1. TOP
  2. 美容・健康
  3. ダブル洗顔不要のクレンジングに潜む罠!肌に優しいのはどっち?
Sponsored Link

ダブル洗顔不要のクレンジングに潜む罠!肌に優しいのはどっち?

女性はお肌の手入れに、メイクなど色々大変ですよね。

仕事から帰ると疲れているのに、メイクを落として、洗顔をするダブル洗顔は面倒に感じることが多いのではないでしょうか?

そのため、ダブル洗顔不要なクレンジング1本で済ましてしまう方も多いと思います。

このダブル洗顔不要のクレンジングはとても便利ですが、実は肌に大きな負担をかけています。

今回は、ダブル洗顔が必要なのか?それとも不要なのか?という疑問に答えるべく、色々とまとめてあります。

しっかりと正しい知識を身につけて、適切な方法でお肌を手入れしましょう。

Sponsored Link

ダブル洗顔とは?

今ではダブル洗顔という言葉は日常的に使われていますが、洗顔料で2回洗顔するという意味ではありません。

ダブル洗顔とは、クレンジングと洗顔の2回に分けて顔を洗うことです。

 

そのため、メイクをする時のみに行うもので、1回目はメイクを落とすために顔を洗い、2回目は顔の汚れなどを落とすために顔を洗います。

ダブル洗顔のダブルとは、顔を洗う回数が2回ということから使われています。

 

ダブル洗顔が必要な理由!クレンジングと洗顔の役割とは?

クレンジングの役割

化粧下地、ファンデーション、マスカラなどメイク用品にはたくさんの油分が含まれています。

水に油を混ぜても溶けずに分離してしまいますよね。

つまり、メイクを水で落とそうとしてもできないのです。

 

そこで、登場するのがクレンジングです。

クレンジングには、界面活性剤が含まれており、水と油をなじませる働きを持っています。

そのため、頑固なメイクもクレンジングを使えばスッキリ洗い落とすことができるのです。

また、メイクだけでなく、日焼け止めクリームなどを落とす時もクレンジングは効果的です。

 

洗顔の役割

クレンジングは、メイクをした後に使うものですが、メイクをしていない時は、洗顔だけを行います。

一言で言うと、洗顔とは顔の汚れを取るためのものです。

顔には、ホコリや花粉など目に見えない大きさのものがたくさん付着しています。

それらをしっかりと洗い落とさないままでいると、お肌荒れの原因になり兼ねます。

 

また、汗や皮脂など体の中から出て来た不要なものもたくさん付着しています。

これらを洗顔によってしっかりと落としてあげることで、ニキビや乾燥からお肌を守ることができます。

 

ダブル洗顔が必要な理由

クレンジングと洗顔の役割をご紹介させていただきましたが、それぞれに異なった役割があることは理解していただけたと思います。

クレンジングはメイクを落とすもの、洗顔は汚れや老廃物を落とすものであるということです。

 

そのため、どちらもきちんと使うことでお肌を清潔で健康な状態に保つことができます。

お肌を健康にしてあげることで、シミやくすみ、たるみの原因を防ぐこともできるため、しっかりとダブル洗顔を行うことが大切になるのです。

 

ダブル洗顔不要のクレンジングに潜む罠!

最近では、ダブル洗顔不要のクレンジングも販売されています。

洗顔が1回で済むということから便利なアイテムですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

2つを理解せずに単純に便利だからという理由で使っていると、後で後悔することになるかもしれないので、それぞれをしっかり理解しておきましょう。

 

ダブル洗顔不要なクレンジングのメリット

肌を擦る回数が少ない

まず、単純に顔を洗う回数が2回よりも1回の方がお肌を擦る回数が少ないですよね。

スキンケアの基本として、なるべくお肌を擦らないほうが良いと言うのは広く知られています。

つまり、ダブル洗顔不要のクレンジングであれば、顔を洗う回数が1回で良いため、物理的な肌への刺激を少なくできるということです。

 

時間短縮

夜遅く仕事から帰って来た時、飲み会から帰って来た時など、疲れているとできるだけ早く寝たいですよね。

しかし、メイクを落として、顔を洗って、化粧水や乳液を塗って、髪の毛を乾かして・・・と女性には寝るまでにやらなければいけないケアがたくさんあります。

そんな時にダブル洗顔不要のクレンジングを使えば、メイクと顔の汚れを一気に落とすことができ、2つの工程が1つになるため時間の短縮に繋がります。

 

コスト削減

ダブル洗顔不要のクレンジングを使うことでコストを削減することができます。

メイクを落とすクレンジングと顔の汚れを落とす洗顔の両方を使うと2つ分の費用がかかりますが、ダブル洗顔不要のクレンジングであれば1つ分の費用で済むのです。

そのため、お財布に優しいというメリットがあります。

 

宿泊時に便利

こちらもコスト削減の時と同様、1本で済むということがメリットです。

どこか旅行へ行った先に、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、メイク品など荷物が多いと不便です。

しかし、ダブル洗顔不要のクレンジングであれば、これ1つを持っていくだけでメイクと顔の汚れを同時に落とせるのでとても便利です。

 

ダブル洗顔不要のクレンジングのデメリット

先ほどダブル洗顔不要のクレンジングのメリットをご紹介させていただきましたが、これだけを見るとダブル洗顔をしない方がお肌に優しいのではないかと思う方もいらっしゃると思います。

確かに物理的な摩擦は減りますが、気をつけなければならないのは配合成分です。

 

そもそもダブル洗顔が不要なのはなぜでしょうか?

普通であれば2回に分けて洗わなければ落とせない汚れを1回で落としきるということは、それだけ強い成分が配合されているということなります。

つまり、ダブル洗顔不要のクレンジングには、刺激の強い合成界面活性剤が多く含まれているのです。

 

合成界面活性剤には、ただでさえお肌に必要な潤いまでも洗い落としてしまうほど強い洗浄力があります。

これが多く配合されているとなれば、ダブル洗顔が不要だとしても、お肌にはとても大きな負担を与えてしまっていることになるのです。

 

ダブル洗顔は必要?不要?肌に優しいのはどっち?

ダブル洗顔不要のクレンジングのメリットとデメリットをご紹介させていただきましたが、最終的にどっちの方がお肌への負担が少なくて済むのかと疑問に思われた方もいらっしゃると思います。

手間のかからないダブル洗顔不要のクレンジングの方がいいのではないかと感じた方もいらっしゃるかもしれません。

これには賛否両論ありますが、ズバリ・・・ダブル洗顔は必要です!

 

肌に優しいのはダブル洗顔!

先ほどにも説明させていただいた通り、ダブル洗顔不要のクレンジングには合成界面活性剤が多く含まれています。

洗浄力が非常に強いため、肌トラブルの原因になってしまう可能性も高いのです。

ですから、敏感肌の方には特にオススメできません。

 

お肌に変化が見られなくても、確実に負担をかけていることになるため、少し手間であってもダブル洗顔をした方が結果的にお肌への負担が減ります。

ただし、ダブル洗顔もクレンジングや洗顔料の選び方や使用方法を間違えると、必要な皮脂や潤い成分まで落としてしまいます。

洗浄力が強く、濃いメイクもしっかり落とせるようなクレンジングを使用してダブル洗顔をしてしまうのは洗いすぎで良くありません。

 

また、メイクをしっかりと洗い流そうとして顔をゴシゴシこすってしまうと、今度は摩擦によってお肌にダメージを与えてしまうので気をつけましょう。

とは言っても、メイクは汗をかいても崩れないようになっていたり、たくさんの油分を含んでいるので、しっかり落とさなければお肌にとって大きな負担になります

つまり、お肌に必要な成分を残しながら、メイクや汚れなどの不要なものだけを洗い流すことが必要だと言うことです。

 

オススメは低刺激のクレンジング+洗顔石鹸

お肌にとって最も優しくおすすめの方法は、刺激の少ないクレンジング剤と洗顔石鹸を使うことです。

クレンジングのタイプで言えば、ミルクタイプかクリームタイプが低刺激でおすすめです。

クレンジングはなるべく手早く終わらせるのが基本ですが、ウォータープルーフのアイメイクなどはそれだけでは落ちにくいので、事前にリムーバーなどで落とします。

間違ってもアイメイクなどに合わせてクレンジングを選ばないようにしましょう。

 

刺激の少ないクレンジング剤は洗浄力も弱いので、メイクを落としきれないのではないかと不安な方もいるかもしれません。

しかし、石鹸も天然の界面活性剤なので、薄めのメイクくらいなら洗顔石鹸でも落とすことができます。

明らかにメイクが落ちていないならもう少し洗浄力の強いクレンジングを選ぶ必要がありますが、クレンジングで完全にメイクを落としきれなくても洗顔で落とすことができるので、それほど念入りにクレンジングを行わなくても良いのです。

 

クレンジングでメイクを落とした後には、良く泡立てた洗顔石鹸を使って顔の汚れや皮脂など余分なものだけを洗い流しましょう。

ゴシゴシ擦らなくても泡が残ったメイクや汚れなどを包んで洗い流します。

洗顔石鹸は皮脂や角質を落としすぎることなく、老廃物などのお肌の健康に不必要なものだけを洗い流してくれるのでおすすめです。

 

洗浄力が強すぎる洗顔フォームを使ってしまうと、お肌の潤いを保つために必要な成分も一緒に洗い流してしまいます。

その結果、お肌が乾燥したり荒れてしまうなど、お肌トラブルに繋がってしまうためおすすめできません。

洗顔石鹸は洗い上がりにつっぱり感がでることがあるため、あまりお肌に良くないと誤解されがちですが、本当の意味でお肌に優しいのは洗顔石鹸です。

洗顔料と洗顔石鹸の違いについては、石鹸洗顔は良くない?洗顔後に肌がつっぱる原因とは?でも詳しくまとめているので参考にして下さい。

 

低刺激のクレンジングと洗顔石鹸の2つでダブル洗顔を行うことにより、洗いすぎを防ぎ、お肌への負担を最小限に抑えながらしっかりとメイクも落とすことができます。

洗浄力が強すぎることのない敏感肌対応のクレンジングを使い、洗顔石鹸で顔をもう一度優しく洗うことで、潤いのあるきめ細かなお肌を保ちましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

ダブル洗顔不要のクレンジングは、一見とても便利でお肌への負担も少ないのかと勘違いしてしまいがちです。

しかし、実際には顔を洗う回数が1回でいい分、お肌にとって大きなダメージとなる強い成分が配合されているということに注意をしなければなりません。

ダブル洗顔は少し手間がかかりますが、潤いのある美しいお肌を保つためには必要なのです。

また、クレンジング後に使用する洗顔石鹸には、ドラッグストアで購入できるものから通販でしか購入できないものまで、たくさんの種類が販売されています。

おすすめの石鹸が知りたい方や、どんなものがあるのか知りたい方は、こちらの記事も是非参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 玄米の栄養が凄い!苦手な人でも美味しく食べる方法とは?

  • あっ!という間に誰でもモチモチの泡が作れる洗顔料の泡立て方!

  • 傷んだパサパサの髪の毛をサラサラにする7つの方法!

  • 周りと差がつくリップケア!可愛くて人気のリップクリームまとめ!

  • 何歳から始めるべき?いつまでも若くいたい方のエイジングケア方法!

  • 女性のムダ毛処理は何がおすすめ?楽に処理できる人気アイテムとは?