敏感肌や乾燥肌でも肌荒れしない!市販の洗顔石鹸ランキング!

 2016/08/11 美容・健康  

テレビCMなどでも良く耳にする言葉「敏感肌」。
医学的な病名ではありませんが、
「女性の80%が生活の中で、敏感肌だと感じたことがある」といいます。

敏感肌の方は、化粧品選びはもちろん、
洗顔料選びにも気を付けなくてはいけません。
数ある中でも特におすすめなのが洗顔石鹸です。

洗顔石鹸は天然の成分から作られているので、
肌に刺激となる余計な成分が入っていないのが特徴です。
そのため、敏感肌の方でも安心して使用することができます。

 

そこで今回は、敏感肌を改善するための
原因と対策だけでなく、人気の洗顔石鹸を
市販と通販に分けて御紹介したいと思います。

数ある商品の中から、口コミや評判を元に
厳選したおすすめの石鹸ばかりなので、
敏感肌の改善や石鹸選びの参考にして下さい。

本気で敏感肌でお悩みの方は、改善のためにも
初めから最後まで読んでいただきたいと思います。

とは言え、少々長い記事になりますので、
お急ぎの方は下記の目次も御利用下さい。

⇓⇓洗顔石鹸付き!なんとお試し500円!⇓⇓

敏感肌とは?

敏感肌とはどんな状態をいうのでしょうか?
以下のような症状が敏感肌の特徴です。

  • 肌にチクチク刺激を感じる
  • 突然肌が赤くなる
  • 化粧品をつけたら、かゆみが出る
  • 化粧品がヒリヒリしみる
  • 保湿をしても、カサカサする
  • 今まで大丈夫だった化粧品なのに、突然肌荒れを起こすようになった。

化粧品だけが原因でなく、髪の毛が触れた
ところが痒くなったり、少し汗をかいた
だけで肌が赤くなってしまう等も敏感肌の症状です。

 

敏感肌になる原因

敏感肌の直接的な原因は、
乾燥による肌のバリア機能の衰えです
肌が乾燥すると、外からの刺激を受けて
ダメージを受けやすくなってしまいます。

なぜ乾燥によって敏感肌になってしまうのか?
について、もう少し詳しく原因を探っていきたいと思います。

 

紫外線

日焼けで起きるトラブルはシミだけだと思っていませんか?
紫外線は肌の乾燥も引き起こします。

紫外線を浴びると肌はダメージを受けて、
水分をキープする力が弱くなってしまうのです。

紫外線=乾燥の原因=美肌の大敵
であるということを覚えておきましょう。

 

室内の環境

冷房、暖房による空気の乾燥で、
肌は敏感な状態に傾きます。
自宅にいる場合は自分で調整ができる
と思うので、乾燥しないように注意しましょう。

職場などの自分では管理できない場所に
1日中いる方は、風を直接受けないように
したり、保湿をいつも以上に心掛けるなどの工夫が必要です。

 

ストレスや睡眠不足

過剰なストレスによってイライラしたり、
睡眠時間が5時間以下で、いつも寝不足気味
といったことに心当たりはありませんか?

ストレスと睡眠不足は、自律神経の乱れに
つながり、肌のバリア機能を弱めてしまいます。

忙しいと生活習慣にまで気を配る余裕が
なくなってしまいますが、
敏感肌になっていると感じたら、
毎日の生活を見直すきっかけにしましょう。

気分転換に軽い運動をすると
ストレスが解消されたり、
睡眠の質を改善できるのでおすすめです。

 

間違ったスキンケア

洗顔時にゴシゴシ擦りすぎると、
肌に負担となり乾燥を引き起こします。

洗顔はしっかりと泡立てれば泡が
汚れを吸着し、古い角質も自然と剥がれ
落ちるのでゴシゴシ擦る必要はありません。

洗顔する水の温度ですが、人肌以上の熱い
お湯で顔を洗うことは、必要以上に肌の
油分を落としてしまうので注意しましょう。

 

また、毎日皮脂を取るパックをすることも
肌の負担となるので、スキンケアのやりすぎには注意が必要です。

洗顔後やパックの後には、なるべく早く
保湿することを心掛け、乾燥から肌を守りましょう。

このように、敏感肌と肌の乾燥は
密接な関係があり、肌の乾燥を
防ぐことが敏感肌の改善にも繋がります。

 

敏感肌や乾燥肌に洗顔石鹸がおすすめな理由!

敏感肌になっている状態というのは、
肌の角質層が傷付き、回復力も落ちて
ボロボロになっている状態です。

対処療法として敏感肌用の化粧品を
探し続けるよりも、まずは基本となる
洗顔を見直すほうが敏感肌の改善には効果的です。

また、乾燥肌の場合も同様に、
洗顔によって肌に余計な刺激を与えていたり、
必要な皮脂まで落としすぎてしまうこと
大きな原因になっていることが多いです。

いくら化粧品で保湿しても、肌に負担を
かけた洗顔をしていれば、いつまでも
乾燥肌は改善できないでしょう。

 

気を付けて洗顔料を選んでいても・・・

敏感肌や乾燥肌の方は、日頃から洗顔料には
気を付けて選んでいるという方も多いはず。

洗顔後のつっぱり感は乾燥を連想させるため、
敏感肌や乾燥肌の方は、一般的に肌がつっぱる
というイメージが強い石鹸での洗顔を避けることも多いのではないでしょうか?

どちらかと言えば、『肌に優しい』という
謳い文句につられて弱酸性の洗顔料を選びがちです。

しかし、敏感肌や乾燥肌の方にこそ洗顔石鹸がおすすめです。

なぜなら、洗顔料と洗顔石鹸を比較した場合、
本当は洗顔石鹸の方が刺激も少なく、肌に優しいからです。

なぜ洗顔石鹸の方が肌に優しいかについて、
これからその理由を御紹介します。

 

洗顔料と洗顔石鹸の違い

洗顔料と石鹸の違いと聞くと、
「固形なのかチューブに入っているのか?」
といったように、見た目が違うだけだと思っていませんか?

でも実は、固形でも石鹸でない場合もありますし、
その逆でペースト状の石鹸もあります。

本当の意味で洗顔料と石鹸を区別する
ためには、
その形状だけではなく、
配合されている成分を見る必要があります。

 

洗顔料の特徴

石鹸との違いは、「合成界面活性剤」が
含まれているということです。
敏感肌や乾燥肌の人には、
この成分はあまりおすすめできません。

これは食器用洗剤にも入っている成分ですが、
洗浄力がかなり強いという特徴があります。

そのため、皮脂を必要以上に取り過ぎてしまったり、
乾燥や肌の角質層にあるバリア機能を壊す原因となってしまいます。

 

そうは言っても、洗顔料で洗顔してみると
洗い上がりがしっとりするように感じますよね?

しかし、それこそが罠であり、
実は肌が潤っているわけではありません。

市販の洗顔料のほとんどは、使用感を
向上させるために油分を入れています。
それが肌に残ることで、
つっぱり感をなくしているものがほとんどです。

 

つまり、本当は肌が乾燥しているのに、
余計な油分が残ることで、肌は潤っていると誤解してしまうのです。

肌は元々、乾燥から守るために皮脂の
調整なども行っています。

この人工成分に慣れてしまうと、
肌が本来の機能を失ってしまい、
敏感肌や乾燥肌の人は、
さらに乾燥が進んでしまうと言えるでしょう。

 

洗顔石鹸の特徴

洗顔石鹸の場合は、
「脂肪酸ナトリウム」「脂肪酸カリウム」
という天然成分で出来ています。

洗顔石鹸には合成界面活性剤が
含まれていないため、肌に必要な成分まで
強力に落としすぎることはありません。

また、洗顔石鹸は弱アルカリ性なので、
弱酸性の洗顔料より汚れを落としやすいという特徴があります。

 

肌は常に弱酸性に保たれていますが、
石鹸で洗顔すると一時的にアルカリ性に傾きます。

実はこれがつっぱり感の正体でも
あるのですが、健康な肌はすぐに弱酸性に戻ります。

これを中和機能と言い、元に戻る時に
肌が活性化し、健康な肌作りにも繋がります。

 

このように、洗顔石鹸は肌に負担の
少ない成分で作られているだけでなく、
肌に不要なものだけ落とし、
健康な肌作りをサポートしてくれるものです。

そのため、敏感肌や乾燥肌のように
弱ったバリア機能を正常に戻すのに最適なのは洗顔石鹸です。

敏感肌や乾燥肌の方に限らず、
肌に不要な汚れや古い角質を落とす
という洗顔本来の目的で選ぶならば、
健康な肌の方も洗顔石鹸を選択すべきと言えます。

 

【注意】
見た目が固形の石鹸のように見えるものでも、
合成界面活性剤が入っていて、実は
「洗顔料」だった!という場合もあります。
洗顔石鹸を購入する際には、
成分をよく確認するようにしましょう。

 

洗顔石鹸の魅力

①洗顔石鹸は余計なものが入っていない

洗顔石鹸はシンプルにつくられているものが
多いので、合成界面活性剤だけでなく、
防腐剤、香料、着色料、アルコールなど、余計な成分が入っていません。

敏感肌の方は、これらの余計な成分が
肌への刺激や乾燥につながってしまうので、
シンプルな成分の洗顔石鹸はとても魅力的です。

 

②洗顔石鹸は洗い流しやすく、成分が肌に残りにくい

洗顔石鹸は水で洗い流した時に、
肌の表面に成分が残りにくいのが特徴です。

洗顔料の場合は独特のヌルヌルした
感じがあり、ぬるま湯で何度もすすがないと、
落ちていないように感じることがあります。

洗顔後の肌に洗顔料の成分が残って
しまうと、様々な肌トラブルの原因となります。
敏感肌や乾燥肌は、肌に負担をかけないことが重要です。

水だけでスッキリ流しやすいことが、
洗顔石鹸の魅力であり、美肌を保つポイントです。

 

③洗顔石鹸は洗顔後のスキンケアを浸透させやすい

洗顔石鹸の成分はとてもシンプルです。
洗顔料とは違い、人工的な油分などの
保湿成分は含んでいないので、
洗顔直後はややつっぱり感を感じる人もいるかもしれません。

ですが、それは洗顔後のスキンケアには大切な事。
洗顔後に化粧水や美容液を肌に浸透させるには、
お肌は何にも覆われていない方が良いのです。

 

逆に、余計な油分が配合されている
洗顔料の場合、せっかく洗顔後の
お手入れをしても、お肌の中に届かない可能性があります。

つっぱり感は乾燥していると誤解している
方も多いですが、先程も少し触れたように、
肌がアルカリ性に傾いた洗顔直後は、
適度なつっぱり感があるのが普通です。

それが長く続いたり、ヒリヒリするようなら
かなり重度の敏感肌ということになりますが、
アレルギーなどの可能性もあるので、
その場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

詳しくは、
石鹸洗顔は良くない?洗顔後に肌がつっぱる原因とは?
でもまとめてあるので参考にしてください。

 

洗顔石鹸の選び方

洗顔石鹸の選び方ですが、
弱酸性や中性ではなく弱アルカリ性のものが良いでしょう。

本来の石鹸は、アルカリ性のものだけです。
ニキビなどに有効と言われる薬用せっけんも
乾燥肌や敏感肌にはおすすめできません。

石鹸のように見えるものがたくさん売っていて
紛らわしいですが、本物の石鹸を選ぶようにしましょう。

 

また、無添加という言葉だけに騙されないないようにしましょう。

無添加と書かれていると、
私たちは無条件に良いものだと思ってしまいます。

しかし実際は、無添加という表現には
メーカーによってもかなり差があるのが現状です。

そのため、無添加にこだわる場合は、
化学成分が完全無添加であるか
をしっかり確認するよう
にしましょう。

香料が苦手な人は、
香料が無添加かどうかも要チェックです。

さらに、洗顔石鹸に使われている
油の種類によっても特徴があります。
下記のようなよく使われるものは覚えておくとよいでしょう。

 

オリーブ油や米ぬか油がベースの石鹸

オリーブオイルや米ぬか油がベースと
なっている石鹸には、オレイン酸が豊富に含まれています。

皮脂を洗い流す力が弱く、適度に皮脂を残します。
乾燥肌・敏感肌の方にはこちらがおすすめです。

 

パーム油や牛脂がベースの石鹸

パルミチン酸やステアリン酸を多く含み、
皮脂をしっかり取り去るのが特徴です。

100%の石鹸は少なく、
ヤシ油などを混ぜて作る場合が多いです。

オイリー肌や混合肌の方や、
スッキリした洗い上がりが好みの方におすすめです。

 

敏感肌や乾燥肌は保湿成分が含まれている洗顔石鹸がおすすめ

上記のように刺激の少ない洗顔石鹸を
選ぶことは大前提として、さらに保湿成分が
配合されている石鹸がおすすめです。

保湿成分といっても化学合成された
ものではなく、植物由来のエキスなどの天然保湿成分です。

保湿成分が配合されることにより、
洗浄力もマイルドになりますし、洗い上がりもしっとりします。

乾燥肌やつっぱり感が苦手という方は、
特に保湿成分の多く含まれている石鹸を選ぶと良いでしょう。

ただし、アレルギーなどがある方は、
配合されている天然保湿成分にも注意が必要です。

 

敏感肌には純石鹸がいい?

『敏感肌の方には純石鹸がいい!』
なんて話を聞いたことがある方は多いと思います。

これは、肌荒れなどの症状で皮膚科を
受診すると、純石鹸で洗顔することを
薦められることも多いからです。

しかし、純石鹸は石鹸の中でも洗浄力が
高いので、基本的にはおすすめしません。

肌質によっては安易に使うと、
余計ヒリヒリしたり、乾燥を悪化させる場合もあるからです。

 

そもそも純石鹸と無添加石鹸を
同じものと考えている方もかなり多いです。

純石鹸は、パッケージなどに記載されている
内容成分が、石鹸素地(脂肪酸ナトリウム)、
グリセリン、水といった成分だけでできているものをいいます。

つまり、肌に良いと言われる
天然保湿成分なども一切含まれていない石鹸です。

 

確かに余計な成分が入っていない
安全な石鹸ではありますが、
美肌のためにつくられた石鹸ではないことは理解しておきましょう。

敏感肌でも使えて、美しい肌を
目指しているのであれば、
刺激の少ない天然の美容成分などが
配合された無添加石鹸の方が遥かにおすすめです。

何を使っても肌荒れを起こしてしまったり、
皮膚科を受診するレベルの敏感肌で、
純石鹸を薦められたという場合でなければ、
わざわざ純石鹸を選ぶメリットはあまりないでしょう。

 

製法によっても保湿成分の残り方が違う!

純石鹸のようにシンプルだからこそ
工場で大量生産されるものも多く、
ドラッグストアなどで販売されているものは、
100円程度で購入できる純石鹸も多いですよね。

このように石鹸の製法によっても違いがあり、
安価な石鹸は大量生産に向いている
『機械練り』や『中和法』と呼ばれる製法で
つくられていることが多いです。

これらの製法は、簡単に作れることや、
泡立ちが良かったり、形が崩れにくい
などのメリットはあります。

しかし、最初にグリセリンと脂肪酸を
分けて除去してしまうので、石鹸を作る
過程でうまれるグリセリンはほとんど残りません。

 

一方、手間暇かけてつくられた枠練り製法や
コールドプロセス製法によって、
保湿成分であるグリセリンを多く残す製法もあります。

その分価格も高めになりますが、
敏感肌や乾燥肌にはこちらの製法でつくられた石鹸がおすすめです。

⇓⇓敏感肌用石けん、化粧水も付いて超お得!⇓⇓

敏感肌や乾燥肌におすすめの洗顔石鹸(市販編)

ここからは、敏感肌の方に口コミで
人気がある洗顔石鹸をいくつか御紹介します。

まずはドラッグストアなどの実店舗で
市販されているお手頃な商品を中心にまとめてみました。

店頭にはたくさんの商品が並んでいるため、
どれを選べばよいか迷ってしまう方も多いと思います。
石鹸を選ぶ時の参考にしてください。

 

ソンバーユ 馬油石鹸

img_sekken750

出典:楽天

馬湯(バーユ)という馬から摂った
天然の油が主原料の石鹸です。
馬油は浸透力が高く、保湿力に優れています。

人間の皮脂にも近い成分なので、
古くから火傷治療の薬としても使われていたそうです。

肌の潤いを保ったままほこりや汚れを
洗い流してくれる石鹸です。

 

馬油石鹸を使った人の口コミ

・泡立ちが良くて細かい泡が毛穴の中に入りこんでくる!汚れがスッキリ取れる感じ。

・洗い上がりはしっとりしてつっぱらないので乾燥する冬にも良さそう。

・敏感肌ですぐかゆみが出る体質だったけれど、これを使ってから肌の調子が改善した。

 

よもぎせっけん4個箱

7f029ea122472322d568597c8ec2d786d0a478f5.76.1.8.2

出典:楽天

ヨモギエキスは、防腐・殺菌・血行促進
などに優れていますが、保湿にも効果があります。

よもぎ石鹸は、熊本県で取れる
ヨモギの若葉を独自の製法で加工しています。
成分は、石鹸素地・ヨモギエキス・水という非常にシンプルな石鹸です。

 

よもぎ石鹸を使った人の口コミ

・ヨモギの殺菌効果のおかげか、ニキビが出来にくくなって嬉しい。

・やわらかくてきめ細かい泡ができる。

・使い心地がマイルドなので敏感肌でも安心できる石けん。

・汗をかいた後のかゆみが、すっきりおさまるようになった。

 

アルソア クイーンシルバー

img58921310

出典:楽天

少し値段は高めですが、根強いファンがいる石鹸です。
天然ミネラル成分配合。
堆積岩、火成岩、炭が配合されていて、色は真っ黒。

70日間という期間をかけて、
丁寧につくられているこだわりの石鹸です。

ドラッグストアではあまり見かけませんが、
各地にあるアルソアサロン等で購入できます。

 

アルソア クイーンシルバーを使った人の口コミ

・母も祖母もこの石けんを使っていて、年齢に関係なくずっと使えるのがいい。

・他の石けんだと肌荒れするので、結局これに戻ってきます。

・無料サンプルから使い始め、化粧のりが良くなることをすぐに実感した。

 

カウブランドの赤箱(牛乳石鹸)

header_image

出典:cow-aka.jp

だれもが一度は目にしたことがある、牛乳石鹸のブランド。
昭和3年から多くの人に親しまれてきた老舗の石けんです。

ミルク成分、スクワラン配合でもっちりとした泡が特徴。
乾燥肌、アトピー肌の人にも人気の洗顔石鹸です。

 

牛乳石鹸(赤箱)を使った人の口コミ

・皮膚科の先生から勧められて買いました!

・敏感肌の私も、トラブルが出た事はありません。

・お手頃なこの価格で、これだけしっとりするとは驚き。

 

DHCマイルドソープ

mildsoap-thumb-670x450-75

出典:arata.co.th

ドラックストア、コンビニでも買えるのが嬉しい石鹸です。
石鹸素地をベースに、オリーブオイルと
はちみつが配合されています。

泡立ちが良く、2ヶ月以上も持つので
コストパフォーマンスが良いとの意見も多いです。

 

DHCマイルドソープを使った人の口コミ

・敏感肌のかゆみが治まったので使い続けています。

・汚れ落ちは満足。肌がつっぱらないのも良い!

・刺激がないので、安心して5年以上使い続けています。

 

ロゼット洗顔パスタ 海泥スムース

9780421

出典:楽天

発売から65年という、ロングセラーの洗顔石鹸。
シリーズの種類も豊富で、これ以外にも
美白効果があると話題のホワイトダイヤなんかも人気です。

また、固形ではなくペースト状なのが特徴。
イオウの成分が、肌荒れやニキビに効果があるという口コミも多いです。

 

海泥スムースを使った人の口コミ

・ストレスによる大人ニキビに効果ありました。お肌がつるんとします。

・季節の変わり目で肌が荒れた時に使います。イオウが肌に合うみたいです。

・その時使う分だけ取り出せるので、衛生的で気に入ってます。

 

ミヨシ無添加洗顔せっけん

miyoshi_1210

出典:地球のココロ

無添加石鹸で有名なミヨシ石鹸株式会社。
成分は石鹸素地だけ、というシンプルな無添加石鹸です。

本釜炊き製法で作られているため、
グリセリンが残っていて洗い上がりがやさしいと評判です。

 

無添加洗顔石鹸を使った人の口コミ

・生理前の肌が敏感な時期でも、問題ありませんでした。

・完全無添加の純石鹸というところに安心感を感じます。

・純石鹸で洗顔用というものがなかなかないので、愛用しています。

 

アレッポの石鹸 ノーマル

img62166304

出典:楽天

シリアの職人が作る、自然派オリーブオイル石鹸です。
伝統的な作り方で、完成までは2年もかかります。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、
人間の皮脂と近いので効果的に肌を守ってくれます。

洗い上がりがすごくしっとりするので、
刺激がなくて安心という口コミが多いです。

香料は無添加なので、
オイル独特の香りがするという特徴があります。

 

アレッポの石鹸を使った人の口コミ

・乾燥肌がひどい父のカサカサがよくなりました。男性にもおすすめ。

・肌がつるつるになって保湿力もいいです。オリーブオイル効果かな。

・ナチュラルメイクなら落ちるので、これだけでメイク落としもしています。

 

マックス 無添加生石けん

zagzag_4902895012792

出典:yahoo

赤ちゃんのために開発した石鹸なので、
デリケートなお肌の方にも安心です。

香料、色素、防腐剤、酸化防止剤を一切使用していません。
原料の油脂はパーム油とパーム核油です。

 

無添加生石鹸を使った人の口コミ

・何を使っても肌荒れしてしまう時は、これで顔も身体も洗っています。

・やわらかい軽めの泡がたち、肌がつるんとします。

・値段が安くコスパ抜群。子供も大人も家族みんなで使えるのもいいですね。

 

ドラッグストアでは買えない!人気のおすすめ洗顔石鹸ランキング!

ドラッグストアなどで購入できる
洗顔石鹸にも良いものは多いです。
しかし、価格も安いので品質には限界があります

より品質の良い洗顔石鹸を求めるのであれば、
通販での購入がおすすめです。

通販で販売されている洗顔石鹸は、
製造方法や内容成分などにこだわっている
石鹸が多く、敏感肌の方はもちろん、
ニキビや毛穴が気になる方、乾燥肌の方にもおすすめです。

市販の石鹸に比べて作るのに手間が
かかることや、大量生産に向いていないため、
価格も少し高くなりますが、
それ以上に価値がある石鹸も多いです。

通販で購入できる洗顔石鹸にも様々な
商品がありますが、中でも口コミなどで
評判の良いおすすめの石けんをランキング形式でいくつか御紹介します。

 

お得な期間限定アイテムをpick up



敏感肌でお悩みの方の中には、
シワや肌のくすみなどのエイジングケアを
したいけど、
肌に合わなくて使えなかった・・・
という方も多いのではないでしょうか?

そんな方にこそ試して欲しいのがこちらです。
濃縮馬プラセンタのエイジングケア洗顔【LUNAS/EQプラセラクレンジングセット】

敏感肌や乾燥肌をケアする成分だけでなく、
エイジングケア成分もたっぷり配合した
贅沢な洗顔石鹸とクレンジングがセットになっています。

通常価格は5300円ですが、クレンジングと
洗顔石鹸のセットでこの価格ですし、
2ヶ月分の大容量なので、コスパも悪くありません。

さらに、今なら期間限定で、
初回の1週間分が特別価格の980円
でお試しできるようになっています。

定期コースになっていますが、もちろん
初回分だけでも解約できますし、
2回目以降を継続したとしても
90日間の全額返金保証までついているのはかなり凄いです。

肌に合うかどうか心配という方や、
しっかり試してから判断したいという方、
どちらにもおすすめなので、是非一度試してみて下さい。

 

ランキング1位 ココラルム VCOマイルドソープ

この洗顔石鹸は、品質の高い化粧品や
サプリメントを販売している『さくらの森』の商品。

多くの雑誌やメディアでも紹介されていて、
楽天や@COSMEで1位を獲得するなど、
使用者の評価も高く、大人気の洗顔石鹸です。

VCOとはヴァージンココナッツオイルのことで、
その主成分は母乳や皮脂と同じラウリン酸。

VCOは通常のココナッツオイルよりビタミンや
ミネラルを豊富に含んでいるので、
美容オイルとしても知られていますね。

ラウリン酸は石鹸に使われる脂肪酸の中でも
分子が小さく、誰でもキメの細かい生クリーム
のような濃密な泡を作ることができます。

皮脂と同じ成分だから肌にも優しく、
余分な皮脂を落とさず毛穴の汚れを
すっきり落としてくれるのが特徴です。

もちろん肌に刺激となる成分は無添加で、
パッチテスト、スキャンギングテスト済みだから
敏感肌の方も安心して使用できます。

 

VCOマイルドソープの全成分は、

石鹸素地(植物油)、ヤシ油(ヴァージンココナッツオイル)、ステアリン酸、水、ヒアルロン酸Na、水酸化Kさくらの森
とシンプルで、敏感肌の方にはピッタリの洗顔石鹸です。

シンプルといっても丁寧な枠練り製法で
作られているので、美肌成分が40%も含まれています。

洗い上がりがつっぱることもないので、
口コミでの使用感も評判が良く、
石鹸での洗顔が苦手な方にもおすすめです。

 

通常価格は2874円(税抜)ですが、
約2ヶ月持つので、コスパもそれほど悪くはないと思います。

初めて購入する場合には、公式サイトの
初回限定の定期コースを利用すれば、
半額の1423円で購入できます。

もちろんいつでも休止や解約もできますし、
15日間の返金保証まで付いているので、
肌に合わなかったらどうしよう・・・という心配も必要ありません。

まだ使ったことがなければ、
是非一度使ってみて欲しい洗顔石鹸です。

 

ランキング2位 然(しかり)よかせっけん

然(しかり)よかせっけんは、
累計2000万個以上売れている人気の洗顔石鹸で、
濃密なもっちりとした泡ができると口コミで人気があります。

ランキングサイトなどでも良く紹介されている
石けんなので、御存知の方も多いのではないでしょうか?

毛穴よりも小さい超微細火山灰シラスパウダー
を配合し、毛穴に溜まった汚れや古い角質を
吸着して取り除いてくれるので、
不要な肌トラブルを起こしにくい洗顔石鹸です。

 

また、コラーゲンエキスやローヤルゼリー
エキスなどの美肌成分を60%以上配合しています。

さらに、3つの保湿成分も加えているので、
洗顔後のつっぱり感が軽減されているだけでなく、
使い続けるうちに毛穴も目立たなくなった
という口コミも多いです。

 

もちろん着色料や香料、防腐剤、鉱物油などの成分は無添加。
有効成分が配合された医薬部外品の洗顔石鹸なので、
ニキビや肌荒れの予防にもおすすめです。

固形の石鹸とは違ってペースト状になって
いるのも特徴的で、ジャータイプと
チューブタイプの2種類から選ぶことができます。

価格面においても、通常価格が
1944円(税込)と他の石けんと
比較しても安く、継続して使い続けやすい商品です。

 

さらに、単品購入も可能で、
送料無料のお得な定期コースや、
単品でも2個から送料無料で購入できます。

気になる方は是非公式サイトをチェックし、
2000万個以上売れている石けんの良さを実感して下さい。

 

ランキング3位 【P.G.C.D】サボンクレール,サボンフォンセ

濃縮2ステップの超シンプルなスキンケア
を推奨しているP.G.C.Dから販売されている洗顔石鹸です。

フランスのコスメ大賞『ヴィクトワール賞』を
洗顔石鹸では世界で初めて受賞し、フランスで絶賛されています。

この洗顔石鹸の特徴は、
朝と夜で使用する石鹸が分かれていること。
落とす汚れの違いに着目し、
不要なものだけ落とすことを実現しています。

 

また、この洗顔石鹸を使用した後は、
専用の美容液だけでスキンケアが完了します。

洗顔による洗い過ぎと、
スキンケアによる与え過ぎを改善し、
肌本来が持っている力を引き出すことができるので、
乾燥肌や敏感肌に悩んでいる方には、特におすすめの洗顔石鹸です。

 

ランキング1位にしても良いくらいですが、
価格が少々高いのがネックです。

とは言え、他のスキンケアが不要になると
考えれば、人によっては安いと感じる場合も多いと思います。

また、初回はお得な価格で購入できるようになっていたり、
たっぷり2週間お試しできるトライアルセットも用意されています

しかも、30日間の返品保証まで付いているので、
まだ一度も使ったことがないという方であれば、
是非試してみて欲しい洗顔石鹸です。
詳しくは公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

ランキング4位 どろあわわ

高品質な洗顔石鹸としても有名な
どろあわわですが、ランキングサイトなどの
様々なところで紹介されているので、
一度は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

販売を開始してから
830万個も売れている大ヒット商品で、
使用した方の満足度も9割以上と非常に高いです。

大豆イソフラボンをたっぷり含んだ
豆乳をさらに乳酸菌と発酵させ、
肌への浸透を高めているだけでなく、
コラーゲンやヒアルロン酸といった
保湿成分を加えてあるので洗い上がりもしっとりします。

 

また、2種類の泥が毛穴に溜まった汚れを
しっかり吸着してくれるので、
肌の余計なトラブルを防ぐことができます。

もちろん石油系の界面活性剤や鉱物油、
着色料などの成分は無添加
なので、敏感肌の方でも安心
です。

 

通常価格は2980円ですが、
初回が半額となるお得な定期コースや、まとめ買いなども用意されています。

定期コースには、継続の回数に制限がないコースと、
6回の継続が必要なコースがありますが、どちらも初回は半額です。

まだ使ったことがないという方は、
是非一度公式サイトをチェックし、
実際に試してどろあわわの良さを実感して下さい。

 

※追記

『どろあわわ』にやし殻活性炭と
天然泥炭(ピート)を配合し、
更に汚れの吸着力がパワーアップした
『くろあわわ』が新登場しました。
毛穴汚れが気になる方には特におすすめです。

私自身も新商品の『くろあわわ』が
気になったので、実際に使ってみました。
その時の様子や使い心地をレビューして
みましたので、気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

 

ランキング5位 ペネロピムーン ジュノア

ペネロピムーンジュノアは、石鹸一筋
55年の職人が試行錯誤しながら作り上げ、

  • 不要なものを落とすこと
  • 肌に足りない栄養を補うこと

の2つを可能にした究極の洗顔石鹸です。

 

90日間という長い時間をかけながら
手作りされており、14種類の和漢エキスや
5つの美容成分を25%配合しているのが特徴です。

もちろん石油系界面活性剤、合成香料、
合成着色料、鉱物油などは無添加で、
使用した方は洗顔だけとは思えないしっとり感
驚いたなどの口コミも多いです。

そのため、敏感肌だけでなく乾燥も気になるという方におすすめです。

 

また、乾燥によって
毛穴が目立ってしまう方にもおすすめで、
使い続けることで毛穴が目立たなくなった
という口コミも多いです。

これだけ美容成分が入っている
洗顔石鹸なので、洗顔は素早くという
常識を覆し、すぐに洗い流さずに泡パック
することで驚く程のキメと透明感が実感できます。

公式サイトにもやり方が載っているので参考にしてください。

 

1ヶ月使いきりのサイズで定期購入が
基本となり、初回はお試しという意味から
半額の1080円で購入できる
ようになっています。

定期購入と言っても、
良くある『〇回以上購入が条件』ということもなく、
いつでも休止することができるので安心です。

公式サイトにはもっと詳しく紹介されているので、
気になる方は下記のボタンをクリックして詳細を確認してみてください。

 

正しい洗顔方法と石鹸の保管方法!

良い石鹸を使用しても、
洗顔方法が間違っていたら意味がありません。
正しい洗顔方法で肌に余計な刺激を与えないようにしましょう。

 

STEP①

まずは石鹸で手を洗いましょう。
雑菌が手に残っていては台無しです。

STEP②

次に顔を洗います。
乾いた顔のまま石鹸をつけることは、
摩擦で肌に負担をかけるのでNGです。
ぬるま湯(人肌程度)で洗うことで毛穴を開かせてあげます。

STEP③

石鹸を泡立てます。
苦手な方は泡立てネットを使うと
簡単に泡立てることができて便利です。

ネットを濡らしすぎると泡が荒くなるので
湿らす程度にするのがポイントです。

参考:あっ!という間に洗顔料を泡立てるコツ!

STEP④

おでこ、鼻全体のTゾーンを最初に洗いましょう。
泡をだんだん広げながら、クルクルとやさしく洗います。

STEP⑤

泡を頬へと広げます。
力は入れすぎずに、泡を動かすように注意しましょう。

STEP⑥

目、口を最後に洗います。
ここはデリケートな部分なので
時間をかけずに、さっと泡をのせるだけで大丈夫です。

STEP⑦

ぬるま湯で洗い流します。
こめかみやアゴは、泡が残りやすいので念入りにすすぎましょう。
人肌以上の熱いお湯は乾燥してしまうので、温度にも注意です。

STEP⑧

清潔なタオルで顔の水分を拭き取ります。
決してゴシゴシ拭いてはいけません。
水分をタオルでそっと吸収してあげましょう。

 

洗顔石鹸の保管方法

使用している石けんが固形石鹸であれば、
保管方法には注意が必要です。

お風呂場に置きっぱなしにして
しまいがちな石鹸ですが、使用後は浴室から出しましょう。

湿気で雑菌が繁殖し、
肌トラブルの原因になったりするからです。

 

また、品質の良い高価な洗顔石鹸は溶けやすく、
浴室に置きっぱなしにすると、
少ししか使っていないのにすぐ無くなってしまいます。

大切な石鹸を長くつかうために、
面倒でも忘れないようにしましょう。

 

顔と身体で使う石鹸を分けたほうがいい?

石鹸の種類を調べると、純石鹸・浴用石鹸・
洗顔石鹸などといったように種類や用途別に書かれています。

顔用、身体用は、それぞれ別の石鹸を
用意した方がいいのでしょうか?

 

石鹸を使い分けるより洗い方のほうが大事

身体は顔よりも皮膚が厚く、
背中は皮脂分泌量も多いです。
こだわりたい方は、洗浄力の違う
石鹸を用意しても良いでしょう。

洗顔石鹸は浴用石鹸などよりも低刺激に
作られているので、洗顔石鹸で身体を
洗っても問題はありません。

同じ石鹸でも、顔は手の指で優しく洗う、
背中はタオルで泡立てて洗う等、
洗い方を変える事で汚れを適切に落とす事ができます。

 

ボディーソープなどでは肌が荒れてしまう
ようでしたら試してみるのも良いですが、
洗顔石鹸は他の石鹸と比べて高価なものが多いので、コスパは悪くなるでしょう。

身体を洗う時は比較的安い市販の
洗顔石鹸を使用し、洗顔には通販で買える
高品質な洗顔石鹸を使うというのも良いかもしれませんね。

 

洗顔以外の敏感肌や乾燥肌の改善方法

敏感肌と乾燥肌の悪循環から抜け出す
ためには、洗顔料や洗顔方法の見直しは
もちろん、敏感肌の原因となる肌への悪い
習慣を辞め、良い習慣を取り入れていくことが大切です。

体の内側(食生活)と外側(スキンケア)
の両方から効果的にアプローチをしていきましょう。

 

体の内側からのケア(食生活)

内臓の状態は、最終的に肌に表れて
くるもので、肌は体のバロメーターです。
つまり、腸内の状態を良くする事=敏感肌の改善に繋がります。

食生活の改善と聞くと難しく感じるかも
しれませんが、ここでは敏感肌に良い食べ物、
悪い食べ物だけを覚えておきましょう。

 

敏感肌や乾燥肌改善におすすめの食べ物

敏感肌や乾燥肌の改善におすすめの
食べ物は、ビタミンA(βカロテン)や
ビタミンEが多く含まれる食品です。

ビタミンAには肌のターンオーバーを
活発にしたり、保湿に必要な皮脂膜や
NMF(天然保湿因子)の生成を促してくれる効果があります。

ビタミンEは、若返りのビタミンとも
呼ばれていて、肌のバリア機能を正常に
保つ働きや、高い抗酸化作用があります。

どちらも敏感肌や乾燥肌には特に必要な
栄養素なので、積極的に食事から摂取していきましょう。

 

以下に多く含まれる代表的な食品を紹介しておきます。

ビタミンAが多く含まれる食品・・・ほうれん草、にんじんブロッコリー、大豆等。

ビタミンEが含まれる食品・・・アーモンド、ツナ、たらこ、アボカド等。

肌に良い食べ物についてもっと詳しく知りたい方はこちら
コレで完璧!美肌に繋がる肌に良い食べ物、悪い食べ物まとめ!

 

敏感肌や乾燥肌に悪い食べ物

敏感肌や乾燥肌の方ができるだけ避けた方が
よい食べ物は、冷たい飲み物やアイス、
食品添加物の多い食品です。

身体を冷やす食べ物の摂り過ぎは、
血液の流れを低下させる原因になり、
肌の代謝が悪くなることに繋がります。

 

また、コーヒーやお茶の飲みすぎにも注意が必要です。
カフェインは、ビタミンCを破壊して
しまったり、コラーゲンの生成を阻害してしまいます。

乾燥の原因にもなるお酒の飲みすぎや、
炭水化物(糖質)の取りすぎにも注意しましょう。

せっかく食生活を改善しても、
これらの食品によって邪魔をしてしまうこともあります。
本気で肌質を変えていきたいならできるだけ避けた方が良いでしょう。

 

体の外側からのケア(スキンケア)

スキンケアというと、高い美容液や
クリームを買うことを最初に思いつくかもしれません。

ですが、敏感肌の人に必要なスキンケアは、
肌に刺激を与えずに、本来の肌機能を高める事です。

 

肌に負担となることは止め、肌を健康な状態に戻す事。
そのために一番重視する事は、
化学成分を避けるシンプルなスキンケアをすることです。

特に効果的な方法は、敏感肌や乾燥肌の
原因にもなっているクレンジングや洗顔について見直すことです。

 

洗顔石鹸で肌の悩みから解放されよう!

最近では生まれつき肌が弱かった
わけではなく、知らない間に敏感肌に
なっていたという方も多くなっています。

また、乾燥肌が悪化したことで敏感肌に
なってしまい、両方に悩まされている方もいるでしょう。

そのほとんどが日々の生活習慣や間違った
スキンケアが原因
なので、洗顔方法や
洗顔料を見直すことによって改善された方は多いです。

今のままの方法を続けていくと、
敏感肌がもっと悪化してしまう可能性も
あるため、早めに改善していくことをおすすめします。

 

実際に私も生活習慣を見直し、
洗顔フォームから洗顔石鹸に変えてから
しばらくすると、敏感肌が少しずつ
改善されていき、今では化粧品を選ぶのもかなり楽になりました。

肌が荒れるかもといったことにビクビク
することなく、使いたい化粧品を使うことができると、
メイクが楽しくなるだけでなく、自分にも自信がついてきます。

 

敏感肌は悩みの種ですが、
洗顔方法を変えるだけなら誰でも手軽に始められるはずです。

100円程で手に入るお手頃な石鹸も
多いので、まずはそちらを試しても良いでしょう。

ツッパリ感が気になる方や洗顔石鹸の良さを早く実感したい方、
既に色々試したけどなかなか効果がなかったという方には、
通販などで購入できる高品質な洗顔石鹸がおすすめです。

 

特別な化粧品を買い足してセットで
使うのも良いですが、まずは洗顔方法や
洗顔料を見直し、シンプルなお手入れで敏感肌を改善していきましょう!

ちなみに、私が使ったのはこちらの洗顔石鹸です。
本当におすすめの洗顔石鹸なので、
気になる方は下記のボタンから詳細をチェックし、是非一度試してみて下さい!

 

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
資生堂がプチプラに参入!話題のブランドを乗り遅れる前にチェック!


高級化粧品のイメージが強い資生堂が、
ついにプチプラブランドをオンラインショップ限定で展開!

無料会員登録すれば1品から送料無料で便利すぎ!

今年大注目のブランドをいち早く手に入れて周りの人に教えてあげよう♪
レシピストの公式サイトはこちら