1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 鼻の毛穴パックに潜む意外な落とし穴!正しい使い方と注意点!
Sponsored Link

鼻の毛穴パックに潜む意外な落とし穴!正しい使い方と注意点!

鼻の毛穴に詰まった角栓と汚れは、意外と目立ちますよね。

そんな鼻の毛穴汚れを取るために、毛穴パックを使っている人も多いのではないでしょうか?

確かに毛穴パックは、鼻に貼るだけで汚れをすっきり落としてくれる便利なものです。

しかし、使い過ぎや間違った方法で毛穴パックをしてしまうと、

肌に負担がかかってしまったり、肌トラブルの原因になってしまいます。

そこで今回は、鼻の毛穴パックの正しい使い方や注意点をまとめてみました。

毛穴パックの効果を引き出すためにも、是非参考にしてくださいね。

Sponsored Link

毛穴パックの種類

鼻に使用する毛穴パックには、大きく分けると貼るタイプと塗るタイプの2種類に分かれます。

貼るタイプの毛穴パックはシートを鼻にはり、シートが角栓を吸着して取り除きます。

吸着力が強く、毛穴に詰まった角栓がゴッソリと取れるのが特徴です。

しかし、シートを剥がすときに必要な皮脂や角質まで取り除いてしまうこともあり、

肌への負担は大きいと言えるでしょう。

 

一方で塗るタイプの毛穴パックは、ジェルやクレイパックなどの吸着性のある薬剤で角栓を取り除きます。

シートタイプに比べれば吸着力は弱いですが、肌への負担はこちらの方が少ないでしょう。

鼻以外にも使用できるのも特徴で、使用後はそのまま洗い流しますが、

すすぎ残しは肌トラブルの原因となるので、念入りにすすぐ必要があります。

 

鼻に貼るシートタイプの毛穴パックは使っちゃダメ?

特に吸着力が強力なシートタイプの毛穴パックは、

使用すると毛穴が開いてしまい、毛穴汚れがさらに目立つようになったり、

イチゴ鼻の原因になるという話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

確かに、鼻の毛穴に詰まった角栓を無理やり引き抜くのですから、

毛穴に負担がかかるのは間違いありません。

 

しかし、シートタイプの毛穴パックだからこそのメリットもあります。

さらに、正しい使用方法と使う頻度を守れば、毛穴にかかる負担を最小限に抑えることもできます。

一概に使用してはいけないと決めつける必要はありませんので、

まずは毛穴パックのメリットとデメリットを見てみましょう。

 

毛穴パックのメリット

日頃から使用している方は御存知かと思いますが、

まずは、シートタイプの毛穴パックにあるメリットを御紹介します。

 

鼻の毛穴汚れの原因「角栓」をごっそり取ってくれる

「鼻のザラザラ感がなくなる!」

「角栓がゴッソリ取れて気持ちがいい!」

と鼻の毛穴パックにハマる人も多いと思います。

 

シートタイプの毛穴パックをはがした後に見てみると、

一面に白い小さな塊のようなものがくっついていますよね。

あれは、鼻の毛穴に詰まった「角栓」というものです。

 

角栓は、角質と皮脂が固まってできたもので、

日頃から洗顔でしっかり落とせていないと詰まってしまいます。

さらに、この角栓に汚れが混ざると、黒く見えて余計に毛穴が目立ちます。

 

シートタイプの毛穴パックは、この詰まった角栓をごっそり取ってくれる効果が魅力です。

その結果、毛穴の黒ずみが消え、キレイな鼻を手に入れることができるというメリットがあります。

 

鼻の表面の角質や皮脂も取ってくれる

毛穴パックは、鼻の表面にある古い角質や不要な皮脂も取り除いてくれます。

基本的に古くなった角質は自然に剥がれ落ちるはずですが、

肌のターンオーバーが乱れていたりすると残ってしまいます。

古い角質や不要な皮脂は角栓を作る原因にもなりますから、

毛穴パックで角栓の生成を予防することもできます。

 

短時間で簡単に使用できる

毛穴パックの魅力は、何といっても短時間で簡単に使用できることです。

シートタイプの毛穴パックであれば、鼻を水で濡らしてパックを鼻に貼るだけです。

あとは毛穴パックが乾いたらはがすだけ、という簡単な方法で毛穴ケアをすることができます。

日常生活のすき間時間で、サクッとできてしまうところが良いといえますね。

 

毛穴パックのデメリット

毛穴パックには、上記のような色々なメリットがある一方、デメリットも存在します。

後程このデメリットを軽減する方法も御紹介しますが、

まずはどんなデメリットがあるのか知っておきましょう。

 

肌トラブルを起こす可能性もある

毛穴パックをはがす時、ちょっと痛みを感じることはないでしょうか?

これは、毛穴パックが毛穴に詰まった角栓を強い吸着力で取り除くためです。

このため、鼻が赤くなってしまったり、かゆみが生じてしまったりと、

肌への負担が大きく、トラブルの原因となる可能性もあるのです。

敏感肌などの方はトラブルが起きやすいので、できるだけ避けた方がよいでしょう。

 

角栓が溜まりやすくなる可能性がある

シートタイプの毛穴パックは、

毛穴に詰まった角栓を引き抜くため、この時に毛穴が広がることになります。

開いた毛穴は、数日経てば毛穴パックをする前の状態に戻るので、

毛穴が広がり続けるといったことはありません。

 

しかし、毛穴パックを頻繁に行ってしまうと、

当然のことながら毛穴が広がり続けることになります。

この結果、角栓が溜まりやすくなる可能性が出てくるのです。

 

また、そもそも毛穴に角栓が溜まる原因は、

日頃の洗顔で皮脂や汚れを落としきれていない場合が多いです。

そのため、洗顔方法や洗顔料を見直さなければ、

毛穴パックでせっかく取り除いても、毛穴にまた汚れや皮脂が溜まってしまいます。

 

必要な角質や皮脂が取り除かれてしまう

「角質や皮脂はいらないもの」と思いがちですが、中には必要な角質や皮脂もあります。

もともと角質は、肌を外からの刺激を守ってくれるためにあるものだからです。

 

また、肌の皮脂が少ないと、肌にうるおいがなくなり、乾燥してしまいます。

角質や皮脂は、キレイな肌を保つためにも必要なものなのですが、

毛穴パックは、そんな必要な角質や皮脂まで取り除いてしまう可能性が高いです。

その結果として、皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすくなるとも言われています。

 

「毛穴パックには、こんなデメリットがあったんだ…」と驚いた人もいるかもしれませんね。

しかし、ここまでに御紹介した3つのデメリットは、

「毛穴パックを正しく使わない」と生じる可能性があることです。

つまり、毛穴パックを正しく使えば、このようなデメリットを防ぐこともできます。

次の項目で、毛穴パックを正しい使い方を御紹介しましょう。

 

毛穴パックの正しい使い方と注意点

毛穴パックを正しく使えば、肌トラブルを起こすこともなくなります。

毛穴パックの効果を引き出すためにも、ここで正しい使い方をおさえておきましょう。

毛穴パックの正しい使い方

  1. 顔を洗い、あらかじめ鼻の汚れを取っておきます。
  2. 蒸タオル、もしくはお湯に漬けて絞ったタオルを、鼻の上に乗せます。
    ※ 鼻を温めることで、毛穴汚れが浮きます。
  3. 鼻を水でたっぷり濡らし、毛穴パックを乗せます。
  4. 毛穴パックのパッケージに記載されている放置時間になるまで待機します。
  5. 所定の時間になったら、毛穴パックをはがします。
  6. 鼻に化粧水をたっぷり浸透させたら、保湿クリームを塗ります。
    ※化粧水を浸透させることで毛穴が引き締まります。
    ※保湿クリームを塗ることで、鼻にうるおいが生まれます。

 

ポイントは、毛穴パックを使用する前に肌を温めるということです。

これを怠ってしまうと、毛穴に大きな負担がかかり、毛穴が広がる原因にもなるので注意しましょう。

また、毛穴パック後の、化粧水と保湿クリームを使った鼻のケアは必須です。

これを忘れてしまうと、毛穴が広がり続け、角栓が溜まりやすくなってしまいます。

毛穴パック後の化粧水は、冷やしたものを使うと効果的です

 

毛穴パック使用時の注意点

  • 運動後や入浴後の毛穴パックは避けるようにしましょう。
    毛穴が開いているからとこれらの後に毛穴パックを行うと、
    肌が赤くなったり、かゆくなったりなどの、肌トラブルを引き起こす可能性が高くなります。
  • 毛穴パック前に洗顔をしたとき、化粧水などはつけないようにしましょう。
  • 鼻にシートタイプの毛穴パックを貼るときは、空気が入らないようにしましょう。
  • 毛穴パックは、端からゆっくり丁寧にはがすようにしましょう。
    一気にはがすと、肌トラブルの原因になります。

 

毛穴パックを行う頻度

毛穴パックのパッケージに使用頻度が記載されていれば、その頻度を守るようにしましょう。

もし記載されておらず、判断ができない場合は、

「肌のターンオーバー」に合わせて使用するといいそうです。

 

肌のターンオーバーは部位によっても異なりますが、

鼻の場合は多くても2週間に1回程度で毛穴パックを使用しましょう。

1週間以内に何回も毛穴パックを使用すると、

肌トラブルを引き起こす原因になるので気をつけましょう。

 

鼻の毛穴詰まり予防は洗顔と保湿が基本!

毛穴パックは、毛穴の汚れを取ってくれるので重宝したいものです。

しかし、できれば使わずにずっとキレイな鼻をキープできたらいいですよね。

鼻の毛穴が詰まる原因となる角栓ができるのを防ぐためには、

基本となる日頃の洗顔や保湿が大切になってきますので、

これらのポイントを御紹介します。

 

夜の洗顔はしっかり汚れを落とす!

朝と夜の洗顔のうち、特に夜の洗顔は丁寧に行いたいものです。

洗い残しがないように、メイクをしっかり落としてから、洗顔をすることがポイントになります。

面倒だからと『ダブル洗顔不要』のクレンジングを使用している方もいるかもしれませんが、あまりおすすめはできません。

その理由を知りたい方はこちらを読んでみて下さい。

 

洗顔をするときは、よく泡立てた洗顔料を使い、優しくなでるようにして洗うと効果的です。

強く擦らなくても泡が汚れを吸着し、毛穴の汚れを洗い流してくれます。

洗い流すときの注意点ですが、熱すぎるお湯やシャワーを直接顔に当てることは、

乾燥肌の原因にもなるので避けましょう。

 

また、弱酸性の洗顔料を使用している方は非常に多いと思います。

確かに肌と同じ弱酸性は刺激が少ないですが、

毛穴を引き締めてしまうので、毛穴の汚れを落としにくいというデメリットがあります。

反対に弱アルカリ性であれば、毛穴を開いて汚れを落としやすくしてくれます。

毛穴の黒ずみなどで悩んでいる方は、弱アルカリ性の洗顔石鹸がおすすめです。

洗顔料と洗顔石鹸の違いを詳しく知りたい方はこちらをチェックして下さい。

 

ちなみに、朝の洗顔はそこまで汚れがあるわけではないので、

肌質によっては洗顔料が不要な場合もあります。

常に洗顔料を使って顔を洗うことが最適だとは限らないので注意しましょう。

 

洗顔後は保湿をしっかりと!

毛穴パック後に行う化粧水、乳液や保湿クリームを使った保湿ケアを、普段からしっかり行うことも重要です。

化粧水はたっぷり使って肌に浸透させ、乳液や保湿クリームは薄く伸ばすように塗ります。

化粧水・乳液・保湿クリームのいずれも肌に優しく乗せ、滑らせながら塗ると効果的です。

 

洗顔も保湿も当たり前のように行っていることかと思いますが、

「正しくできているか」によって、結果が変わってきてしまいます。

正しい洗顔と保湿の仕方をおさえて、毛穴汚れ知らずの鼻を目指しましょう。

正しい洗顔方法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして下さい。

 

以上が洗顔時や保湿ケアによる毛穴詰まりを予防するポイントですが、

その他には食べ物や生活習慣を改善することも大切です。

また、角栓を除去する方法は毛穴パックだけではありません。

酵素洗顔やピーリング石鹸も効果的なので、他の方法も検討し、

自分に合った方法を見つけて毛穴のケアをしていきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

鼻の毛穴パックには、毛穴汚れの原因となる角栓を簡単に取り除くことができる一方、

肌トラブルを起こす可能性があったり、毛穴が広がり続けたりと、思わぬ落とし穴もあります。

しかし、正しく毛穴パックを使えば、このようなトラブルを起こすことは少ないはずです。

この機会に、これまでどのように毛穴パックを使っていたかを振り返ってみてくださいね。

そして、正しい毛穴パックの使い方をマスターして、いちご鼻から卒業しましょう!

 

また、毛穴の悩みは汚れだけでなく、黒ずみやたるみなどが気になるという女性も多いと思います。

毛穴のたるみや黒ずみを改善するには、

それぞれに合わせた化粧水選びが重要で、早めに対策をすれば目立たなくなるはずです。

毛穴レスの綺麗な肌を目指したいという方は、是非こちらの記事も参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 人気のハンドクリームブランド10選!プレゼントにもおすすめ!

  • まつげ美容液はエマーキットがおすすめ!口コミで1位の効果とは?

  • 毛穴のブツブツを解消するには?イチゴ鼻の改善方法まとめ!

  • 自己流ケアは逆効果!?目元のシワの原因と改善に効果的な化粧品!

  • 塩水洗浄は危険だった!実践したやり方と効果や危険性について!

  • 高価なアイクリームは不要!コスパ優秀なプチプラアイクリーム10選!