1. TOP
  2. ダイエット
  3. 水中ウォーキングの効果は?痩せるために必要な期間と歩き方のコツ!
Sponsored Link

水中ウォーキングの効果は?痩せるために必要な期間と歩き方のコツ!

 2017/10/04 ダイエット  

ダイエットでは食事制限だけでなく、運動も一緒に取り入れることで効果的に痩せることができます。

運動にはウォーキングやジョギングが一般的ですが、スポーツジムなどに通っている方であれば、プールを使用した水中ウォーキングもおすすめです。

水中ウォーキングは、水の抵抗によって消費するカロリーが大きくなるだけでなく、足腰への負担も小さくなるため、効果的にダイエットができます。

今回は、そんな水中ウォーキングによる効果や、痩せるためにどう実践すればいいのか、などについて御紹介させていただきます。

是非ダイエットをする際の参考にしてみてください。

Sponsored Link

水中ウォーキングの効果とは?

水中ウォーキングとは、プールなどの水中で歩く運動のことです。

泳ぐ運動ではないため、泳ぐのが苦手な方でも安心して取り組むことができます。

 

陸上のウォーキングと何が違うの?

水中ウォーキングでは、水の抵抗が体にかかるため、陸上のウォーキングよりも効率的に体に負荷をかけることができます。

これだけを聞くと「水中ウォーキングって大変そう」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、そこまでキツイ運動ではないので安心してください。

 

水中なので浮力が体にかかるため、陸上よりも体重は70%ほど軽くなり、足腰にかかる負担も軽減されます。

そのため、陸上で長時間歩くことが難しい方や、膝や腰などを痛めている方にも水中ウォーキングはとてもオススメです。

 

水中ウォーキングのダイエット効果

運動には筋トレなどの大きな負荷をかける無酸素運動と、ウォーキングなどの軽い負荷をかける有酸素運動があります。

水中ウォーキングは有酸素運動にあたりますが、浮力によって体への負担を抑えながらも、水の抵抗が体にかかるため、歩くだけでも筋力アップが期待でき、ダイエットを効率良くすることができる運動です。

 

有酸素運動によって脂肪を燃焼し、同時に筋力アップが出来れば基礎代謝も上がるため、自然と痩せやすく太りにくい身体がつくられていくという効果が水中ウォーキングの魅力です。

水の抵抗によって普段使用しない筋肉にも負荷がかかるため、続けていけば全身が引き締まっていきますよ。

基礎代謝をあげるなら、実は筋力アップよりも内臓機能を高める方が効果的です。

詳しくは、ダイエットを始める前に知りたい!効果的に痩せる運動メニューとは?でも解説しているので、興味がある方は参考にして下さい。

 

本当に効果的?消費カロリーの比較!

水中ウォーキングを1時間続けた場合の消費カロリーは、約360キロカロリーと言われています。

ちなみに、陸上でのウォーキングでは、1時間で約150キロカロリーを消費することができます。

つまり、単純計算で考えると、水中ウォーキングは普通のウォーキングと比較をして、2倍ほどカロリーを消費できるのです。

 

陸上でのランニングは、より激しい運動になるため1時間で600キロカロリー消費できると言われています。

しかし、運動初心者の方や体力に自信がない方、足腰を痛めている方にとっては、1時間走り続けるというのはハードすぎる運動で、ちょっと無理があるかなと思います。

これらからも分かるように、水中ウォーキングは浮力によって体にかかる負担を抑えながらも、しっかりとカロリーを消費できる運動であるため、ダイエットには効果的な運動なのです。

 

上記で説明した消費カロリーはあくまで一般的な数値なため、年齢や体重、運動量などによって個人差はあります。

そこで、水中ウォーキングによる大体の消費カロリーを計算する方法があるので御紹介します。

 

水中ウォーキングによって体重1kgの女性は、1分間に0.096キロカロリーを消費できるそうです。

そのため、現在の体重×0.096×時間(分)で自分の消費カロリーがわかります。

もう少し正確に出すには年齢による違いも考慮しなければいけないようですが、消費カロリーばかり気にしていても仕方がないので、大体の目安として覚えておきましょう。

 

水中ウォーキングの効果的な歩き方!

通常のウォーキングにも効果的な歩き方があるように、水中ウォーキングにもいくつかのポイントがあります。

それでは、水中ウォーキングの正しい方法、効果的な歩き方について御紹介します。

 

水中ウォーキングの正しい歩き方

水中ウォーキングで最も大切なのが、歩くときの姿勢です。

まず、胸を張って、頭を上に引っ張られているようにピンと立ちましょう。

そして、お腹を引き締めることを意識します。

 

その状態からやや前傾姿勢で歩き出し、歩いている時も姿勢を常に意識しながら、頭がブレないように注意します。

歩き出したら下を見ず、目線は水平にまっすぐ前を見るように気をつけましょう。

歩くときには膝を高く上げ、歩幅を大きくして腰を捻るように歩くと、腰回りの筋肉にも負荷がかかり、効率良くダイエットができます。

 

このように、ただ水中の中でひたすら歩き続けたらいいというものではありません。

正しい姿勢をとることで、しっかりと全身の筋肉を使うことができるのです。

 

横向き水中ウォーキング

慣れてきたら、横向きでのウォーキングにも挑戦してみましょう。

進行方向に対して足を開いて、上半身を水中に沈めて横に歩く方法で、カニ歩きのイメージです。

進行方向にある手と足で水を押しながら進んでいきますが、足を大きく開き、開いた瞬間はしっかりと体を水中に沈めることが大切です。

 

痩せるために必要な期間と頻度

運動時間の目安

水中ウォーキングは有酸素運動のため、運動を始めてから約20分後に脂肪が燃焼し始めます。

そのため、20分以内でウォーキングを辞めてしまうとあまり意味がありません。

最低でも30分以上はしっかりと水中でウォーキングをしましょう。

慣れてきたら、1時間を目標に行うようにして行うと、効果を実感するまでの期間もそれだけ早くなります。

 

水中ウォーキングの頻度と継続期間の目安

水中ウォーキングのデメリットを挙げれば、プールに行かなくてはできないことです。

そのため、毎日通って水中ウォーキングをすることは難しいという方が殆どだと思います。

とは言っても毎日行う必要はなく、水中ウォーキングを行う理想的な頻度は週に2〜3回です。

週に2〜3回行うことで、普段使われていない筋肉を動かして筋力をつけたり、基礎代謝量を増やすことができるので、十分ダイエット効果が期待できます。

 

また、他の運動でもそうですが、一度付いてしまった脂肪を燃焼することは大変なので、1週間や2週間程度続けたくらいでは、そこまで大きく痩せることはできません。

最低でも3ヶ月、頑張って半年は続けてみましょう。

半年も続ける頃には、見た目でもわかるくらいの効果が自分の身体に表れているはずです。

 

無理をせずに自分のペースで続けましょう

水中ウォーキングは水の中で行う運動のため、陸上で倒れてしまうのとは違い、プールで倒れてしまうと溺れてしまう可能性があります。

時間や頻度にとらわれ過ぎず、自分の体と相談をしながら無理のないペースで続けていきましょう。

頑張り過ぎてキツイと感じてしまうと、継続することも難しくなってしまい、逆効果になってしまいます。

 

水中ウォーキングでのダイエットに失敗しないコツと注意点!

水中ウォーキングはなるべく家や会社の近くで

水中ウォーキングは、プールなどに通わないとできない運動のため、毎回行くことが面倒になり、足が遠のいてしまうケースがよくみられます。

そのため、施設が整っていたり、綺麗な施設を利用するのも良いですが、家や会社の近くにあるということを最重視して通うプールを選びましょう。

 

普段生活している範囲の場所であれば習慣化しやすく、それだけ継続もしやすいということです。

継続的に通うことでダイエットの効果が得られるため、途中でリタイアしてしまうと、それまでに積み重ねてきた運動が無駄になってしまいます。

始める前はやる気に満ち溢れているので分からないかも知れませんが、かなり重要なポイントなので、しっかりと続けられる距離にある施設を選ぶようにしましょう。

 

飽きないための工夫も必要

水中ウォーキングは、外でのウォーキングと違って、同じ場所をひたすら繰り返し歩くことになります。

そのため、時間が過ぎるのが遅く感じたり、飽きてしまうこともあるでしょう。

飽きないために色々と工夫するのも継続するコツです。

 

例えば、プールによってはビート版などを無料で貸し出しをしていますので、泳ぎが苦手な方でもバタ足で泳ぐくらいなら可能です。

水泳も消費カロリーはかなり高いので、水中ウォーキングにこだわらなくてもダイエットはできます。

 

また、ビート板を使うと、体にかかる負担が軽減されるので、水中ウォーキングがキツイと感じる初心者の方にもおすすめです。

初めから本格的に水中ウォーキングをしてしまうと、体がとても疲れてしまい、もう行きたくないと感じてしまいます。

そのため、飽きを防ぐだけでなく、水中ウォーキングなら続けられると感じるためにも、運動や体力に自信がない方は、慣れるまでビート板を使った水中ウォーキングをすることをオススメします。

 

プールでのマナーを守りましょう

プールでは各施設のルールを守って利用し、利用者がお互いに気持ちよく運動できるように心がけましょう。

プールはウォーキングをする人だけでなく、泳ぐ人もいるため、水中ウォーキングをする時は、泳いでいる人と別のレーンを使用しないとトラブルの元になります。

殆どのプールではレーンが予め分けられているはずですが、分からなければ確認しましょう。

 

また、プールはスイミングキャップ着用が基本です。

そして、アクセサリー類は危険ですので、プールに入る時は外してください。

女性の場合はメイクも落とさなくてはいけませんので、仕事帰りに寄る場合などはメイク落としを忘れないようにしましょう。

 

プールに入る前は準備運動を忘れずに

水中ウォーキングは、全身に負荷がかかる運動なので、事前に準備運動をしっかりしておきましょう。

特に日頃から運動を殆どしていない方は、急に負荷の大きい運動をすると思わぬ怪我に繋がります。

怪我をしてしまえば継続することもできなくなってしまうので、予防のためにも忘れずに行いましょう。

 

 

水着はどんなものを選ぶべき?

出典:xebio-online

市営の施設やスポーツジムなど、通うプールによっても水着の規則は若干違いがあります。

しかし、殆どの場合は露出の多いビキニなどの水着は規制されていることも多く、持っていなければ準備しておかなければなりません。

規制されていないプールもありますが、実際行ってみるとビキニでウォーキングしている女性はまずいないので、かなり注目されることになるはずです。

 

殆どの方が競泳水着やフィットネス水着などを着ていると思いますので、どちらかを選ぶと良いでしょう。

水中ウォーキングや軽く泳ぐ程度であれば、フィットネス水着がおすすめです。

 

競泳水着は水の抵抗を少なくするためにつくられているので、身体のラインも出やすく、何と言っても脱ぎにくいです。

フィットネス水着であればややゆとりのあるつくりになっているので、身体のラインも出にくく、脱ぎやすいので便利です。

特にセパレートタイプのフィットネス水着が人気で、デザインも豊富にあるため、自分の好きなデザインを選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

水中ウォーキングは、足腰を痛めているけど運動をしたい方、ダイエットをしたい方、外で運動をして日焼けをしたくない方などにとてもオススメです。

しかし、水の中での運動になりますので、体調管理や安全管理に十分気をつけて行うようにしましょう。

 

また、運動だけでなく、食事制限も一緒に行うと、より早く効果的にダイエットができます。

とにかく簡単に1日の摂取カロリーを抑えたい方には、酵素ドリンクによる置き換えダイエットがおすすめです。

1杯あたり数十キロカロリーなので、1食置き換えるだけでも大幅にカロリーをカットすることができます。

酵素ダイエットについてはこちらにまとめてあるので、是非参考にしてください。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
コスパ最強!自宅で本格的なフィットネスができるサービスが登場!


仕事や家事、育児などに追われていると
なかなか運動をする時間が取れないですよね?

そんな方におすすめしたいのが、自宅でできる
フィットネスサービスLEAN BODYです。

LEANBODYはテレビや雑誌でも活躍している
人気インストラクターのフィットネス動画が
いつでも好きな時に好きなだけ見ることが出来ます。

トレーニングの動画はもちろん、
ヨガやピラティス、リズムエクササイズなど種類も豊富。

例えばこんな動画があります。




今なら最初の3ヶ月は100円のキャンペーン

を行っていて、キャンペーン中の退会も自由にできちゃいます。

ジムなどに通うのが続かなかったという方や、
時間がなくて行けなかったという方には特におすすめですよ♪
LEANBODYの詳細はこちら

こちらも良く読まれています!

  • ダイエットや肌にも嬉しいココナッツオイルの効果とおすすめの使い方

  • ファスティング初心者でも成功できる!効果的な酵素ダイエットの方法!

  • ただ食べるだけでは痩せない!ヨーグルトダイエットの効果とやり方!

  • 朝ごはんを抜くと太る?ダイエット中におすすめの朝食メニューとは?

  • フルーツダイエットの効果的な方法!失敗しないための注意点とは?

  • LAVAとカルドを徹底比較!初心者がホットヨガに行くならどっち?