乳酸菌の種類と効果!意外と知らないビフィズス菌との違い!

ヨーグルトなどに多く含まれる「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は、どちらもお腹の調子を整える効果があります。

この2つの細菌は同じものと捉えがちですが、実は全くの別物であることを知っていますか?

また、乳酸菌も、実は多くの種類が存在し、それぞれ特徴も異なるといわれています。

 

そこで今回、乳酸菌の種類とそれぞれの効果について解説し、併せてビフィズス菌との違いについても御紹介したいと思います。

この2つの細菌の違いを理解して、効果的に摂取しましょう!

乳酸菌とは?

乳酸菌とは、ブドウ糖などの糖質を分解・発酵し、乳酸を生成する細菌のことです。

この乳酸菌がヨーグルトやキムチなどの発酵食品に多く含まれているのは、よく知られていることです。

乳酸菌が含まれる食品を食べたときに少し酸味を感じるのは、乳酸に起因するといわれています。

 

また、人間の腸には「善玉菌」と「悪玉菌」などの細菌が多く存在するといわれています。

乳酸菌は、整腸作用やコレステロールの減少など、体にいい働きをする「善玉菌」の仲間として扱われています。

つまり、私たちの腸には、既に「体に良い乳酸菌がある」ということがわかりますね。

 

では、なぜ腸に乳酸菌があるのに、積極的に摂ると良いといわれるのでしょうか?

それは、腸内の乳酸菌は、歳を取るにつれて「減少」してしまうからであり、善玉菌である乳酸菌が減ると、便秘などの症状を引き起こす恐れがあります。

このため、普段から乳酸菌を積極的に摂るようにすれば、健康的な体を維持することができるのです。

乳酸菌の種類

体の健康維持のために摂りたい乳酸菌には、色々な種類があります。

その数は、なんと200種類以上もあるそうです。

最近、スーパーやコンビニなどで「機能性ヨーグルト」や「乳酸菌飲料」と呼ばれる商品を目にする機会が増えたと思いませんか?

これらの商品の特徴は「ある特定の乳酸菌が含まれている」ことです。

 

商品パッケージを見ると、それぞれ異なる乳酸菌が入っていることがわかるかと思います。

200種類以上の乳酸菌をここでご紹介することは難しいので、最近話題となっている機能性ヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌を、例としてピックアップしたいと思います。

 

乳酸菌名 特徴・効果
ガセリ菌SP株 <特徴>

体内の内臓脂肪にアプローチする乳酸菌。長時間、腸にとどまることができる。

<効果>

内臓脂肪の低下や脂肪の蓄積を予防する効果がある。また、お腹の調子を整えたり、免疫力を上げたりする効果も期待できる。

R-1乳酸菌 <特徴>

免疫力強化に最適な乳酸菌。

<効果>

便秘解消効果や肌荒れ改善効果も期待できる。

LG21乳酸菌 <特徴>

胃腸の健康維持に効果的な乳酸菌。長時間、胃にとどまることができる。

<効果>

胃炎を防ぐことができる。また、整腸作用も期待できる。

乳酸菌シロタ株 <特徴>

悪玉菌を減らし、腸内環境を整える乳酸菌。

<効果>

整腸作用により、便秘を解消する効果を期待できる。

ラブレ菌 <特徴>

植物性の乳酸菌。長時間、腸内にとどまることができる。

<効果>

便秘解消効果がある。また、免疫力を高め、元気な体を保つ効果も期待できる。

プラズマ乳酸菌 <特徴>

免疫力向上に最適な乳酸菌。

<効果>

風邪などの病気を予防する効果がある。また、美肌効果も期待できる。

PA-3乳酸菌 <特徴>

痛風の原因とされる「プリン体」に働きかける乳酸菌。

<効果>

血清尿酸値の上昇を抑える効果がある。

 

このように乳酸菌にも色々な種類があり、それぞれ特徴も異なります。

乳酸菌は、単に「お腹の調子を整える」だけではなく、私たちの体にとって嬉しい色々な効果をもたらしてくれることがわかりますね。

 

乳酸菌を摂取することで期待できる効果とは?

上の表からもわかるように、乳酸菌には色々な種類があり、それぞれ特徴も異なるのですが、共通して期待できる効果は次の4つになります。

 

便秘が解消される

乳酸菌に代表される効果といっていいかもしれませんね。

乳酸菌は腸内で減ってしまった善玉菌を増やし、便秘などのお腹の病気の原因となる悪玉菌を減らす効果があります。

善玉菌が増えれば便秘が解消され、お腹もすっきりさせることができるはずです。

ぽっこりお腹も改善されるので、ダイエット効果も見込めますよ。

 

コレステロール値を下げる

コレステロールを摂りすぎると、肥満や動脈硬化などを引き起こす恐れがあります。

体内に蓄積されたコレステロールは、乳酸菌を摂ることで減らすことができるといわれています。

普段から積極的に乳酸菌を摂取していれば、肥満や動脈硬化などを予防することができるので、健康的な体を保てるだけでなく、ダイエット効果も期待できるのです。

 

肌荒れを改善できる

肌荒れの原因は色々ありますが、その一因として便秘もあることを知っていますか?

老廃物とされる便が腸内にたまってしまうと、体全体の代謝も悪くなりますが、お肌の新陳代謝機能も低下するといわれているのです。

お肌の代謝が悪くなると、当然ながら肌荒れを起こしてしまいます。

そこで乳酸菌を摂れば、便秘を解消することができるので、肌荒れも改善され、徐々にお肌がキレイになっていきます。

 

病気にかかりにくくなる

乳酸菌には免疫力を上げる効果があります。

つまり、外からの病原菌が体内に侵入してくるのを防ぐことができるということですね。

いつまでも元気な体を維持するには、乳酸菌の摂取が大切になってくるのです。

 

乳酸菌の効果的な摂取方法と注意点!

乳酸菌の摂取方法

乳酸菌を摂取する方法は、主に4つあります。

①機能性ヨーグルトを食べる

機能性ヨーグルトは乳酸菌を摂るのに最適な食品です。

なぜなら、特定の乳酸菌を摂ることができるためです。

「自分の体がどうなりたいか」で乳酸菌を選び、その乳酸菌が入ったヨーグルトがあれば積極的に摂るといいでしょう。

先ほどピックアップした乳酸菌の種類を、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

②乳酸菌飲料を飲む

乳酸菌飲料を飲むことも良い方法です。

こちらも特定の乳酸菌を手軽に摂れるものが多いので、お好みの飲料を選んで飲むといいでしょう。

 

③発酵食品を食べる

乳酸菌は、キムチや納豆、チーズ、味噌など、いわゆる「発酵食品」にも豊富に含まれています。

毎日の食卓のお供に、発酵食品を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

④乳酸菌入りサプリを摂取する

最近では、乳酸菌入りサプリメントも発売されています。

もし、ヨーグルトや乳酸菌飲料、発酵食品をわざわざ買うのが面倒という場合は、サプリメントを活用するといいかもしれません。

サプリメントであれば、適切な量の乳酸菌を手軽に摂ることができます。

 

効果的に摂るポイントや注意点

乳酸菌は、ただ摂取すればいいというものではありません。

効果的に摂取するには、次のようなことを心掛けるといいそうです。

 

①毎日摂る

乳酸菌の効果は、食べてすぐ表れるものではありません。

毎日継続して摂ることにより、初めて効果が発揮されます。

ただ、乳酸菌の種類によっては、体質によって合わないものもあります。

このため、まずは14日間ほど続けて摂り、様子を見るといいといわれています。

 

②新鮮なうちに摂る

乳酸菌は、日が経つにつれて減少してしまうそうです。

このため、乳酸菌入り食品を買ったら、なるべく早く食べることをおすすめします。

 

③食物繊維やオリゴ糖を含む食材と一緒に摂る

ヨーグルトのCMなどでは、乳酸菌は「生きたまま腸に届く」と謳っています。

「乳酸菌が生きたまま腸に届く」、つまり乳酸菌は「生きているもの」ということになりますね。

乳酸菌が生きていくためには、私たち人間と同じように何か「食べるもの」=「餌」がないといけません。

その乳酸菌の餌となるのは何かというと、食物繊維やオリゴ糖で、これらを含む代表的な食品は以下の通りです。

  • 食物繊維・・・根菜類、きのこ類、海藻類、野菜類、フルーツなど
  • オリゴ糖・・・豆類、味噌、ごぼうなど

つまり、乳酸菌食品と一緒に食物繊維やオリゴ糖を含む食材を摂ると、乳酸菌が生きていくことができ、腸に届きやすくなるのです。

 

④食後に摂る

食べ物を摂取すると、それを胃で消化するために「胃酸」が分泌されます。

実はこの胃酸、乳酸菌の力を弱めてしまうといわれているのです。

空腹時は胃酸の濃度が高いため、乳酸菌の効果を最大限発揮するには、乳酸菌食品を摂るときは食後が良いそうです。

 

意外と知らない!乳酸菌とビフィズス菌の違い!

乳酸菌と一緒にされることが多いのが「ビフィズス菌」です。

「ビフィズス菌は乳酸菌の一部でしょ?」と思っている人も多いかもしれませんね。

確かに乳酸菌とビフィズス菌に期待できる効果はほとんど同じようですが、実際には乳酸菌とビフィズス菌は別物として扱われています。

では、この2つの細菌にはどのような点で違いがあるのでしょうか?

乳酸菌とビフィズス菌の特徴を簡単な表にしてまとめてみました。

 

乳酸菌 ビフィズス菌
特徴 ・ブドウ糖などの糖質を分解・発酵し、乳酸を生成する細菌。

・腸内の善玉菌を増やす力がある。

・ブドウ糖などの糖質を分解・発酵し、乳酸に加え、酢酸や酪酸などの「短鎖脂肪酸」も生成する細菌。

・腸内の悪玉菌が増加するのを防ぐ力がとても強い。このため、ビフィズス菌が入った食品は「特定保健用食品」に指定されることが多い。

種類 200種類以上 30種類以上
働く場所 小腸 大腸

 

こうしてみると、特徴や種類、働く場所に大きな違いがあることがわかりますね。

先ほど触れたとおり、乳酸菌とビフィズス菌を摂取して得られる効果にあまり差はないのですが、どちらかというとビフィズス菌のほうが、整腸作用が強いといえるかもしれません。

 

そんなビフィズス菌を増やす方法は、乳酸菌を増やす方法とほとんど同じです。

つまり、ビフィズス菌が入っている食品(ヨーグルトや飲料など)や特定保健用食品、サプリメントを摂取することで、ビフィズス菌を増やすことができます。

 

また、乳酸菌の餌の1つであるオリゴ糖は、ビフィズス菌の餌でもあります。

このため、オリゴ糖を含む食材を一緒に摂ることも、ビフィズス菌を効果的に増やす良い方法になります。

 

そして、ビフィズス菌を含む食品も、食後に摂ることが推奨されています。

つまり、ビフィズス菌も乳酸菌と同じで胃酸に弱いのですね。

乳酸菌とビフィズス菌は働く場所にも違いがあるため、2つを一緒に摂ることが、お腹や体の健康を保つことにつながるのです。

 

乳酸菌やビフィズス菌が手軽に摂れるおすすめサプリメント!

乳酸菌とビフィズス菌を手軽に摂ることができるのが、サプリメントです。

ここでは、そんなサプリメントの中でもおすすめの商品を3つ御紹介したいと思います。

 

ホコニコ「ラクトフェリン+乳酸菌」

健康食品や化粧品などを扱っているホコニコでは、たんぱく質の1つ「ラクトフェリン」と乳酸菌を含んだサプリメントを販売しています。

多くの美容系雑誌で紹介された実績があり、話題となっているサプリメントでもあります。

 

<おすすめポイント>

・1日2粒飲むことで、免疫力を高めたり、腸内環境を整えたりする効果が期待できるたんぱく質「ラクトフェリン」を、1日の摂取目安量である300mg摂ることができる。

・整腸作用が高いビフィズス菌「BR-108株」が10億個、免疫力を高める効果が強い乳酸菌「フェカリス菌」が200億個含まれている。

・ビフィズス菌と乳酸菌のえさとなるオリゴ糖も配合。

 

<価格>

ホコニコのラクトフェリンは、定期便での販売になります。

・1ヶ月1袋コース・・・初回1,980円(税別)、2回目以降は4,500円(税別)

・1ヶ月2袋コース・・・初回3,960円(税別)、2回目以降は8,400円(税別)

快適な毎日を過ごせると口コミでも好評なので、気になる方は公式サイトをチェックしておきましょう。

 

フジッコ「善玉菌の力」

豆製品などで有名なフジッコから、乳酸菌「クレモリス菌FC株」を配合したサプリメントが発売されています。

体がすっきりして、軽くなったと好評を得ているサプリメントです。

 

<おすすめポイント>

・生きたまま腸に届き、腸内環境を良くしてくれる効果が高い「クレモリス菌FC株」が20億個以上含まれている。

・乳酸菌のえさとなる食物繊維も配合。

・丈夫な体作りのサポートをするカルシウムも配合。

 

<価格>

①単品購入の場合

1,950円(税込)※はじめて「善玉菌の力」を買う人への限定価格。通常は2,550円(税込)。

②定期購入の場合

・1ヶ月1袋コース・・・初回1,550円(税込)、2回目以降は2,350円(税込)

・1ヶ月2袋コース・・・初回3,100円(税込)、2回目以降は4,600円(税込)

 

カゴメ「植物性乳酸菌ラブレ カプセル」

カゴメから販売されている「植物性乳酸菌ラブレ カプセル」は、乳酸菌飲料「植物性乳酸菌ラブレ」のサプリメント版です。

このサプリメントに含まれているのは、植物性の乳酸菌であるラブレ菌です。

快調な毎日を送れると評判のあるサプリメントのようです。

 

<おすすめポイント>

・胃酸に強く、生きたまま腸に届く植物性乳酸菌・ラブレ菌を1粒に100億個含んでいる。

・ラブレ菌を生きたままサプリメントに詰め、体内に取り込まれると力を発揮するように作られている。

 

<価格>

①単品購入の場合・・・4,628円(税込)

②定期購入の場合・・・4,062円(税込)

 

まとめ

いかがでしたか?

乳酸菌の種類や効果、そしてビフィズス菌との違いをおわかりいただけたでしょうか?

どちらも、お腹だけでなく、病気にかかりにくく元気に過ごすためには欠かせない細菌です。

是非この記事でご紹介した摂取方法やおすすめサプリメントを活用して、健康的な体を維持してくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!