1. TOP
  2. 美容・健康
  3. 若白髪の原因はストレスだけじゃない?考えられる4つと対策法!
Sponsored Link

若白髪の原因はストレスだけじゃない?考えられる4つと対策法!

髪の毛をセットしていたら白髪を発見したり、
人から「白髪があるよ」と言われて自分に
白髪が生えていることに気が付いたりした
経験を持つ人もいるでしょう。

特に、若い年齢から生えてくる「若白髪」を
見つけるとショックですよね。

若白髪が生える原因として良く言われるのが
ストレスですが、実は他にも原因があるのを知っていますか?

ここでは、考えられる若白髪の原因を
解説しながら、若白髪を目立たせなくする
方法や改善方法を御紹介します。

Sponsored Link

そもそも白髪が生えるのはなぜ?

そもそも、白髪が生えてくるのはなぜなのでしょうか?
実は、髪はもともと白いそうです。

髪が黒くなって生えてくるのは、メラニン色素
が白い髪に色を付けているからです。

その髪を黒くするメラニン色素を作って
いるのが、「メラノサイト」という色素形成細胞です。

メラノサイトがメラニン色素を十分に作って
いたり、メラノサイト自体の機能がうまく働いて
いれば、黒い髪が生えてきます。

しかし、メラノサイトが機能しないことで
メラニン色素減ってくると、白い髪が生えてきてしまうのです。
これが、白髪が生えてくるメカニズムです。

メラノサイトの働きが機能しなくなる最大の
要因は、加齢に伴う細胞の老化です。
このため、高齢になると白髪が多く生えてくるのですね。

 

若白髪が生える4つの原因

老化が白髪になる原因なのに、なぜ若い年齢
から白髪が生えてきてしまうのか疑問ですよね。

若白髪が生えてきてしまう原因として
考えられるのは、次の4つといわれています。

 

若白髪が生える原因①遺伝

若白髪は、生まれつきによるものもあるようです。
両親が若いうちから白髪が生えていた
ようであれば、それが遺伝してしまうのです。

特に髪に悪影響を与えるようなことをして
いないのに、若白髪が生えてきているという
場合は遺伝が影響しているかもしれません。

 

若白髪が生える原因②ストレス

ストレスは、最も多くいわれる若白髪の一因です。
なぜ、ストレスが若白髪を生やすことになるのでしょうか?

それは、ストレスが溜まることで自律神経が乱れ、
血管が委縮して血行不良になるためです。

血行が悪くなると、健康的な髪を作るのに
必要な栄養素が頭皮に行き渡らなくなります。

また、血行不良はメラノサイトにもダメージを
加えるので、結果として機能しなくなり、
若白髪が生えてきてしまうのです。

 

若白髪が生える原因③栄養バランスの悪い食事の摂取

「野菜をあまり食べない」、
「甘い物や脂っこい物ばかり食べる」というように、
栄養バランスのとれていない食事をしていると、
若白髪が生えてしまうことがあります。

偏食のせいで栄養が十分に摂取できていないと、
髪を黒くするために必要な栄養素をメラノサイトが得られないのです。

 

若白髪が生える原因④睡眠不足

睡眠不足も若白髪が生える一因です。
なぜなら、十分に寝ていないと自律神経が
乱れて血行不良になるからです。

また、睡眠不足は健康的な髪を生やすために
必要な成長ホルモンの分泌も妨げます。

夜更かしばかりしていたり、不規則な生活
ばかりしていたら、要注意です。

若白髪を目立たせなくする方法

若白髪はすぐに改善されるものではありません。
でも、若白髪があると老けて見えますし、
「ストレスでも溜まっているのかな?」と
周りに心配されてしまいますよね。

すぐにでも若白髪を目立たせないよう実践
できることとしては、次の3つの方法が挙げられます。

 

若白髪を切る

若白髪を目立たせなくする方法として
真っ先に思い浮かべるのが、白髪染めでしょう。

しかし、白髪染めは髪にダメージを与えるので、
まずは若白髪を切るのが最善です。

若白髪を切るという対策は、若白髪の本数が
少ないときに効果的です。

自分で切れない場合は、美容師さんや家族など
身近な人にお願いすると良いでしょう。

 

若白髪が隠れるようなヘアアレンジをする

若白髪を隠すヘアアレンジをするのも良い方法です。
たとえば、次のようなヘアアレンジをすると、
若白髪が目立ちにくくなります。

  • 分け目をふんわりさせる
  • レイヤーを入れて髪にボリュームを持たせる
  • 外国人風のふんわりパーマをかける

全体的に髪にボリュームを持たせてふわっとした
ヘアアレンジをすれば、若白髪が隠れやすくなるということです。

ヘアアレンジで若白髪を隠す対策も、若白髪の
本数が少ないときに有効なので試してみてください。

 

白髪染めをする

若白髪の本数が多かったり、少なくても気になる
場合は、白髪染めをすると良いでしょう。

美容院でお願いすれば、頭皮や髪への
ダメージを最小限にして若白髪を染められます。

若白髪染めにお金をかけたくないときは、
市販の白髪染めを買って自分で対処するのも良い方法です。

自分で若白髪染めをする場合は、
頭皮や髪へのダメージをおさえるためにも
下記の記事を参考にしてみてくださいね。

 

若白髪は抜くと増えるって本当?

 

若白髪に関しては、「抜くと増える」という噂を
聞いたことがある方も多いかもしれません。

若白髪を目立たせなくないと思って抜くと、
かえって白髪を増やしてしまうことになるといわれています。

しかし、この噂は事実ではなく、若白髪は
抜いても増えることはありません。

なぜなら、若白髪というのは、その若白髪が
生えてくる毛穴のメラノサイトがうまく機能
しないことで生えてくるものだからです。

特定の若白髪を抜いたからといって、
同じ毛穴から若白髪が何本も生えたり、
他の毛穴から若白髪が生えたりすることはありません。

しかし、髪を抜くという行為は控えるべきです。
髪を抜いてしまうと、頭皮が炎症してダメージが加わるからです。
最悪の場合、髪の毛そのものが生えてこなくなる恐れもあります。

若白髪を見つけてしまって早く何とかしたい
のであれば、若白髪を目立たせなくする方法
紹介した3つの方法を使い、一時的に目立たせなくすることが最善です。

 

若白髪を悪化させないためには?

若白髪を目立たせなくする方法でご紹介した
方法は、一時的に若白髪を隠したいときに有効です。

根本的に若白髪を改善する方法かというと、
そうではありません。

「これ以上若白髪を増やしたくない!」
という場合は、日常生活で若白髪を悪化させない
対策をすることが大切です。

若白髪を悪化させないためには、
次の5つのことを心掛けるようにしましょう。

 

なるべくストレスを溜めない

ストレスが溜まっていると、血行が悪くなって
メラノサイトがうまく機能しなくなります。

ストレスが全くない生活をするというのは
難しいですが、なるべく解消して溜めない
ようにすることが大切です。

趣味に没頭したり、リラックスできることを
探したりと、自分が気分の良い状態になることを見つけてみましょう。

 

栄養バランスの良い食事を摂る

メラノサイトに十分な栄養素が行き渡らないと、
若白髪が生えてきてしまいます。

栄養バランスの良い食事を1日3食
しっかり摂ることを心掛けましょう。

また、食事の中で、若白髪改善につながる
栄養素や健康的な髪作りをサポートする
栄養素を摂ると、なお良いです。

若白髪改善につながる栄養素は、次の通りです。

栄養素名 得られる効果 食材例
カルシウム ・メラノサイトの働きを促進させる
・ストレスを緩和させる
乳製品(チーズやヨーグルトなど)
小松菜/モロヘイヤ/大豆製品(豆腐や納豆など)
メラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」の合成に関わる 魚介類(イカやタコなど)
カシューナッツ/大豆など
ヨウ素(ヨード) メラノサイトの働きを促進させる 海藻類(ひじきやわかめなど)
魚介類(サバやカツオなど)
チロシン ・メラニン色素を生成する
・ストレスを緩和させる
魚介類(マグロやカツオなど)
チーズ/大豆製品(大豆や豆腐など)

上記の栄養素を含む食材を食事に取り入れて、
若白髪の進行を防ぎましょう。

なお、健康的な髪作りをサポートする栄養素
については、下記の記事でも詳しく解説しています。

若白髪改善につながる栄養素の表と併せて参考にしてください。

 

十分な睡眠時間を確保する

十分な睡眠をとれば、自律神経を整えられたり、
血行が促進されたりするので、若白髪改善につながります。

また、若白髪の改善だけでなく、十分な睡眠は
肌にも良い影響を与えるので、女性にとって大切です。

普段、夜遅くまで起きている生活を続けていたら、
これを機に早めに寝るようにしましょう。

 

禁煙する

喫煙の習慣があったら控えましょう。
なぜなら、喫煙は血管を萎縮させて血行不良を引き起こすからです。

また、喫煙は髪のトラブルだけでなく、
体にも悪影響を及ぼします。

髪も体も健康的になるためにも、
禁煙することをおすすめします。

 

頭皮マッサージをする

若白髪の一因に血行不良があるため、
頭皮マッサージをするのもおすすめです。

普段シャンプーをするときに、頭皮をやさしく
マッサージしながら洗ってみましょう。

また、美容室でヘッドスパをお願いしたり、
マッサージ店でヘッドマッサージを受けたりしても良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?
若白髪の原因はストレスだけでなく、
遺伝や生活習慣の乱れから生じることもあります。

若白髪を根本から改善させるには、
生活習慣の見直しが大切です。

ここでご紹介した若白髪の改善方法を
取り入れて、健やかな髪を手に入れましょう。

また、いつまでも若々しい髪を保つには、
日頃のヘアケアも大切です。

特にシャンプーは毎日使用しますので、
なるべく髪や頭皮に優しいものを使いましょう。

おすすめのシャンプーはこちらにまとめて
ありますので、宜しければ参考にして下さい。

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 手や指の目立つ毛穴をなくすには?憧れのツルスベ肌になる方法!

  • 効果なしはウソ!?岩盤浴がダイエットやデトックスに良い理由!

  • 食べるだけで腸のデブ菌を減らして痩せ菌を増やすスーパー大麦とは?

  • 優秀過ぎるカバー力!口コミで人気のファンデーション15選!

  • 乳酸菌の種類と効果!意外と知らないビフィズス菌との違い!

  • 鼻に詰まった角栓を除去!毛穴のつまりを解消する効果的な方法とは?