1. TOP
  2. ダイエット
  3. 温活で不調知らずの体へ!おすすめのやり方と効果は?

温活で不調知らずの体へ!おすすめのやり方と効果は?

女性の多くが持つ体の悩みとして
挙げられるのが、体の冷えではないでしょうか。
特に手足が季節問わず一年中冷えている
という人も多いでしょう。

しかし、冷えは体の様々な不調を招きます。
そこで行いたいのが「温活」です。
温活をすれば体が温まりやすくなり、不調も軽減されるのです。

ここでは温活の効果と、おすすめの温活の
やり方をご紹介します。

Sponsored Link

体が温まっていないとどうなる?

温活とは何かを説明する前に、まず体が
温まっていないとどうなるかを説明しておきましょう。

体が温まっていないと、主に次のような症状を
引き起こすといわれています。

  • 基礎代謝が下がる
  • 血行が悪くなる
  • 免疫力が低下する
  • 自律神経のバランスが崩れる
  • 生理痛が悪化する
  • 肩こりがひどくなる
  • 睡眠不足に陥る

こうして見ると、体が温まっていないと
不健康になってしまうことが分かりますね。

また、ダイエット面でも悪影響が生じそうです。
女性にとってダイエットは美しく健康的な体で
いるために行います。

そのダイエットがうまく行えなくなるのは、
あまり嬉しいことではありませんよね。

体が温まっていないと、いくら健康面や
ダイエット面で良い習慣を心掛けていても
その習慣による効果が半減してしまいます

このように、毎日を健康的な体で元気に
過ごすには、体を温めることが大切になってくるのです。

 

温活とは?

体に生じた色々な不調を改善させるために、
体を温めることを習慣化することを「温活」といいます。

「体を温める習慣」といっても、単に
「常に厚着をして過ごす」ということではありません。

「薄着をしない」や「手足を温める工夫をする」
といった体の外側からのケアはもちろんですが、
「体を温める飲食物を摂る」や「運動をする」、
「入浴する」といった体の内側を温めることも温活になります。

そして温活は、一時的ではなく意識的に
継続して行い続けることが大切になってきます。

温活は、体の冷えが生じやすい女性にとって
積極的に取り組んでいきたい活動なのです。

温活をすると得られる効果5つ

温活をすると、主に次の5つの効果を得られます。

基礎代謝が上がって、太りにくくなる

基礎代謝というのは、安静時に消費される
エネルギーのことです。
この基礎代謝量が多いほど、
体が痩せやすくなるといわれています。

しかし、体が冷えていると基礎代謝は
低下してしまいます。

言い換えると、
「体が温まっていれば基礎代謝を上げられる」
ということです。

私たち人間の体は体温が1度上がると
基礎代謝を13%まで上げられるといわれています。

たった1度だけなのに、10%以上も
基礎代謝を上げられるのは驚きですよね。
それだけ、温活の効果は絶大なのです。

 

血行が良くなって、健康的な体になる

体が温まれば血行が良くなります。
血行が良くなると、食べ物などから得た栄養素
が体に行き渡りやすくなったり、余分な老廃物も
排出されやすくなったりします。

また、肩こりや疲労感などの体の不調も
改善されたり、お肌の状態も良くなったりします。

温活をすることによって、不調やトラブル
知らずな体を作ることも可能になるのです。

 

免疫力が向上し、病気にかかりにくくなる

私たち人間の体は、体温が1度低下すると
免疫力が約30%も下がるといわれています。

これは、
「温活をすれば免疫力を上げることができる」
とも言い換えられます。

温活によって免疫力が向上すれば、
病気にかかりにくい体になり、
毎日を健康的に過ごせるようになるでしょう。

 

ストレスが和らぐ

体が温まっていると自律神経が整い、
体をリラックス状態にさせることができます。

つまり、温活をするとストレスを和らげることができるのです。

ストレスは体の様々な不調の原因になり、
ストレスを和らげることは健康でいるためには大切です。

温活は体だけでなく心も温めることができるのですね。

 

妊娠しやすい体になる

「体を温めること」と「妊娠のしやすさ」は、
一見すると関係なさそうに思えますよね。

しかし、体の冷えと不妊は密接な関係にあるのです。

というのも、体が冷えていると卵子を育てる
ための血液や栄養が子宮に十分に行き渡らないからです。

このため、体が温まっていないと、
妊娠しにくい体になってしまいます。

反対に体が温まっていれば、子宮の血流が
良くなって栄養も行き渡るので、
妊娠しやすい体になれるといえるでしょう。

 

おすすめの温活のやり方

ではここで、おすすめの温活のやり方をご紹介しましょう。

温活は大きく分けて、

  • 体を温める飲食物を摂る
  • 体を動かす
  • 体を温めるグッズを使う
  • 入浴をする
  • 生理痛が悪化する
  • 肩こりがひどくなる
  • 睡眠不足に陥る

といった4つに分けることができます。
それでは、1つずつやり方の詳細を説明しましょう。

 

温活のやり方①体を温める効果のある飲食物を摂る

「体を温める効果のある飲食物を摂ること」は
「体の内側を温める」という温活の1つです。

即効性はありませんが、毎日継続して行うこと
で徐々に体に変化が表れてくるでしょう。

体を温める効果のある飲食物は、次の通りです。

  • 陽性の食材(寒い地域で摂れる色が濃い食材)
    例:人参/ごぼう/玉ねぎ/れんこんなど
  • 発酵食品
    例:味噌/納豆/チーズ/甘酒など
    ※ただし、冷たいヨーグルトは体を冷やすので注意。
    ホットヨーグルトであれば可。
  • 薬味
    例:しょうが/みょうが/ネギ/山椒など
  • 香辛料
    例:シナモン/こしょう/唐辛子など
  • 温かい飲み物
    例:紅茶/白湯など
    ※ただし、コーヒーは温かくても体を冷やす
    カフェインが入っているため注意。

上記に取り上げた飲食物は、日常的に
摂っているものが多いのではないでしょうか。

特別な飲食物を買う必要はなく、
身近な飲食物で温活は行えるのです。

温活をするときは、上記の飲食物を普段より
意識的に摂るように心掛けることが大切です。

組み合わせて温活もパワーアップ!

上記の飲食物を複数組み合わせて摂るのもおすすめです。

たとえば、

  • 甘酒や紅茶にしょうがを入れる
  • 紅茶にシナモンを入れる
  • 味噌汁や納豆に山椒をかける
  • 人参や玉ねぎ入りの野菜炒めにしょうがを入れる

といった具合です。

体を温める効果のある飲食物を複数
組み合わせることで、温活効果を高められます。

また、飲食物ではありませんが、血行促進を
サポートするサプリメントを取り入れても良いでしょう。

サプリメントは、飲食物だけでは補えない
温活をサポートしてくれますよ。

 

温活のやり方②体を動かす

体を動かせば血行が良くなって、体も温まりやすくなります。
とは言え、体を動かす温活といっても色々なやり方がありますよね。

具体的には次のようなことを行うと良いでしょう。

  • 有酸素運動:ウォーキング/ランニング/ジョギングなど
  • 筋トレ:スクワットなど
  • ヨガ(特にホットヨガがおすすめ)

上記は時間を確保して行うものですが、
「忙しくて体を動かす時間がない!」という人は
日常生活中で積極的に体を動かすようにしてみてください。

たとえば、「積極的に階段を使う」
「最寄り駅まで歩いたり、自転車で行ったりする」
といった具合です。

これだけでも立派な温活になって、体も温まりやすくなります。
5分や10分といった小刻みでもいいので、実践してみましょう。

また、自宅で気軽にできる体を動かす温活
としては、ストレッチやマッサージもおすすめです。

すき間時間にサクッとできるので、
「体が冷えているな」と感じたら行ってみてくださいね。

 

温活のやり方③体を温めるグッズを使う

体を温める飲食物を摂っても、体を動かしても、
極端に体が冷えている場合は、効果が表れるまで時間を要するかもしれません。

そんなときは、体を温めるグッズで温活をサポートしましょう。

おすすめのグッズは次の通りです。

  • ホッカイロ
  • ウォーマー(首/手首/足首用)
  • 湯たんぽ
  • 腹巻
  • ブランケット
  • 足温器

グッズを使えば、比較的短時間で体を温められます。

特に気温が下がって寒くなる秋・冬には、
これらのグッズを毎日取り入れると良いでしょう。

 

温活のやり方④入浴をする

入浴も温活の1つです。
もしシャワーだけで済ませていたら、
この機会にお風呂につかる習慣をつけましょう。

温かいお湯につかると、体が温まって血行が
良くなるだけでなく、リラックス効果も働いて
疲れも取れて快眠へとつなげられます。

お風呂の温度は、熱過ぎず、ぬる過ぎない
39度あたりを目安に設定しましょう。

また、入浴時にはアロマを炊くのもおすすめです。
アロマにはリラックス効果があって自律神経を
整えることもできるので、体がさらに温まりますよ。

 

温活は冬だけやるものではない!

ここまで紹介した4つのおすすめ温活は、
寒い冬場だけなく、夏など一年中行うことが大切です。

なぜなら、特に夏は冷房の効いた部屋に
いることが多かったり、熱くて冷たい飲食物
ばかり摂ったりする機会が多くなるからです。

夏などの温かい季節は、外の気温が高いので
「体は温まっている」と思いがちですが、
体の中は冷えていることもあります。

このため、冬以外の季節にも温活をして、
寒い季節になったときに少しでも体が温まり
やすくなっているようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
温活は難しいことではなく、身近なもので実践できる行いです。

体が冷えていると、色々な不調を引き起こす原因になります。
そうならないためにも、一年を通して温活をすることが大切です。

ここでご紹介した温活の4つのやり方を
参考にして頂き、不調知らずな体を作りましょう!

また、効果的に温活をしたいという方には、
ホットヨガがおすすめです。

体力に自信の無い方でもできる簡単なものから
ハードなものまであり、通い続ければ女性らしい
魅力的な身体をつくることもできます。

ホットヨガについてもう少し詳しく知りたい方は、
こちらも参考にしてみて下さい。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
コスパ最強!自宅で本格的なフィットネスができるサービスが登場!


仕事や家事、育児などに追われていると
なかなか運動をする時間が取れないですよね?

そんな方におすすめしたいのが、自宅でできる
フィットネスサービスLEAN BODYです。

LEANBODYはテレビや雑誌でも活躍している
人気インストラクターのフィットネス動画が
いつでも好きな時に好きなだけ見ることが出来ます。

トレーニングの動画はもちろん、
ヨガやピラティス、リズムエクササイズなど種類も豊富。

例えばこんな動画があります。




最初の1ヶ月は無料
で利用できるので
ジムなどに通うのが続かなかったという方や、
時間がなくて行けなかったという方には特におすすめですよ♪
LEANBODYの詳細はこちら

こちらも良く読まれています!

  • 乾燥肌の原因と改善に効果的な5つの対策

  • コレ1つで美白ケア!シミ対策におすすめのオールインワンゲル10選!

  • 腕が毛深いと悩む女性におすすめのムダ毛処理方法とは?

  • 正しい使い方で効果抜群!市販で買えるおすすめ除毛クリーム10選!

  • ポッカレモンでも大丈夫?レモン水のダイエット効果と作り方!

  • 高ければ良いわけじゃない!口コミで人気のプチプラ美容液10選!