1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 顔に汗をかかない、止める方法!恥ずかしい顔汗対策まとめ!
Sponsored Link

顔に汗をかかない、止める方法!恥ずかしい顔汗対策まとめ!

顔に汗をかいて化粧が崩れてしまう・・・

すぐに鼻に汗をかいてしまう・・・

額から汗が流れてハンカチが手放せない・・・

などの悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

 

体とは違って顔は、相手が一番目に入る場所ですよね。

そのため、顔に汗をかく人はできるだけ止めたいはずです。

 

そこで、今回は、顔に汗をかかない方法、止める方法をご紹介させていただきます。

これでもう恥ずかしい思いをする必要はありません!

Sponsored Link

顔汗がひどくて恥ずかしい・・・その原因とは?

なぜ顔に汗をかくのでしょうか?まずはその疑問にお答えします。

顔にばかり汗をかく原因は大きく2つあります。

 

運動不足

ご存知の方も多いと思いますが、汗をかくのは体温調節をするためです。

体温調節をするために汗を分泌しているエクリン腺という汗腺があります。

エクリン腺は、全身に約300万個あり、体温調節するのに重要な役割を果たしているということなります。

しかし、運動不足の人は、汗を分泌する機会が少なくなるため、エクリン腺は休眠状態に入ってしまいます。

その結果、体温調節をする時は比較的動きの多い顔の汗腺から出る汗が増え、顔汗がひどくなるのです。

 

顔面多汗症

顔汗がひどいもう一つの考えられる原因は、顔面多汗症という病気です。

顔面多汗症は、ストレスや偏った食生活によるものと言われています。

治療できる症状であるため、日常生活に支障が出たり、あまりにも気になるのであれば一度病院を受診することをオススメします。

顔汗の改善方法

それでは、上記で挙げた2つの原因について、それぞれの改善方法を御紹介します。

 

運動不足による顔汗の改善方法

運動不足が原因であるため、定期的な運動を心がけましょう。

しっかりと運動をすることで、汗を分泌する汗腺を鍛えることができ、質の良い汗をかけるようになります。

つまり、運動不足によって休眠状態に入ってしまった汗腺を正常な状態に戻し、顔だけでなく全身で汗をかくことができるようになるのです。

運動は、ウェイトトレーニングなどのように強い負荷をかけるのではなく、比較的長く運動をして全身で汗をかける有酸素運動が効果的です。

有酸素運動には、ウォーキング、ジョギング、水泳などがあり、1日20分以上行うように心がけましょう。

 

顔面多汗症による顔汗の改善方法

顔面多汗症は過度のストレスが原因となっていることがあるため、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

例えば、趣味などを満喫する時間を確保することで、ストレスを解消することができます。

特に趣味がないという方は、ストレス解消法にもなると言われているジョギングなどの有酸素運動をしてみるのもオススメです。

 

また、顔面多汗症のもう一つの原因として、食生活の偏り、乱れなどがあります。

そのため、心当たりがある場合は食生活を見直すことが重要になります。

しかし、仕事で忙しかったり、一人暮らしの方にとっては、食事のバランスを気をつけて料理をすることはなかなか難しいですよね。

 

そんな方にオススメの食品が納豆です。

納豆には、大豆イソフラボンという成分が含まれており、汗をサラサラにしたり、発汗を抑制する効果があり、顔面多汗症の改善に効果的です。

一気に摂取するのではなく、1日40mg〜50mgを続けて摂取することが理想的で、納豆1パックには、この大豆イソフラボンが45mg含まれているため、とてもオススメの食材なのです。

納豆以外には、豆腐や豆乳にも大豆イソフラボンが含まれているので、納豆が嫌いな方には豆腐や豆乳がオススメです。

顔に汗をかかないための予防策!

顔汗を改善する方法だけでなく、予防する方法もあるのはご存知ですか?

運動不足や偏った食生活の改善を意識しつつ、これから御紹介する予防策も是非試してみてください。

 

制汗剤を使用する

制汗剤にはスプレータイプやシートタイプなどの様々な種類がありますが、顔に使用できるものも販売されています。

体用の制汗剤を顔に使用すると、肌トラブルの原因になってしまう可能性があるため、必ず顔用の制汗剤を使用するようにしましょう。

制汗剤は、汗が出てくる場所を塞いで汗を出にくくする収れん剤という成分が入っています。

そのため、顔汗を予防したいのであれば、制汗剤を汗をかいた後ではなく、かく前に使用するのが効果的です。

しかし、長時間汗腺を塞いだままにしてしまうと、肌はダメージを受け、体温調節もしにくくなるので、使いすぎには注意しましょう。

 

ツボ押し

身体には様々なツボありますが、その中で顔汗を抑えるツボもいくつかあります。

後谿(こうけい)

このツボは筋肉の緊張などを緩和するツボで、手の甲の側面にあります。

場所は手相でいう感情線(人差し指と中指の間から小指側に伸びている線)の延長線上にあり、手をグッと握るとシワが出来る場所です。

 

陰げき

手を開いた状態で手のひらを上に向け、小指側の手首の付け根から1.5センチほど下にあるツボのことです。

刺激することで血液の流れを良くし、体内に溜まった熱を放出すると言われています。

 

大包(だいほう)

これは脇の真下にあるツボで、即効性があり、汗止めのツボとしても知られています。

京都の舞妓さんもきつめに帯を巻き、汗をかきにくくして化粧崩れを防止しているそうです。

 

このように、手や脇に顔汗を予防するのに効果的なツボがあるため、手はボールペンや親指、脇の下は人差し指と中指などでグーっと押しましょう。

この際、力を入れすぎないように注意しましょう。

効果抜群!顔汗を止める方法!

筋肉や神経をリラックスさせる

緊張したりストレスを感じると、神経が過敏になったり筋肉がこわばり、そのような状態になると汗をかきやすくなります。

そして、「汗を止めたい」「汗が止まらない」など焦りだすと、汗は止まるどころかどんどん出てきてしまいます。

そんな時は、まずは深く深呼吸をしてみましょう。

深呼吸をすることで、心身の活動状況に関係する副交感神経に働きかけ、リラックスさせることができます。

顔汗を止めるには気持ちを落ち着かせることが重要で、大事な商談や面接など、緊張をして顔汗がひどくなってしまう場合などに効果的です。

 

首や脇の下を冷やす

首の後ろや脇の下には頸動脈という太い血管が通っていて、その血管に流れる血液の温度が高いと汗が出ると言われています。

そのため、頸動脈が通っている箇所を冷やすことで、顔汗を止めることができます。

自宅であれば、濡らしたタオルやアイスノンを使って冷やします。

外出中であれば、コンビニなどで購入した冷えた飲み物を利用し、首の後ろや脇の下を冷やしておくのが良いでしょう。

これは、熱中症対策にもなるので、暑い夏には特にオススメの方法です。

顔汗でメイクが崩れないようにするポイント!

女性にとって、顔汗は天敵ですよね。

せっかくメイクをしたのに化粧崩れをしてしまう・・・

化粧崩れ後のメイクが上手くできない・・・

などと感じたことがある方は多いはずです。

 

しかし、顔汗によるメイク崩れを防止する方法があるんです!

効果的な方法をいくつか御紹介させていただきます。

 

スキンケアから10分後にメイクをする

スキンケアをしてから10分から20分経過してからメイクをするようにしましょう。

化粧水などがお肌にしっかりと浸透する前にメイクを行ってしまうと、水分や油分とメイク剤が混ざり合ってメイク崩れの原因になります。

とは言っても、忙しい朝は10分でも短縮したいですよね。

どうしても時間がない時は、スキンケア後にティッシュを顔に軽く当て、余分な水分などを拭き取りましょう。

この時、顔をタオルでゴシゴシ擦ったりするとお肌に負担をかけてしまうため、「ティッシュで軽く」程度にしておきましょう。

 

メイク崩れしにくい化粧下地を使う

顔汗をかくと皮膚に1番近いベースメイクが最も崩れやすくなります。

そのため、皮脂に強いタイプの化粧下地を使うことで、メイク崩れを防止することができます。

特に皮脂崩れしにくいと人気の化粧下地は以下の3つです。

 

ソフィーナ プリマヴィスタ

出典:amazon

CMでも宣伝されているためご存知の方も多いと思いますが、化粧品の口コミサイトなどでも評判が高い化粧下地です。

皮脂吸着成分、保湿成分が含まれているため、お肌に潤いを与えながら化粧崩れも防止してくれるという優秀なアイテムです。

1日メイク直しをしなくてもいいと言った声も多々聞かれるほどで、どの商品を選べばいいか迷っている方にはまずこちらの商品をオススメします。

 

セザンヌ 皮脂テカリ防止下地

出典:amazon

プチプラのコスメ商品として知られているセザンヌから出ている化粧下地は、ドラッグストアなどで気軽に購入することができます。

テカリに強い成分が含まれており、顔汗によるメイク崩れもしっかりと防いでくれる大人気商品です。

 

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV

出典:amazon

資生堂から発売されているこちらの化粧下地は、皮脂を見つけると固めてしまうというものです。

そのため、強い成分を使って顔汗によるメイク崩れを防ぐのではなく、お肌への負担を最小限に抑えたものになります。

また、保湿の効果もある成分も含まれているため、敏感肌の方にもオススメです。

 

他にも口コミで人気の化粧下地をまとめてありますので、宜しければこちらも参考にして下さい。

ベースメイクで差がつく!口コミで人気のおすすめ化粧下地20選!

 

ファンデーションは厚塗りしない

顔汗によってメイクが崩れてしまうのを恐れて、ついついファンデーションを厚塗りしてしまいがちです。

しかし、厚塗りをしてしまうと、お肌に馴染まなかった部分が発生してしまい、メイク崩れの原因になってしまいます。

そのため、ファンデーションは薄く、均一に塗るように心がけましょう。

 

ウォータープルーフを使用する

汗などに強いウォータープルーフのアイラインやアイブロウを使用することで、顔汗によるメイク崩れを防止することができます。

ウォータープルーフは、顔汗によるメイク崩れだけでなく、夏に海やプールに行った際にも使えるのでオススメです。

 

メイク直しのポイント

もしメイクが崩れたしまった時の直し方にもコツがあります。

ステップ1

ますは、汗と皮脂を取り除きましょう。

顔汗がひどいままメイクを直してしまうと、またメイク崩れが起きてしまいます。

二つ折りにしたティッシュで顔全体を軽く押さえるだけで、余分な汗や皮脂を吸い取ることができるので、とても簡単です。

 

ステップ2

顔汗によってファンデーションがヨレてしまったり、アイラインやマスカラが滲んでしまった場合は、化粧下地や乳液をその部分に薄くのばします。

ヨレた箇所には、指の腹部分で優しく叩いて均一にぼかします。

アイラインやマスカラが滲んでしまったら、ティッシュの先で軽く拭きます。

手で擦って取りがちですが、摩擦はお肌にとってダメージとなるので避けましょう。

 

ステップ3

メイク直しをする時は、ファンデーションが崩れた部分にだけ軽くつけましょう。

フルメイクのように顔全体にもう一度ファンデーションをつける必要はありません。

メイク直しをする時は、このステップの順にするだけで綺麗に仕上がります。

まとめ

いかがでしたか?

せっかく綺麗にメイクをしても顔汗で崩れてしまう、顔汗がひどくて恥ずかしい・・・と悩んでいる女性は多いと思いますが、生活習慣を改善したり、事前に対策しておくことで随分楽になるはずです。

今回ご紹介した顔汗対策や、メイク直しの方法を是非実践してみてください。

また、同じく汗の悩みとして、足の裏にかく汗も意外と恥ずかしく、足汗や靴の中の蒸れに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

特に冬の時期は余計に恥ずかしく、忘年会シーズンなどでもあるため、靴を脱ぐ機会も多くなります。

臭いの原因にもなるため、気になる方はこちらの記事も参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 髪の毛のトラブルは栄養不足が原因?美しい髪を保つ3つの秘訣!

  • 綺麗になるための秘訣とは?お金をかけずにブスを卒業する方法!

  • 乾燥肌の原因と改善に効果的な5つの対策

  • 市販のおすすめヘアカラー10選!アッシュでもキレイに染めるコツ!

  • くろあわわは口コミで評判が良い?使い方や市販石鹸との違いもレビュー!

  • うるつや髪になる!髪のパサパサに効くシャンプーランキング!