1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 酒粕の健康・美容パワーが凄い!栄養素を効率よく摂る方法は?
Sponsored Link

酒粕の健康・美容パワーが凄い!栄養素を効率よく摂る方法は?

皆さんは、「酒粕」と聞くとどのようなことをイメージするでしょうか?
「甘酒やかす汁に含まれているもの」といったところでしょうか。
酒粕が使われる料理はあまり多くないので、馴染みが薄いかもしれませんね。

しかし、そんな酒粕は、実は栄養価が高く、
健康・美容効果を引き出す調味料であるといわれているのです。

ここでは、酒粕に含まれる優れた栄養素とその働きをご紹介します。

併せて、酒粕の栄養素を効果的に摂る方法も
お教えするので、酒粕の健康・美容パワーが気になったらぜひ参考にしてくださいね。

Sponsored Link

酒粕とは?

そもそも「酒粕」とは何なのでしょうか?
酒粕は、日本酒を作る過程で作られます。

米と米麹、水が発酵された後に残る固形物
(もろみ)を絞ったときに出る液体が日本酒となり、その残りが酒粕です。

酒粕は日本酒を作る過程で生まれる「残り物」
ではあるのですが、甘酒やかす汁などの食べ物に加える調味料として重宝されています。

そして今、この酒粕に含まれる栄養素に健康、
美容パワーがあると注目が集まっているのです。

 

酒粕に含まれる栄養素とその働き

酒粕に含まれる栄養素は意外にも多く、優れた働きを持つものばかりです。

ここで、酒粕に含まれる主な栄養素と期待できる効果について説明しましょう。

たんぱく質

たんぱく質は、ダイエット中に摂ることが推奨されている栄養素の1つです。

筋肉を作るサポートをするため、
摂取すれば新陳代謝のアップ効果を期待できます。

酒粕に含まれるのは、「レジスタントプロテイン」というたんぱく質です。

 

このレジスタントプロテインは、胃で消化されにくい
たんぱく質ではあるのですが、腸に達したときに脂肪を吸収するという特徴があります。

吸収された脂肪は便となって排出されるため、
レジスタントプロテインは「体に脂肪が蓄積されないように働きかけるたんぱく質」として知られています。

つまり、酒粕に含まれるたんぱく質は、
新陳代謝の促進だけでなく、肥満防止効果も期待できる栄養素といえるのです。

 

食物繊維

食物繊維も、ダイエット中に積極的に摂ると良いといわれれる栄養素です。
食物繊維は、便秘改善効果がある栄養素であることは知っている人も多いことでしょう。

老廃物である便が排出されれば、
新進代謝のアップや肌荒れの改善も期待できます。

さらに食物繊維には、血糖値の急上昇を抑えたり、
脂肪のもとになるホルモン・インスリンの生成を抑えたりする働きも持っています。
酒粕は、そんなダイエット効果の高い食物繊維を豊富に含んでいます。

 

ビタミンB群

酒粕が作られる過程で、ビタミンB群が豊富に生まれます。

ビタミンB群は全部で7種類あるのですが、
酒粕にはそのうち5種類のビタミンBが含まれています。

栄養素 主な働き
ビタミンB1 糖質の代謝を助ける
ビタミンB2 ・脂質の代謝を助ける

・活性酸素を取り除く

・細胞の再生を促進し、お肌の健康を保つ

ビタミンB5(パントテン酸) ・悪玉コレステロールを下げる

・免疫を向上させる

ビタミンB6 ・脂質の代謝を助ける

・ホルモンバランスを整えてPMS(月経前症候群)を防ぐ

葉酸 ・貧血を予防する

・たんぱく質やDNAの合成に関わり、胎児の成長を促す

こうしてみると、酒粕に含まれるビタミンB群は、
美容・ダイエットに関わる働きを持つ栄養素が多いことが分かりますね。

 

ミネラル

ミネラルは筋肉や骨、酵素などの材料となるので、
私たち人間が生きていくうえで必要不可欠な栄養素です。

しかし、体内で作られないので、
食べ物から摂取しなければ得られない栄養素でもあります。

ミネラルは全部で13種類ありますが、
酒粕にはカリウムやマグネシウムなど多くのミネラルが含まれています。

 

また、栄養素ではありませんが、酒粕には
発酵菌の1つ酵母菌が含まれている点も注目したいところです。

なぜなら酵母菌には、

  • 食べ物で摂り過ぎた糖質にアプローチし、体外へ排出させる
  • 善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える
  • 腸内環境を整えたり、コレステロール値を下げたりする食物繊維の仲間「βグルカン」を含む
  • 酒粕を作る過程において、ビタミンB群を生む

という特徴があるからです。

酒粕は健康や美容、そしてダイエット効果を
期待できる栄養素を含む優れた調味料といえるでしょう。

 

酒粕のカロリーは?糖質は多い?

酒粕100gあたりのカロリーは、次の通りです。

エネルギー たんぱく質 脂質 炭水化物
食物繊維 糖質
227kcal 14.9g 1.5g 5.2g 18.6g

※文部科学省「食品成分データベース」より作表

 

酒粕の甘酒には砂糖が多く加わっているので、
「酒粕は高カロリー」というイメージがあるかもしれません。

しかし、酒粕自体のカロリーは驚くほど高いものではありません。

実際、酒粕の甘酒で使われる酒粕の量は、
1人分でたいだい30gなのでカロリーは約70kcalになります。

 

また、糖質に関しても、高糖質というわけではありません。

酒粕の甘酒の場合、1人分で約30gの酒粕を使うとなると、糖質量はだいたい5.5gです。

酒粕自体のカロリーや糖質は、意外にも低いことが分かるでしょう。

 

酒粕の効果的な摂り方

酒粕は、スーパーやインターネット通販で買うことができます。
1日50gを目安に摂れば、いつ食べても問題ありません。
ライフスタイルに合わせて摂ると良いでしょう。

そして、酒粕の摂り方は色々あります。
ここでは、酒粕の効果的な摂り方をご紹介するので参考にしてください。

 

酒粕をそのまま食べる

想像がつかないかもしれませんが、酒粕はそのまま食べることができます。

生の酒粕を食べることによって、先ほど
「酒粕に含まれる栄養素とその働き」で取り上げた
酒粕の栄養素をそのまま体に取り込めます。

甘さが足りないと思った場合は、
砂糖などの甘味料を加えて食べても問題ありません。
おやつ代わりに一度試してみてはいかがでしょうか。

 

酒粕をペースト状にして摂る

酒粕をそのまま食べることに抵抗がある場合は、
酒粕をペースト状にして料理や食品と一緒に食べると良いでしょう。

酒粕をミキサーにかけるだけで、ペースト状の酒粕が完成します。

ミキサーがない場合は、水と酒粕を鍋に入れて
やわらかくなるまで煮ると、ペースト状の酒粕を作ることができます。

酒粕のペーストは、ヨーグルトに混ぜたり、
スムージーの一材料にしたりして活用できますよ。

酒粕のペーストも、酒粕の栄養素をそのまま摂ることができるのでおすすめです。

 

酒粕をつかって粕漬けを作る

こちらも、生の酒粕を摂ることができる食べ方です。

酒粕を使ったぬか床にお好みの野菜などを漬ければ、粕漬けを作ることができます。

使う野菜は、きゅうりや人参など定番の漬物で使われる食材を使うと良いでしょう。

多めに作っておけば、いつでも粕漬けを食べられます。

普段の食事を彩る一品としても活躍するでしょう。

 

酒粕を溶かして甘酒にする

甘酒は、酒粕を使った定番飲料ですね。

甘酒の作り方はとても簡単です。

1人分の甘酒の場合、酒粕50gと水200mlを鍋に入れて沸騰させたら完成。

お好みで砂糖や食塩などを入れれば、より美味しく頂けますよ。

 

酒粕をつかってかす汁にする

かす汁も、酒粕を使った定番料理です。
体を温めてくれるので、冷え性を改善させたり、
代謝を促進させたりする効果を期待できます。

<材料(2人分)>

・お好みの食材(鶏肉/鮭/大根/人参など)
・酒粕…50g
・だし汁…200ml
・酒…小さじ1.5

<作り方>

1. だし汁にちぎった酒粕と酒をボウルに入れて、酒粕をやわらかくする
2. 鍋にだし汁と切ったお好みの食材を入れる
3. 1でやわらかくした酒粕を2に入れ、塩などで味付けをして完成

お好みで入れる食材にたんぱく質や食物繊維が
豊富なものを選べば、ダイエット向けのかす汁を作ることができるでしょう。

 

加熱すると栄養素はどうなる?

加熱すると、一部の栄養素が失われてしまう食材ってありますよね。

では、酒粕の場合はどうなのでしょうか?

酒粕の場合、加熱すると酵母菌が失われてしまうといわれています。

 

一方、食物繊維やミネラル、ビタミンB群の一部は残るようです。

つまり、酒粕に含まれる栄養素全てが失われることはない、ということになります。

もし、酒粕に含まれる栄養素を全て摂りたい
のであれば「酒粕の効果的な摂り方」で取り上げた、
①そのまま食べる/②ペースト状にして摂る/③粕漬けを作る方法で、酒粕を食べると良いでしょう。

 

酒粕を摂るときの注意点

酒粕は1日50gを目安に摂り、過剰摂取には注意しましょう。

酒粕に含まれる糖質はそれほど多くないものの、
摂り過ぎると太る原因を作ることになります。

食塩や砂糖などの甘味料を加えて食べる場合は、その量を控えめにしてください。

 

また、酒粕にはアルコールが含まれています。

このため、自動車などを運転する予定があるときは、摂るタイミングに注意が必要です。

そして、摂り過ぎると酔いが回って
体調を崩す恐れもあるので、適切な量を摂るようにしてください。

 

まとめ

いかがでしたか?
酒粕は、実は栄養価が高く、健康、美容効果を
期待できる優れものであったことをお分かりいただけたかと思います。

今まで馴染みがなかったかもしれませんが、
この機会に酒粕を食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

毎日継続して摂って、酒粕に含まれる栄養素の効果を実感してみてくださいね。

また、酒粕の栄養素を効率良く取りたい時は、
サプリメントなどの健康食品もおすすめです。

特に『こうじ酵素』はおすすめで、熱を加えずに
つくられているため、酒粕の栄養をしっかり摂ることができます。

今なら3ヶ月のモニター価格でお得に購入できるので、興味があればお試し下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
資生堂がプチプラに参入!話題のブランドを乗り遅れる前にチェック!


高級化粧品のイメージが強い資生堂が、
ついにプチプラブランドをオンラインショップ限定で展開!

無料会員登録すれば1品から送料無料で便利すぎ!

今年大注目のブランドをいち早く手に入れて周りの人に教えてあげよう♪
レシピストの公式サイトはこちら

こちらも良く読まれています!

  • テカリの気になる女性必見!脂性肌の原因と効果的な改善方法まとめ!

  • ダイエットや肌にも嬉しいココナッツオイルの効果とおすすめの使い方

  • ツヤ肌メイクも自由自在!口コミで人気のフェイスパウダー15選!

  • 朝に洗顔料は不要?自分の肌に合わせた正しい朝洗顔の方法とは?

  • 40代からのスキンケア!口コミで人気のおすすめ化粧水10選!

  • 乾燥肌の原因と改善に効果的な5つの対策