1. TOP
  2. ダイエット
  3. 今すぐ骨盤の歪みを簡単チェック!寝ながら出来る骨盤矯正ストレッチ!

今すぐ骨盤の歪みを簡単チェック!寝ながら出来る骨盤矯正ストレッチ!

骨盤が歪んでいると良くないという話を聞いたことがある方も多いと思います。

骨盤が歪んでいると血流が悪くなり、むくみや冷え性などの原因となることで結果的に太りやすくなってしまうだけでなく、体型も崩れてしまいます。

そのため、骨盤が歪んでいるのであれば矯正し、崩れた体系を元に戻したいと思う方も多いのではないでしょうか?

骨盤の歪みは、整骨院などに通って矯正する方法もありますが、自宅でストレッチを継続的に行うことで矯正できます。

今回はそんな骨盤の歪みを簡単にチェックする方法と、自宅で寝ながらできる骨盤矯正ストレッチを御紹介したいと思います。

Sponsored Link

骨盤とは?

2509cfdac5bd64d11128b0686d2b5954_m

骨盤とは上半身と下半身を繋ぐ重要な存在で、寛骨、仙骨、尾骨から構成されています。

骨盤は内臓や生殖器を守る役割をしていたり、歩くときの衝撃を吸収したりと様々な役割があります。

骨盤の歪みとは?

ae884293c8e5c6df48d8713c9e40c541_m

骨盤の歪みというと、骨自体がずれていたり歪んでいるというイメージがありますが、骨盤そのものは強力な靭帯で固定されているため、相当な力がかかったりしないかぎりは歪むことはないそうです。

「骨盤の歪み」と言われているのは、骨盤のまわりにある筋肉のバランスが崩れることによって、前後左右に傾いてしまっていたり、開いてしまったりしている状態のことです。

つまり、骨自体が歪んでいるわけではないので、筋肉のバランスを元に戻すことによって正常な位置へと戻すことが可能なのです。

このページでは、分かりやすいようにこの後も歪みと表現します。

骨盤が歪む原因は?

de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_m

骨盤の歪みは筋肉のバランスが崩れることによって起きる「傾き」のことだとわかると、その原因も分かりやすいと思います。

骨盤が歪む原因は、普段の歩き方や座り方の癖によって、偏った筋肉の使い方をしていることにあります。

具体的な例として、

  • 脚をいつも同じ方向に組む。
  • 座っているときに左右どちらかに体重を偏ってかけている。
  • 座るときに背もたれに大きく体重をかける。
  • 立っているときに左右どちらかに体重をかけている。
  • ハイヒールをいつも履いている

などが挙げられます。

また、女性特有ですが、出産も骨盤が歪む原因となります。

出産の場合は特殊ですが、基本的にはこのような普段の癖によって、一方の筋肉が過度に使われて固くなり、バランスを崩す原因となります。

骨盤が歪むとどうなる?

5dd052a7ed7031e03cad7bace68186ae_m

骨盤の歪みは身体の様々なところに悪影響を及ぼします。

骨盤が歪むことによって、どんな影響が身体に起こるのかをまとめてみました。

太りやすくなる

骨盤が歪むことによって体のバランスが崩れると、血流が悪くなり、むくみや冷え性などの原因になると言われています。

冷え性やむくみなどは、脂肪を溜めやすい体になる原因となるので、結果的に太りやすい体にもなってしまいます。

また、内臓にも負担をかけ、便秘の原因にもなると言われているので、ダイエットには多くの悪影響を与えます。

体型が崩れる

骨盤が前後に傾くことによって姿勢も悪くなり、下っ腹が出ているように見えたり、お尻の垂れにもつながります。

また、一度その姿勢に慣れてしまうと習慣となり、更に姿勢が悪くなっていくという負のスパイラルに陥ってしまうので注意しましょう。

腰痛や肩こりの原因になる

骨盤の歪みによって、体幹部の筋肉が使われなくなり、筋力の低下を引き起こします。

筋力の低下や血流が悪くなることによって、腰痛や肩こりなどの原因になると言われているので、心当たりのある方は骨盤の歪みを正常に戻すと改善するかもしれません。

骨盤の歪みを簡単にチェックする方法

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_m

普通に生活していて自分の骨盤が歪んでいると感じることは少ないと思います。

自宅で簡単に歪みをチェックする方法があるのでいくつか御紹介します。

簡易的なチェック方法なので、いくつかの方法を試して同じ結果が出るようであれば、より骨盤が歪んでいる可能性が高いです。

足踏みで歪みチェック

目を閉じた状態でその場で足踏みを30回してみましょう。

最初の位置から30cm以上ずれてしまった場合は骨盤が歪んでいる可能性があります。

また、どの方向にずれたかでどのように歪んでいるかが分かるので、参考にしてみてください。

前後・・・前、又は後ろに歪んでいる

左右・・・左、又は右に歪んでいる

斜め・・・骨盤のねじれによる歪みがある

骨盤の開きをチェック

仰向けに寝た状態でつま先の開き具合をチェックすると骨盤の開き具合がわかります。

かかとを少し離し、力を抜いた状態で80〜90度くらい開くのが正常な状態です。

左右の角度にバラツキがあったり、狭すぎや広すぎもよくありません。

左右の歪みチェック

座って横に足を崩した状態、いわゆる横坐りで左右の歪みをチェックできます。

左右どちらかがやりにくかったり、上半身が曲がってしまう場合は左右の歪みがあると言われています。

また、どちらもやりにくい場合や、お尻が浮いてしまう場合は、両側の骨盤が閉じている可能性が高いです。

骨盤の前後の歪みをチェック

壁にかかと、背中をつけて立ち、腰のところの隙間の量で歪みをチェックできます。

隙間が大きく、拳が入りそうなくらい空いている場合は、骨盤が前に傾いています。

逆に隙間が殆ど空いていない状態で、手のひらも入らない場合は後ろに傾いています。

骨盤のねじれチェック

椅子に背筋を伸ばした状態で座り、手はそのまま力を抜いて自然にぶら下げた状態で膝の位置を見てみましょう。

左右どちらかの膝が前に出ている場合には、骨盤がねじれている可能性があります

寝ながらできる!骨盤の歪みを矯正する簡単ストレッチ!

3227c3e91c074a21d958137034ec0908_m

骨盤の歪みを矯正し、正常な位置に戻すためには、骨盤の周りにある筋肉をストレッチすることが大切です。

自宅で簡単にできるストレッチをいくつか御紹介します。

一通りやってみて、やりにくさを感じるものがある場合には、そのストレッチを重点的に行うようにすると効果的です。

卍のポーズでストレッチ

このストレッチは太ももの前側の筋肉を伸ばしてストレッチすることができます。

①仰向けに寝た状態で、横向きになるように左右どちらかの足を上にして交差します。

②両膝を卍のように90度に曲げ、手で押さえながら15~30秒ほどキープします。

③反対側も同じように行います。

文字だけで説明するとわかりにくいので、判り易い動画があったので載せておきます。

太ももの後ろ側をストレッチ

小さな台になるものを用意し、片側ずつ太ももの後ろ側の筋肉をストレッチします。

①台に片足を乗せ、反対側の膝は伸ばしたまま腰から身体を曲げて伸ばします。

②反対側も同様に行い、左右何度か繰り返します。

どちらかがやり易かったり、やり難かったりする場合は筋肉が固まっているので、毎日行うようにしてほぐしましょう。

太ももの外側をストレッチ

太ももの外側にある筋肉を伸ばすのに効果的なストレッチを御紹介します。

①仰向けに寝た状態で片側だけ足を上げ、反対側の足をまたぐように床につけ、足を組みます。

②太ももの外側を伸ばすように、下になっている方の足をできるだけ内側に動かしストレッチします。

③反対側も同様に行います。

左右交互に数回行いましょう。

太ももの内側をストレッチ

太ももの内側にある内転筋を伸ばすのに効果的なストレッチです。

①仰向けに寝た状態で、片側の足を膝から90度に曲げます。

②伸ばした足は動かさずに、曲げた方の足を外側、内側に倒します。

③同様に反対側も行います。

内側や外側に動かすのを手で押さえ、抵抗するようにすると筋トレにもなります。

動画もありましたので、参考にしてください。

まとめ

骨盤の歪みは体系が崩れたり、ダイエットの妨げになったりと様々な悪影響を及ぼします。

完璧な姿勢で日々過ごすことはなかなか難しく、気を付けていても骨盤は歪んでしまいます。

今回御紹介した骨盤矯正ストレッチは、寝ながら自宅でできる簡単なものなので、毎日の日課として是非取り入れてみてください。

また、骨盤が歪むとお尻周りに脂肪がついたり、お尻の形が悪くなったりしてしまいがちです。

お尻痩せに効果的なエクササイズやマッサージ方法もまとめてありますので、こちらの記事も併せて参考にして下さい。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!