1. TOP
  2. 美容・健康
  3. オーラルケアで口臭や歯の黄ばみを解消!おすすめ商品10選!

オーラルケアで口臭や歯の黄ばみを解消!おすすめ商品10選!

 2018/05/09 美容・健康  

お口のトラブルとして多く聞かれるのが、口臭や歯の黄ばみです。

口臭や歯の黄ばみは、人に相談しにくい悩みですよね。

かといって、どうやって対策をすれば良いのか分からないし…と悩んでいる人も多いと思います。

 

しかし、口臭や歯の黄ばみは、自身で「オーラルケア」をすることで改善させることができます。

ここでは、お口トラブルで多い口臭や歯の黄ばみに注目し、
これらの症状が起こる理由を説明するとともに、
オーラルケアの基本やおすすめのオーラルケア商品をご紹介します。

さらに、清潔なお口でいるために日頃から
心掛けるべきことも解説するので、口臭や歯の黄ばみに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

Sponsored Link

口臭や歯の黄ばみが起こるのはなぜ?

そもそも、口臭や歯の黄ばみが起こってしまうのは、なぜなのでしょうか?

口臭の原因、歯の黄ばみ、それぞれの原因をまとめました。

 

口臭の原因

口臭の原因として考えられるのは、主に次の5つです。

①強いにおいを持つ飲食物の摂取

ニンニクやお酒などの強いにおいを持つ飲食物を摂ると、口臭が発生します。

この口臭は長く続くことはなく、一時的であるのが特徴です。

 

②唾液の減少

唾液には、お口の中を掃除する働きがあります。
そして、この唾液がお口の中に十分にあると、口臭が発生しにくくなります。

ところが、唾液が減ってしまうとお口の中が
乾燥するため、唾液が持つ「掃除する」という働きが機能しなくなります。
このため、唾液が減少すると口臭が発生してしまうのです。

 

では、どのようなときに唾液が減るのかというと、
朝起きたときや長時間食事を摂っていないときなどです。

飲食物を噛んだり、人と話をしていたりするときに
唾液は分泌されるので、唾液の減少による口臭も一時的なものであるのが特徴です。

 

また、唾液は気分が落ち着いていてリラックスしているときにも分泌されます。
しかし、ストレスが溜まっていると、唾液の量は減少してしまいます。

つまり、ストレスの蓄積も口臭の原因となるのです。
このように、様々な現象や症状によ
る唾液の減少が、口臭を引き起こす原因となっています。

 

③喫煙

タバコに含まれる有害物質・ニコチンには、
唾液の分泌を抑えてしまう働きがあります。

また、同じくタバコに含まれるタール(ヤニ)は、
歯や舌に付着しやすく、かつそのまま長時間残ります。
このため、タバコを吸うと口臭を引き起こすのです。

 

④舌苔(舌の汚れ)

舌苔とは、舌に付いている白い汚れのことです。
どの人にも多少あるものですが、量が多いと口臭を引き起こします。

舌苔が生じるのは、お口の中が乾燥しているときです。
胃腸に関わる病気や体調が悪いときにも生じるといわれています。

 

⑤病気

お口の中で起こる病気の1つとして、
よく知られているのが歯周病です。

歯周病にかかってしまうと、
歯の正面に付くネバつき・歯垢(しこう)が溜まります。

この歯垢に含まれる細菌やたんぱく質が、
口臭の原因になるといわれています。
このため、歯周病になると口臭を引き起こしやすくなるのです。

 

また、胃腸関係の病気や耳鼻関係の病気、
喉の病気なども、口臭の一因となることもあるようです。

これら病気による口臭は、
治療を重ねていくうちに解消されていきます。

 

歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみの原因として考えられるのは、主に次の3つです。

①濃い着色料を持つ飲食物の摂取

カレーやケチャップなどの濃い着色料を含む
飲食物を摂ると、その着色料が歯に付いて
汚れとなり(着色汚れ)、黄ばみとなる場合があります。

また、ポリフェノールやカテキンといった
成分も着色汚れを引き起こし、結果的に黄ばみとなります。

 

②喫煙

先ほども取り上げたように、タバコに含まれる
有害物質・タール(ヤニ)が歯に付着すると、徐々に歯が黄ばんできます。

 

③加齢

歯の色は、歯の内側にある
「象牙質(ぞうげしつ)」の色によって決まります。
象牙質の色は、人によって黄色だったり白色だったりとまちまちです。

そして、その象牙質の色は、
象牙質を支えて歯の表面を覆う
「エナメル質」を通して見えるようになっています。

実は、象牙質の色は加齢に伴って徐々に濃い黄色になってきます。

 

さらに、エナメル質も加齢によって減ってきます。

象牙質の色はエナメル質を通して見えるわけ
ですから、加齢によって濃い黄色になった
象牙質が歯の色となってしまい、黄ばんで見えてしまうのです。

このように、口臭や歯の黄ばみの原因は
色々ありますが、その多くが生活習慣によるものが多いことが分かりますね。

 

オーラルケアの基本

口臭や歯の黄ばみは、
「オーラルケア」をすることによって改善されます。

オーラルケアというのは何かというと、
口臭や歯の黄ばみなどのお口トラブルを予防するために、お口の中をキレイに保つことです。

お口の中というのは、歯や舌など、お口の中にある部位も含まれます。

つまり、オーラルケアというのは、主に次の3点をケアすることが基本となります。

 

①歯のケア

歯のケアは、オーラルケアの基本中の基本といっても良いでしょう。

歯のケアを怠ってしまうと、口臭や黄ばみ、
さらには虫歯や歯周病といった症状を引き起こすことになります。

歯のケアは歯磨き粉と歯ブラシを使って
ケアをするのが一般的ですが、歯間ブラシやフロスなども使うとなお良いです。

なぜなら、歯間ブラシやフロスは、歯ブラシでは
取れなかった食べかすや歯垢を取り除くことが
できるので、一歩進んだお口トラブル対策をすることができるからです。

歯の表面だけでなく、歯のすき間を含めた
全体をケアすることが大切になります。

 

②舌のケア

舌のケアも、オーラルケアの基本の1つです。

なぜかというと、先ほど説明した通り、
舌が汚れていると(舌に舌苔があると)口臭の原因となるからです。

歯のケアばかりに目が行きがちになりますが、
舌をキレイにすることもお口の健康につながります。

舌は、主に舌の汚れを取る専用の
ブラシ(舌ブラシ)を使ってケアすることになります。
また、マウススプレーで、一時的な舌のケアをすることもできます。

 

③お口の中全体のケア

歯と舌のケアにプラスして行いたいのが、お口の中全体のケアです。

何をするかというと、マウスウォッシュや
デンタルリンスなどの洗口液を使って、お口の中をゆすぐのです。

オーラルケアの「仕上げ」といっても良いかもしれませんね。

洗口液を使ってお口の中をゆすぐことによって、
口臭対策ができるだけでなく、歯のケアの効果を高めることもできます。

つまり、虫歯や歯周病、歯の黄ばみなどの
歯に関するトラブルを予防することもできるのです。

このように、オーラルケアというのは歯や舌のケア
だけでなく、最後にお口の中全体を清浄することも含まれているのです。

 

オーラルケア商品の選び方

オーラルケア商品は、ケアする部位別に商品があって種類も豊富です。

各商品の特徴も異なるので、どの商品を選べば良いか迷ってしまうほど。

しかし、オーラルケア商品は、
「どのようなお口トラブルに悩んでいるか」
「どのようなお口トラブルを予防したいか」
明確にすることで、あまり悩まずに選ぶことができます。

つまり、オーラルケア商品は、目的別に選ぶと良いのですね。

たとえば、口臭や歯の黄ばみを改善させたい
(あるいは予防したい)のであれば、
次のようなオーラルケア商品を選ぶことができます。

 

トラブルオーラルケア商品の特徴例
歯磨き粉歯ブラシ舌ブラシ洗口液
口臭歯の汚れや歯垢を落とす力がある「エリスリトール」を含むもの歯垢を落とすのに適する「ふつう」のかたさのもの

※歯茎の状態によっては、「やわらかめ」や「かため」を選ぶこともできる

舌苔が濃い場合はブラシタイプ、ふつうの場合はシリコンタイプ口臭の原因となる細菌を殺菌する成分を含むもの
歯の黄ばみ・歯の黄ばみを落とす力がある「リンゴ酸」を含むもの

・着色汚れ(ステイン)を落とす力があるもの(ホワイトニング歯磨き粉など)

・歯垢を落とすのに適する「ふつう」のかたさのもの

※歯茎の状態によっては、「やわらかめ」や「かため」を選ぶこともできる

・ブラシが歯に密着し、歯垢をしっかり落とせるもの

着色汚れ(ステイン)を浮かせる成分が入っているもの

 

このように、口臭や歯の黄ばみでは、
それぞれに適しているオーラルケア商品も変わってきます。

まずは、今自分が抱えていたり、
気になっていたりするお口トラブルがあれば、
それを基準にオーラルケア商品を選びましょう。

また、今は気にしていないけど、
予防したいお口トラブルも把握すると良いですね。
そうすれば、自分に適したオーラルケア商品が選びやすくなるはずです。

 

おすすめのオーラルケア商品~口臭対策編~

ここでは、おすすめのオーラルケア商品を取り上げます。

まずは、口臭対策に適した商品を5つご紹介しましょう。

 

①リベルタ「恋するハミガキ デンティス」

オーラルケア商品をメインに展開しているリベルタの歯磨き粉です。

恋するハミガキ デンティスは、起床時に生じる口臭の対策に適しています。

その理由としては、

  • 口臭の一因である細菌・硫黄化合物をカバーする
  • セージ葉やカシス樹脂など9種類の植物エキスが口内の乾燥を防ぐ

の2点を特徴とするからです。

 

ハミガキ デンティスは、磨いた直後だけでなく、
起床時にもお口のすっきり感を味わえます。

朝起きたときの口臭や、口内環境が気になる人におすすめです。

 

<恋するハミガキ デンティスの価格>

100g 1,200円(税込)

※販売店により異なる場合あり

<恋するハミガキ デンティスの口コミ>

口の中がスッキリさっぱり!爽快感が続く。 翌朝のネバつきが軽減されて口内環境がよくなる。 朝磨くと、スッキリ感が続いて口臭にもいい感じ♪fan.liberta.net
磨いた後のスッキリ感が長時間続くのが印象的です(*^-^*) 起床時の口臭対策にも心強い味方です♪fan.liberta.net

 

②ライオン「クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプ」

虫歯や歯周病の予防商品を多く展開しているクリニカの歯間ブラシです。

この歯間ブラシのおすすめポイントは、

  • Y字型で使いやすい
  • 奥歯を含めた歯間に挿入しやすく、食べかすなどの汚れを除去しやすい
  • 高強度フロスを採用しているため、洗って繰り返し使える

の3点です。

 

たいていの歯間ブラシは使い捨てタイプですが、
この歯間ブラシは何度も使えるので、
コストパフォーマンスの面でも優れているといえるでしょう。

糸状のデンタルフロスや、I字型の歯間ブラシ
では使いにくいと感じている人におすすめです。

 

<クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプの価格>

1個18本入り オープン価格

※販売店により異なりますが、
300円前後で売られていることが多いようです。

<クリニカアドバンテージ デンタルフロスY字タイプの口コミ>

歯医者の定期点検にて、フロスを進められたものの、やり方や道具が良く分からず二の足を踏んでいたのですが、このY字フロスは初心者の自分にも簡単に使う事が出来ました。 特に奥歯には楽に届くので、毎日助かっています。値段的にもお安いので、これからも続けられると思います。Amazon
糸は本当に丈夫!以前は毎日一本で使ってたが、もったいないから、今はきれいに洗って、2日間は使ってる。他の形の持ち手もあるが、こっちの方が1番やりやすい、特に奥の歯には。オススメ。そして必ずリピします。Amazon

 

③Ebisu「やわらか舌クリーナー」

オーラルケア商品から日用雑貨まで、
幅広い商品を展開するEbisuの舌クリーナーです。

舌のケア対策商品はブラシタイプが多いのですが、
こちらの商品はシリコンで作られたラバーブラシが採用されています。

やわらか舌クリーナーのラバーブラシは、

  • 舌に付きやすいため、汚れを落としやすい
  • Ag+(銀イオン)が配合されているため、
    長期間クリーナーを清潔に保てる ※約3ヶ月使用可能
  • 一般的なブラシと比べると、舌を傷つけにくい

の3点を特徴としています。

 

また、舌を磨いているときに嘔吐しないよう、
ブラシ部分がしなやかに曲がるように設計
されているところも、この舌クリーナーの特徴です。

舌のケアに慣れていない人や、
ブラシタイプの舌クリーナーが苦手な人におすすめです。

 

<やわらか舌クリーナーの価格>

オープン価格

※販売店により異なりますが、
1本300円前後で売られていることが多いようです。

<やわらか舌クリーナーの口コミ>

痛くもなく舌のよごれがきれいに落ちて気持ちいいです。楽天
以前使っていて近くのドラッグストアからなくなり、ちがうのを2、3種類使ってみたのですが、やっぱりこれがオエッとなりにくくて舌触りもよいです。楽天

 

④花王「薬用ピュオーラ 洗口液 ノンアルコール ライムミント」

中高年の口臭対策商品として誕生したピュオーラの洗口液です。

ピュオーラの洗口液には3種類のラインナップがあります。

共通の特徴として、

  • 殺菌剤CPC(塩化セチルピリジニウム)配合で、
    口臭対策だけでなく、お口のネバつきや歯肉炎も予防できる
  • 口内の細菌のかたまりを分散し、
    洗浄効果が高いエリスリトールを配合している
  • 長時間、口内環境を清潔に保つ

の3点があります。

 

その中でもこのノンアルコール ライムミントを
おすすめするのは、ノンアルコールタイプのため刺激が少ないからです。

お口に刺激を与えることなく、やさしくオーラルケアができますよ。

 

<ピュオーラノンアルコールライムミントの価格>

1本420ml オープン価格

※販売店により異なりますが、
1本500円前後で売られていることが多いようです。

<ピュオーラノンアルコールライムミントの口コミ>

歯や歯茎がしみることなく、味も気持ち悪くなく使いやすいです。夜のハミガキ後に使うと、翌朝、口の中の状態が健康なかんじでオススメです。Amazon
毎晩歯を磨いた後に使っています。朝起きた時、口のねばねば感が消えているような気がして毎日使っています。Amazon

 

⑤ジョンソン・エンド・ジョンソン「リステリン トータルケア」

幅広い洗口液のラインナップが揃っているリステリンの商品です。

リステリンの洗口液は、目的別に商品が展開されています。

このトータルケアは口臭の他に、歯垢や歯肉炎、
お口のネバつき、着色汚れ、歯石の6つのお口トラブルにアプローチします。

お口トラブル全般をケアできるところが嬉しいですね。

トータルケアには、ノンアルコールで低刺激タイプもあるので、刺激に弱い人でも使えますよ。

 

<リステリン トータルケアの価格>

1本1000ml/500ml/100mlの3タイプ オープン価格

※販売店により異なりますが、
・1000ml…800円前後
・500ml…500円前後
・100ml…200円前後
で売られていることが多いようです。

<リステリン トータルケアの口コミ>

液体ハミガキはこれを使っていて口内トラブルは減っていると思います。ただアルコール感が強いのでアルコールが苦手な人はノンアルコールの方の購入をおすすめします。Amazon
今まで試してきた口腔洗浄液の中で一番効果があります。 夜に使うと、翌朝の口の気持ち悪さがありません。スッキリ感が長持ちします。Amazon

 

おすすめのオーラルケア商品~ホワイトニング編~

次に、歯の黄ばみを改善させる
おすすめのオーラルケア商品を取り上げます。

ここでは、ホワイトニングに特化した商品を5つご紹介しましょう。

 

①銀座ステファニー化粧品「リーチ ホワイトニング」

主に歯ブラシや歯間ブラシを展開するリーチの歯ブラシです。

リーチ ホワイトニングの特徴は、

  • 着色汚れ(ステイン)を取り除く3つの機能を採用
    ①歯全体の着色汚れを落とす「ステインクリーナー」
    ②歯間の着色汚れを取り除く「ステインクリーン毛」
    ③前歯の着色汚れを落とす「ホワイトニングパッド」
  • ブラシには、歯垢を落としやすくする極細毛と先の尖ったエッジ加工毛を採用
  • コンパクトなサイズで歯全体を磨きやすい

の3つです。

 

歯ブラシのかたさは「ふつう」と「やわらかめ」の
2種類あるので、歯茎の状態などを考慮して選ぶことができます。

歯の着色汚れ除去だけでなく、
虫歯や歯周病などのお口トラブルも予防したい人におすすめです。

 

<リーチ ホワイトニングの価格>

オープン価格

※販売店により異なりますが、
1本200円前後で売られていることが多いようです。

<リーチ ホワイトニングの口コミ>

とってもコンパクト・ふつうを使用しました。歯ブラシに、ステインクリーナーとホワイトニングパッドが付いていて斬新です。 毛にコシがあって、奥までしっかり磨けます。磨いた後は歯がツルツルになって、口内がスッキリします。@COSME
これ好きです! 特に裏側のでこぼこ部分で前歯をキュキュッとブラッシングすると、ステインが落ちてる気がします。あと歯茎に程よい刺激が与えられて、いいです! 少し高いけど、また買いたいです。@COSME

 

②ネイチャーラボ「トゥービー・ホワイト 歯ブラシ」

ホワイトニングに特化した歯磨き粉でお馴染みのトゥービー・ホワイトの歯ブラシです。

この歯ブラシには、

  • 歯の表面と歯間にフィットする凹型状のブラシを採用
  • 歯の汚れを徹底的に落とせる0.02mlの超極細毛と超軟質ゴム入り毛を採用
  • 歯磨き粉の泡立ちが良く、歯磨き粉の成分が歯に行き届きやすい

という特徴があります。

お口トラブルの中でも、特に歯の着色汚れ(ステイン)
が気になっていて、歯磨きから改善させたい人におすすめです。

 

<トゥービー・ホワイト 歯ブラシの価格>

1本 307円(税込)

※販売店により異なる場合あり

<トゥービー・ホワイト 歯ブラシの口コミ>

とても気に入っていますずっと使い続けたいと思います 歯と歯茎の間のよごれがすっきり取れますAmazon
毛先がやわらかく、軽い力でしなやかに磨けると思います。 奥の方までしっかり届いていると思います。 中央がホワイトニングのためのゴムとのことですが、歯を傷つけるような感覚はありません。(省略)Amazon

 

③GSK「シュミテクト やさしくホワイトニング」

知覚過敏や歯周病対策の歯磨き粉を
多く展開しているシュミテクトのホワイトニング専用歯磨き粉です。

やさしくホワイトニングには、

  • 着色汚れ(ステイン)を取り除く効果のある洗浄剤・ツインシリカを配合
  • 虫歯を予防するフッ素も配合
  • 歯がしみにくい

という特徴があります。

知覚過敏や歯周病対策をしつつ、ホワイトニングもできる優れものです。

 

<シュミテクト やさしくホワイトニングの価格>

オープン価格

※販売店により異なりますが、
1個700円前後で売られていることが多いようです。

<シュミテクト やさしくホワイトニングの口コミ>

歯が白くなります。 染みません。知覚過敏でしたが、これを使ってると、おさまります。 味もいいし、なんどもリピしています。@COSME
知覚過敏がひどいのと歯の黄ばみが気になり購入 歯にしみることなくゆっくり丁寧に歯磨きできるようになりました そのおかげなのか、本製品のホワイトニング効果なのかわかりませんが少し歯が白くなったように思います(省略)@COSME

 

④サンスター「オーラツー プレミアム クレンジングペースト」

オーラツー プレミアム クレンジングペーストは、
ホワイトニングの集中ケアに特化した商品です。

特徴としては、

  • 着色汚れ(ステイン)を除去する強力なシリカを配合
  • 口臭予防効果もある

が挙げられます。

週1回、通常の歯磨きの後に、
このクレンジングペーストで歯を磨くだけでホワイトニング対策ができます。

美容製品の口コミサイト@コスメの
オーラルケア部門で、ベストコスメアワードを受賞するほど好評の商品です。

 

<オーラツー プレミアム クレンジングペーストの価格>

オープン価格

※販売店により異なりますが、
1個700円前後で売られていることが多いようです。

<オーラツー プレミアム クレンジングペーストの口コミ>

歯と歯の間の黒ずみを取りたくて、こちらの商品と歯間ブラシを購入。 週に1回を2か月ほどしていますが、黒ずみがかなり改善しました^^(省略)@COSME
使用を続けてて歯の元の白さを実感できるようになりました!(個人差あり)泡立たないのでしっかり磨けます。@COSME

 

⑤ジョンソン・エンド・ジョンソン「リステリン ホワイトニング」

洗口液のラインナップが豊富なリステリンの商品です。

このリステリン ホワイトニングで口をゆすぐ
ことによって、歯に付いた着色汚れ(ステイン)が浮きやすくなります。

さらに歯のコーティング効果もあり、
新たな着色汚れを付くのを防いでくれます。

頑固な着色汚れが気になっている人におすすめです。

 

<リステリン ホワイトニングの価格>

1本1000ml/500ml/250mlの3タイプ オープン価格

※販売店により異なりますが、
●1000ml…1,000円前後
●500ml…700円前後
●250ml…400円前後
で売られていることが多いようです。

<リステリン ホワイトニングの口コミ>

歯の着色を浮かせて、落として、コーティングもしてくれます。 60秒ゆすぎ磨きするだけの簡単ケアです。 使い始め一週間くらいで、鏡を見た時に白くなっている感じがしました! 継続して使用しています!@COSME
60秒ゆすいでブラッシングするだけで自然な白い歯にしてくれます。簡単なので、毎日のケアに使用しています。ミントがスッキリするので良いです。@COSME

 

キレイなお口でいるために心がけたいこと

オーラルケア商品を活用するだけでなく、
次のことを実践すれば、よりお口をキレイかつ健康的に保つことができます。

 

①歯ブラシや舌ブラシはこまめに替える

歯ブラシや舌ブラシは、ずっと使っていると毛羽立ってきます。

「まだ使えそう」と思ってそのまま使い続けるのは好ましくありません。

なぜなら、開いた状態のブラシでは、歯の汚れが落ちにくくなるからです。

パッケージに取り替え適した時期が記載されている
歯ブラシもありますが、毛羽立ってきたら替え時なので、新しいブラシを買いましょう。

 

②定期的に歯科医院でのケアを受ける

歯科医院は、虫歯や歯周病などの
症状が起きてから行くのが一般的ですが、
歯やお口の中を清浄するためにも行っておきたいものです。

歯科医院で行ってくれるオーラルケアは、
着色汚れや歯垢、歯石の除去がメインです。

もちろん、先ほどご紹介したオーラルケア商品
を使って自分でケアをすることもできます。

 

しかし、プロにお願いすれば、自分ではケア
できなかったところをキレイにしてくれたり、
気が付かなかった症状を教えてくれたりすることもあります。

毎月歯科医院でオーラルケアをしてもらう
必要はありませんが、半年に1回など、定期的にケアをしてもらえば安心です。

オーラルケアは、セルフケアとプロのケア、
両方をうまく取り入れて行うようにしましょう。

 

③オーラルケア商品は正しく使う

せっかくオーラルケア商品を買っていても、
正しく使えていなければ意味がありません。

たとえば、

●歯磨き粉…つけ過ぎると研磨剤の効力が強くなって歯がすり減る

●歯ブラシ…やさしく磨くように使わないとエナメル質が傷つく

●舌ブラシ…力を入れて強く使うと舌を傷つける

というように、誤った使い方をしていると、
お口の健康を害することになってしまいます。

 

オーラルケア商品の正しい使い方は、
担当の歯医者さんに教えてもらうか、
各商品メーカーの公式ページで確認すると良いでしょう。

プロに教えてもらうことで、
正しいオーラルケア商品の使い方を身に着けることができます。

 

④オーラルケアは継続して行う

オーラルケアは、数回行ったら終わりではありません。

毎日継続して行うことで、お口の中をずっとキレイに保つことができます。

人によっては、これまでに実践してこなかった
ケアもあるかもしれませんが、数日間継続して行っていけば、徐々に習慣化されるはずです。

ぜひオーラルケアは毎日実践して、トラブル知らずなお口を目指しましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

お口トラブルで多い口臭や歯の黄ばみは、
オーラルケアを行えば徐々に改善されていきます。

また、オーラルケアは、
お口の中全体の健康も保つことにもつながります。

ここでご紹介したオーラルケア商品の中で、
気になるものがあればぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!