1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 絶対に貯金したい人が今すぐやるべき5つの節約方法!
Sponsored Link

絶対に貯金したい人が今すぐやるべき5つの節約方法!

 2016/09/12 ライフスタイル  

お金がなかなか貯まらない、貯めようとしても続かない、そんな方も多いのではないでしょうか?

毎月コツコツと貯金をするためには、収入を増やすか支出を減らすしかありません。

すぐに収入を増やすのはなかなか難しいですが、日々の生活にかかっているお金を節約し、貯金することはそれほど難しくはないはずです。

節約にも様々な方法がありますが、小さい額を節約できてもモチベーションが上がらないため、まずは大きく節約できるポイントを知り、確実に貯金額を増やしていくことが大切です。

今回は、誰でも簡単にできる日々の節約術や、しっかりと貯金をする方法を御紹介します。

Sponsored Link

貯金ができない人の特徴

67e8082570bd27f657d3cbb2e33ed53a_m

貯金ができない人には共通する特徴がある場合が多いです。

以下に当てはまる人は、まずそこを改善しましょう。

目標設定をしていない

何かを達成する上で目標設定は非常に重要で、なんとなく余ったお金を貯めようと考えている人はなかなか貯金できません。

自分が月いくら貯金したいのか?を明確にして取り組むようにしましょう。

目標は高すぎても低すぎてもダメです。

まずは自分が貯金できるMAXの金額の半分くらいからスタートし、余裕が出来てきたら少しずつ増やしていくと良いと思います。

また、何のために貯金をするのかは目標を立てる上で大切になってきます。

旅行にいきたいのか、欲しいものを買うのか、将来の自分の為なのか、人によって貯金をする理由は違うと思いますが、そこは大きなモチベーションになるのではっきりさせておきましょう。

支出が明確になっていない

収入は御給料として毎月大きく変動することがないので把握している方が多いですが、貯金が出来ない人の特徴として、支出を大雑把に把握している場合が多いです。

支出が明確になっていなければ、どのくらい使えるお金があるのかもわからないので、目標設定なんてできるはずもありません。

支出には、光熱費や交通費のように変動するものもありますが、家賃や税金などの固定費もあります。

最低でも固定費はしっかりと把握し、変動する支出も通常ならどの程度で収まるかを把握しておきましょう。

支出を明確にできたら、毎月いくら手元に残るのかもわかるはずなので、まずはそこを知ることから始めましょう。

衝動買いが多い

元々買うつもりがなかったものでも、見ていたら急に欲しくなってしまい、つい買ってしまっていませんか?

衝動買いが多い方は、上記の2点がしっかり出来ていないことが多いです。

貯金の目標があって、自分が使える金額を把握している人は、衝動的に何かが欲しくなってもある程度抑えることができます。

衝動買いをしてしまいそうになった時は、それを買わなかったら後悔するか考え、一旦保留にすると効果的です。

ほとんどの場合はしばらく時間を空けると気にならなくなってしまいますが、時間を空けてもまだ気になる場合は、その買い物をする前に計画を立て、買ったらどうなるのかを理解してから購入するようにしましょう。

大幅に節約して貯金する5つの方法!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m (1)

目標と支出が明確になったら、何を削ればお金が残るのかが、ある程度見えてくるはずです。

節約できた金額を貯金額にそのままプラスしていけば、お金はどんどん貯まっていくでしょう。

節約といっても月に数百円の節約ではなかなか貯金は増えていきませんし、モチベーションも上がらないので、ある程度大きく節約できそうなところから取り組むことがポイントです。

ここからは、普段の生活で大幅に節約できそうな5つの方法を御紹介します。

飲み物代を節約して貯金する方法

83f01a7535d6a40d968f4720fe93c1eb_m

どこにでもあるコンビニや自販機は便利ですが、その代わりに殆どが定価で購入することになります。

毎日1本でも月に約5000円、2本であれば約10000円も飲み物に使っていることになるので、ここを節約するだけでも大きな効果が期待できます。

飲み物はスーパーやネット通販をうまく活用することで、普段160円で購入している500mlのペットボトルでも100円以下で買うことができます。

小さいと思うかもしれませんが、1本あたり60円節約できたとしたら、毎日1本飲む人で月1800円、2本飲む人は3600円近くそれだけで節約することができるのです。

また、保温や保冷ができる水筒などを使って自宅から飲み物を持参できるのであれば、更に大幅な節約をすることができます。

寒い季節ならいつでも温かい飲み物が飲めますし、それほど手間のかかることでもないので、貯金をしたいなら明日からでも飲み物代を節約しましょう。

ランチ代を節約して貯金する方法

fd8485c291828ea2f8861fd0548015c4_m

普段、仕事中のランチはどうしているでしょうか?

朝早く起きて自分のお弁当を作るのは面倒かもしれませんが、ここも大きく節約するポイントです。

外で食べようものなら1000円前後かかりますし、コンビニなどで用意しても500円はかかるはずです。

20日間と考えてもランチだけで月1万円は使っている計算になるため、できれば自宅からお弁当を持参して節約しましょう。

最近では冷凍食品もかなり美味しくなっているので、時間を使わずに簡単にお弁当を作ることができます。

うまくいけばランチに使うお金を半分以下に節約することができるので、少し早起きして頑張ってみましょう。

携帯料金を節約して貯金する方法

49cad23354bef871147702f5880a45c6_m

皆さんは携帯に月いくら払っているでしょうか?

色々なことができるスマホですが、通信料定額や通話料定額などのサービスによって月に1万円近くになる方も多いはずです。

最近ではLINEなどの無料通話や、アイフォン同士ならfacetimeオーディオを使うことで通話料はキャリア関係なく24時間無料です。

通信料もwifiなどの普及により、普段外で動画の視聴などをしない人であれば、わざわざ定額にしなくても問題ないと思います。

2年契約のプランに加入している人はすぐには変更できないかもしれませんが、更新のタイミングがきたらプランの見直しも考えてみましょう。

また、自宅にもインターネットを引いているのであれば、キャリアと合わせたプロバイダを選ぶことによってスマホの料金が安くできるので、各社のホームページや店頭で確認してみましょう。

更に携帯料金を節約をする方法として、格安SIMというものがあります。

今まではドコモはドコモのSIMしか使うことはできないようロックがかけられていましたが、規制緩和によって他社のSIMを使用することができるようになり、楽天やOCNなどといった様々な会社が参入しています。

これによりユーザーはキャリアに限定されることなく、自由に機種とSIMを選ぶことが出来るようになっており、2015年5月以降に発売された最新機種であれば、SIMフリーの端末でなくてもSIMロックの解除に対応しているので、格安SIMを使うことによって携帯料金を大幅に節約することができます

格安SIMはデータ通信だけなら月1000円以下がほとんどなので、月の料金を3000円以下に節約することも可能です。

SIMロックの解除は、端末購入後6ヶ月が経過していれば各社ネットで簡単に申請できるので、是非この機会に検討してみて下さい。

窓口でも対応して貰えますが、その場合は3000円の手数料がかかるようです。

保険料を節約して貯金する方法

d6a01f879ee1fb6498a91e578c241965_m

生命保険や自動車保険など、いざという時に必要なものなので加入している方が殆どだと思います。

しかし、比較的専門的な分野の為、保険屋さんや車屋さんに任せてしまっている方も多いのではないでしょうか?

生命保険も自動車保険も最近では通販型の保険が多くできています。

通販型の保険はインターネットで完結するため、人件費を削減できるので通常の保険に比べて保険料が安いことが魅力です。

保険も携帯同様に月々の金額が比較的大きいので、大幅に節約するポイントです。

中には昔からある大手が安心だからという方もいると思いますが、安心という面では通販型も業界は違えど大手がやっている場合が多いですし、むしろ人件費がそれほどかかっていないので、業績の低下による倒産リスクは低いとも考えられます。

知識が無いという方も、今ある保険内容と同程度のものを作ればいいだけですし、相談するだけなら無料でできます。

何社か見積もりをとってみて、比較するのも良いと思います。

最近では複数の会社に対して一括で無料見積りを依頼できるサービスもありますので、色々と比較したい方はそちらを利用すると便利です。

しかし、その場合は色々な会社から電話がかかってくるので覚悟はして下さい(笑)

ポイントを活用して節約した分を貯金する方法

dedb932173675f6ba5a9c918fbef2230_m

皆さんはポイントカードを活用しているでしょうか?

提示するのが面倒だからといって使わない人も多いですが、しっかり活用すると思った以上にポイントは貯まります。

特に便利なのがTカードと楽天カードで、この2つはなんといっても貯まる場所が多いことが魅力です。

クレジット機能付きの場合は、普段現金で支払っているものを敢えてカードで支払うことでよりポイントが貯まりますし、貯まったポイントも様々な所で使えます。

また、ひとつのカードにまとめることによって、家計簿などを毎日つけなくても明細を見れば何にいくら使ったかがすぐわかるというメリットもあるので非常に便利です。

最近では公共料金の支払いでもポイントが貯まるので、気付いたらかなり貯まっているなんてこともあります。

貯まったポイントを普段の生活に活用し、更に節約して貯金に回すのも良いですし、ポイントで浮いた分を自分への御褒美として使っても良いと思います。

クレジットカードが嫌な場合は楽天のデビットカードを活用すると良いでしょう。

デビットなら支払いが先送りされることもないですし、財布からお金が出るか口座から出るかの違いだけです。

まとめ

将来に対する不安や、いざという時の為に貯金しておくことは大切です。

今回御紹介した5つの節約方法は、比較的大きな金額を節約することができるので、貯金額に直結するものが多いはずです。

保険や携帯料金の見直しなら初めの手間だけですので、是非うまく活用してしっかりと貯金していきましょう。

その他の3つも明日からでもできるので、是非取り組んでみてください。

また、女性はファッションにお金を使う方も多いと思いますが、最近では安くて可愛いアイテムが豊富に揃うプチプラ通販サイトが人気を集めています。

そういったプチプラファッションを上手に取り入れることも節約に繋がるので、オシャレ好きな方はこちらも併せてチェックして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

こちらも良く読まれています!

  • 家計の見直しに必須!初心者でも簡単にできる家計簿のつけ方!

  • 二人暮らしの食費は平均でどのくらい?生活費を節約するコツとは?

  • 支出の管理が楽になる!人気の無料家計簿アプリ10選!

  • 目標は3万円!4人家族の食費を無理なく抑える節約術!

  • Hulu(フールー)の評判は?ユーザーのリアルな口コミまとめ!

  • 隠れた人気商品はまだある!無印良品で絶対買うべき人気アイテム10選!