1. TOP
  2. 美容・健康
  3. ヘアアイロンの温度に注意!髪を傷めない正しい使い方と注意点!
Sponsored Link

ヘアアイロンの温度に注意!髪を傷めない正しい使い方と注意点!

ヘアセットに欠かせないのが「ヘアアイロン」です。

今はストレートヘアやパーマといった色々なヘアスタイルに合ったヘアアイロンが販売されていて、思い通りに髪の毛をセットすることができて便利ですよね。

でも、ヘアアイロンを使うと「髪を傷めそう…」と心配になりませんか?

 

実は、ヘアアイロンには適切な温度があり、この温度を知っておけば、髪を傷めずにすみますよ。

今回は、そんなヘアアイロンの正しい使い方と適切な温度についてお教えします。

Sponsored Link

ヘアアイロンの最適な温度

ヘアアイロンの設定温度は、低すぎても高すぎてもよくありません。

温度が低いと効果がありませんし、反対に高いと髪を傷めることになります。

 

設定温度として理想的なのは、160℃~180℃ほどだそうです。

そして、一度温度を設定したら、髪を傷めないためにも一気に髪をセットするのが良いといわれています。

ヘアアイロンを使うのが初めてという場合や、ヘアアイロンに慣れていない場合は、髪をセットするのに時間がかかるため、始めは150℃~160℃くらいに設定して使用すると良いそうです。

 

しかし、髪質によっては、これらの温度が適切でない場合もあります。

なぜなら髪質には、大きく分けてストレートタイプの「直毛」とうねっているタイプの「癖毛」があり、それぞれ適切な温度が異なるからです。

  • 直毛の場合・・・150℃~160℃
  • 癖毛の場合・・・170℃~180℃

 

また、髪の硬さによっても、適切な温度が変わってきます。

  • 髪が硬い場合・・・120℃~150℃
  • 髪が柔らかい場合・・・100℃

こうして見ると、温度に幅があることが分かりますね。

 

さらにいうと、ヘアアイロンの種類によっても、理想的な設定温度が変わってくるようです。

ヘアアイロンは、主に「ストレートアイロン」と「カールアイロン」の2つがあり、それぞれの適正温度は次の通りです。

  • ストレートアイロン・・・170℃
  • カールアイロン・・・130℃

ということで、ヘアアイロンは、アイロンの種類と自分の髪質に合った温度を設定するのが良いといえます。

 

とはいえ、アイロンの種類と髪質の両方を考慮すると、適切な温度が定まらない場合もありますよね。

このため、まずは最初に御紹介した髪質で温度を設定すると良いそうです。

その代わり、途中で止めることなく髪をセットする必要があります。

 

また、髪をどの程度仕上げたいかによって、温度を調節しても良いでしょう。

たとえば、ストレートアイロンを使って、髪が硬めの癖毛をしっかり伸ばしたい場合は、170℃~180℃の間で温度を設定すると良いといえます。

自分の髪質となりたいヘアセットによって、うまく温度を設定することがポイントになります。

ヘアアイロンの正しい使い方

ヘアアイロンの温度調節も大切ですが、正しい使い方も理解しておかないと、さらに髪を傷めることになってしまいます。

先ほど触れたストレートタイプとカールタイプのアイロンの使い方は、次の通りです。

 

<ストレートタイプ>

1.髪をひと束手にとって、アイロンを根元に挟みます。このとき、挟む髪の量は少なめにします。

2.髪の毛の中間までアイロンをすべらせます。

3.髪の毛の中間から毛先に向かって、アイロンを落としていきます。

4.毛先までアイロンが届いたら、少し内側に巻くと、キレイに仕上がります。

 

<カールタイプ>

1.髪を左右に分け、さらに片側の髪を6等分ほどに分けます。

2.ひと束髪を手にとって、毛先から1/3程度上の位置にヘアアイロンを挟みます。

3.髪の毛を巻き、フェイスラインと平行になるようにヘアアイロンを傾けます。

4.3秒ほど待ったら、ヘアアイロンを外します。

5.反対側の髪も、同様に行います。

ヘアアイロンを使用する際の注意点

ヘアアイロンを使うときには、注意したいこともいくつかあります。

<ストレートアイロンの場合>

・アイロンに挟む髪束は、多くならないようにしましょう。髪の量が多いと、癖が残りやすくなります。

・同じ髪を何度も伸ばすことは控えましょう。

・長い時間、髪を挟みっぱなしにすると髪を炒めます。できるだけ一気に仕上げるようにしましょう。

 

<カールアイロンの場合>

・アイロンに挟む髪束は、多くならないようにしましょう。髪の量が多いと、うまくカールが作れなくなります。

・髪をヘアアイロンで巻いたら、3秒で外すようにしましょう。長い時間巻いていると、髪を傷めることになります。

・毛先を巻くとき、ヘアアイロンが顔に当たらないように気をつけましょう。

 

<共通注意事項>

・髪束からヘアアイロンを外したら、しばらく時間を置きましょう。冷ますことによって、セットした髪をキープできるようになります。

・髪の毛が濡れたままヘアアイロンを使うと、キレイに仕上がらないだけでなく、髪を傷めることにもなります。髪をしっかり乾かした後に、ヘアアイロンを使うようにしましょう。

・髪が絡まった状態でヘアアイロンを使うと、キレイに仕上がりません。必ず髪をとかすようにしましょう。

 

ストレートアイロンもカールアイロンも、同じところを何度もセットせず、なるべく早く髪束からアイロンを離すことがポイントのようですね。

また、ヘアアイロンを使う前は髪をしっかり乾かしたり、ブラッシングしたりなどの事前準備も忘れてはならないことです。

ヘアアイロンを使って髪を傷めず、キレイに仕上げるためにも、ここで取り上げた注意点は守るようにしましょう。

ヘアアイロンで傷んでしまった髪を修復するには?

ヘアアイロンに限らず、髪の毛を傷めてしまう場面は多くあります。そんなとき、どうすれば髪を修復することができるのでしょうか?

ヘアケアを念入りにする

いつも行っているヘアケアを少し変えるだけで、傷んだ髪を修復できる可能性があります。

1.いつも通りシャンプーをします。

2.シャンプーを念入りにすすぎます。すすいだ後は、水分をしっかり抜きます。

3.コンディショナーを髪全体に塗ります。
このとき、手を使って髪一本一本にコンディショナーが行き渡るようにしましょう。毛先は特に傷みやすいので、毛先へのコンディショナーの量は多めにするといいかもしれません。

4.コンディショナーを髪全体に行き渡らせたら、5分ほど放置します。
このとき、髪の毛をシャワーキャップなどでまとめると、コンディショナーの有効成分が髪に浸透されやすくなります。

5.コンディショナーをすすぎます。

知らないと損をする!髪や頭皮に優しいシャンプーの選び方!

 

髪の乾かし方を変える

普段なんとなく髪を乾かしているかもしれませんが、髪が傷んでいるときは、少し気を遣う必要があります。

髪が傷んでいるときは、根元→毛先の順に乾かすと良いそうです。

根元を最初にしっかり乾かすことで、髪のツヤを取り戻せる可能性があります。

 

髪に良い食材を摂る

髪を内側から改善する方法も有効です。

つまり、髪に良い栄養素を含む食材を食べるということですね。

髪に良いとされる栄養素は、たんぱく質やミネラル、ビタミンCなどです。

  • たんぱく質・・・肉、魚、卵、豆類など
  • ミネラル・・・海苔、しじみ、レバーなど
  • ビタミンC・・・かんきつ類のフルーツ(レモンやグレープフルーツなど)、ブロッコリー、じゃがいも、ホウレンソウなど

これらの食材を積極的に取り入れることは、髪に対するダメージへの予防にもなります。

どの修復方法も、心掛ければすぐに行えることなので、ぜひ意識して取り組んでみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?

ヘアアイロンは、おしゃれな髪型にセットするためには欠かせないアイテムです。

しかし、設定温度や使い方を誤ると髪にダメージが加わり、おしゃれも楽しめなくなってしまいます。

美しい髪でいるためにも、ヘアアイロンの適切な温度と正しい使い方を見直してみてくださいね。

 

また、髪は一度傷んでしまうと、修復や新しい髪が生えてくるまで時間がかかるため、普段から髪のことを考えたヘアケアが大切です。

特に毎日使用するシャンプー選びは大切で、おすすめはアミノ酸シャンプーです。

市販されているシャンプーは、知らないうちに髪を傷める原因にもなっているので、シャンプーを変えるだけで髪にツヤやコシが生まれ、美しい髪をキープできるでしょう。

まだ試したことがない方は、初回はお得に試せるトライアル商品などもあるので、上手く活用してぜひ一度お試しください。

おすすめのアミノ酸シャンプーはこちらでも紹介しています。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 塩水洗浄は危険だった!実践したやり方と効果や危険性について!

  • 頬のたるみを引き上げる!効果的な顔のリフトアップ方法10選!

  • 洗顔石鹸は敏感肌や乾燥肌におすすめ!今人気の石鹸ランキング!

  • ノープーの効果と正しいやり方!髪が臭いならロレアルもおすすめ!

  • 高ければ良いわけじゃない!口コミで人気のプチプラ美容液10選!

  • 納豆を食べて腸内環境を改善!驚くべき納豆菌のパワーとは?