ただでさえ詰まりやすいのに、乾燥によって毛穴が細くなっていれば余計にニキビができやすくなってしまいます。

フェイスラインの大人ニキビを改善する2つのポイント

0da6a0afaa96245d551126e97c8f6bca_m

フェイスラインの大人ニキビを改善し、繰り返しできないようにするためのポイントは、『生活習慣を改善すること』と『スキンケアを見直すこと』です。

生活習慣の改善

日常生活における生活習慣の乱れはホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーが乱れる原因となります。

食事ではニキビに良くない揚げ物やお菓子などの油っぽいものや、香辛料などの刺激物は控えましょう。

皮脂の分泌を抑え、ターンオーバーを促進するビタミンBは大人ニキビ対策に効果的なので、積極的に摂取することをおすすめします。

参考:ニキビに良い食べ物、悪い食べ物まとめ

また、睡眠不足は肌に多くの悪影響を与えるため、しっかりと睡眠をとることは大人ニキビの予防に繋がります。

できるかぎり毎日最低6時間は睡眠をとるようにし、肌のターンオーバーを促進してあげましょう。

大人ニキビが繰り返しできないようにするためには、上記のような肌に悪影響を及ぼす習慣を排除し、良い影響を与える習慣を取り入れていくことが必要です。

スキンケアの見直し

毎日行うスキンケアも一度見直してみましょう。

特に洗顔は注意が必要で、ニキビに悩む方の多くが汚れや皮脂の過剰な分泌が原因だと思い、つい洗いすぎて肌の乾燥を招いてしまいます。

良かれと思ってやっていることも、間違ったケアをしていると、逆にニキビを悪化させたり、増やしてしまう原因になりかねません。

フェイスラインにできる大人ニキビの原因は、乾燥が原因になっていることが多いので、洗いすぎに注意し、洗顔後はしっかりと保湿しましょう

また、保湿クリームや洗顔料に含まれる添加物が肌へ刺激を与え、ニキビを更に悪化させてしまうこともあります。

添加物の少ないものや、無添加のものなど、肌に刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

スキンケアの見直しに関連する補足として、直接肌に触れるタオルや枕カバー、メイクに使うスポンジやパフなどは意外とニキビの原因になったりします。

それらのものは交換頻度を上げ、肌を清潔に保ちましょう。

 

大人ニキビに効果的な基礎化粧品の選び方

86ef466d70eaee3c223da5ce6fde2a1a_m

生活習慣は長年繰り返すことによってできていることが多く、すぐには改善できない方も多いでしょう。

その場合は、日々使っている基礎化粧品を大人ニキビに効果的なものに切り替えてみましょう。

大人ニキビの予防や改善に重要なのは角質層のケアであり、角質層をしっかりケアできる基礎化粧品を選ぶためのポイントを3つ御紹介します。

保湿成分

若い時にできたニキビは、ビフナイトなどを使って乾燥させることによって治していた方も多いでしょう。

しかし、大人ニキビの場合は、乾燥させてしまうと角質層が堅くなり、毛穴を塞いでしまうため、ニキビができやすい温床をつくってしまうことになり、かえって逆効果になります。

大人ニキビは油分を抑えると同時に、保湿もしっかりと行うことが非常に重要ですので、日頃から肌を保湿しながらニキビ対策を心掛けてください。

保湿成分にも色々ありますが、最も保湿に有効な成分はセラミドです。

ビタミンC

ビタミンCには、大人ニキビの改善に必須とも言える、皮脂と炎症の2つを抑える働きがあるので、ビタミンCが配合されているかは必ずチェックしてください。

特におすすめなのが、肌に浸透しやすくなっているビタミンC誘導体が配合されているものです。

ピーリング成分

ニキビ対策に有効なのが、古い角質を剥がし、毛穴が詰まりにくくなるピーリングです。

しかし、ピーリングは肌へ刺激となる場合があるので、敏感肌の方や乾燥肌の方は避けた方が良いでしょう。

ピーリング成分として、AHAやサリチル酸などが入っているかをチェックし、肌に優しいミルクかジェルタイプのものがおすすめです。

まとめ

大人ニキビと思春期ニキビでは、その原因や対策も違ってきます。

大人ニキビはその性質から長期化するため、悩んでいる方も多いでしょう。

間違った知識でケアを行ってしまうとニキビを悪化させてしまうので、その原因や治し方の違いを理解することが非常に重要です。

最近では大人ニキビに有効な基礎化粧品もたくさん出ているので、日頃の生活習慣を見直していくのと同時に、そういったアイテムも上手く取り入れて改善に役立てて下さい。

中でもメルラインは私もしばらく使用していましたが、大人ニキビが殆どできなくなりました。

メルラインについては下記の記事にまとめてあるので、大人ニキビに悩んでいる方は一度チェックして見て下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!