1. TOP
  2. ライフスタイル
  3. 基本が大事!洋食や和食、中華料理のテーブルマナーまとめ!

基本が大事!洋食や和食、中華料理のテーブルマナーまとめ!

結婚式や大事な人との初デートなど、

食事をする時のテーブルマナーは意外と見られているものです。

知らないと思わぬところで損をしてしまうかもしれないどころか、

最悪恥をかくことにもなりかねません。

そうならないために、洋食、和食、中華など、

シーンに合わせたテーブルマナーの基本についてまとめてみましたので参考にしてください。

Sponsored Link

テーブルマナーの基本

10d067308191a704de0d7ee739707666_m

和食や洋食、中華など、様々なテーブルマナーがあります。

その国独自の風習や文化いったこともありますが、

テーブルマナーの基本は相手に対する思いやりです。

 

相手というのは、食事を共にする方だけでなく、

周りにいる人達や料理を作ってくれるシェフまで含めた全ての方達のことを指します。

テーブルマナーとは、同じ空間を共にする全ての方達が不快な思いをせず、

楽しい食事の時間を過ごせるようにと作られたガイドラインのようなものですから、

これを守ることも重要ですが、意識しすぎて食事を楽しめなくては意味がありません。

 

とは言え、全く知らなければ自分の何気ない行動が、

不本意にも相手を不快な思いにさせることがあるかもしれません。

そうならないためにも、最低限の知識は身につけておいたほうが良いでしょう。

性別を問わず、見ている人は見ているので、

覚えておいてプラスになることはあっても、損することはないと思います。

 

洋食のテーブルマナー

洋食は私達の生活の中にも広く受け入れられており、食事の機会も多いと思います。

高級店や披露宴などでは、基本的にコース料理が用いられるので、

テーブルマナーを知らないと恥をかいてしまうかもしれません。

そんな大事なシーンで困らないように、テーブルマナーのポイントを押さえておきましょう。

 

ナイフとフォークはどれを使う?

f2143adbb63873ef8908ae7971143ada_m

まず席に着くと沢山のナイフとフォークが並べられています。

どれを何に使ったらいいのかわからず、困ってしまうかもしれませんが、

基本的には外側から使っていけば大丈夫です。

 

仮に間違えて足りなくなってしまったとしても、頼めば持ってきて貰えます。

誤って落としてしまった時も、同様に新しいものと交換してくれるので、

焦って自分で拾わずにスッと右手を上げて係の人を呼びましょう。

 

ナイフとフォークの置き方

fc4a41377a440b53e17c660123219c93_m

パンを食べるときや飲み物を飲むとき、

又は一時的に席を外す時などは、

ナイフとフォークをハの字に置くことで食事中を示します

その際ナイフは刃を内側に、

フォークは背を上側にしておくのが正しいテーブルマナーです。

 

また、その料理を食べ終えた後は、

ナイフとフォークを揃えて置き、フォークの腹を上にしておくことで食事が終了した合図となります。

フランス式は斜め、イギリス式は縦に揃えて置くといったように、

国によっても若干テーブルマナーに違いはありますが、本国でないかぎりどちらでも大丈夫です。

 

ナイフとフォークの使い方

748ebb70c560cbb8a7e37f1518d95940_m

メインの肉料理などを食べる際に、

面倒だからと言って先に全て切り分けてしまうのはNGです。

左端から一口ずつ切って食べるようにしましょう。

 

ライスを食べるときは、ナイフを使ってフォークに乗せて食べます。

ここでもイギリス式とフランス式で、テーブルマナーに若干違いはありますが、

フォークの腹に乗せ、できるだけ左手で食べるのが良いでしょう。

 

また、魚料理で骨がある場合は、魚を裏返したりはせず、

フォークで中心の骨を押さえ、ナイフを使って身を剥がしていただきます。

骨を取り外す際は、ナイフを下にくぐらせるようにして外し、皿の上側に避けて置きましょう。

 

グラスの見分け方

b0386fa2ea0fcdd0600f8e05c04615d4_m

ナイフをフォーク同様に、グラスも何種類か準備されていて、

グラスの使い分けにもテーブルマナーが存在します。

シャンパングラスやビールを飲む際のグラスは見た目で判断できますが、問題はワイングラスと水です。

 

一番大きなグラスが水、その次が赤、一番小さいのが白ワイン用となっています。

料理に合わせたり、好みによってお酒を選び、グラスを使い分けるようにしましょう。

 

パンの食べ方

cae881a44b27711779aa51906f9479cd_m

パンは前の料理の味をリセットして、

次の料理を楽しむための箸休め的な意味合いを持っています。

そのような意味から、

食べるタイミングはスープを飲み終わった後からデザートまでと言われています。

 

おかわりができるようになっているからといっても、

主食として出されているわけではないので、

食べ過ぎて他の料理を楽しめないなんてことにはならないようにしましょう。

 

食べるときにも、パンは一口ずつちぎって、

その都度大きいほうは皿に置くようにするのが正しいテーブルマナーです。

両手にパンを持っていると、余程お腹が空いていると思われてしまうこともあります。

また、バターを使う場合には一口ずつ乗せて食べるようにし、

バターナイフはその都度手前に向けて置くようにしましょう。

 

スープを飲むときのテーブルマナー

1aeebf17a664a4050fdbe08c65ea6852_m

スープを飲むときは、音を立てずに飲むことが知られていますが、

スプーンを大きく口に含むようにして飲んではいけません。

そっと口に添えてスプーンを傾けるようにして飲むのが正しいテーブルマナーです。

 

すくう時は手前からすくい、すくえない量まできたらそこで終わらせましょう。

間違ってもパンにつけて食べるなんてことはしないように。

また、熱いからといって息を吹きかけて冷ましたりせず、

熱くて飲めないといった場合はスプーンを上手く使って冷ましましょう。

 

ナプキンの使い方

8d64833984ac9b264512b0dffed917ca_m

ナプキンは衣服を汚さないためや、

口や指先についた汚れを拭き取るために用意されています。

グラスや他のものを拭いたりすることはしないようにしましょう。

 

また、真っ白なナプキンを汚さないようにと、

自分のハンカチやティッシュを使ったりすることは、

「この店のナプキンは汚いから使えない」

といった意味になってしまいます。

日本人は良くやりがちですが、遠慮せずにどんどんナプキンを使いましょう。

 

ナプキンの使い方ですが、二つ折りにして膝の上に置くのが一般的です。

口元などを拭く際には、折りたたんだ内側を使うようにすると、

外に汚れが見えずに見た目も良いでしょう。

 

席を離れる際には、汚れたナプキンをテーブルに置くのはマナー違反です。

他の人を不快にさせるので、椅子の上におくようにしましょう。

そうすることで食事中だということを伝えることができます。

 

食後は見栄えが良いからといってキレイに畳んでしまいがちですが、

それは料理が不味かったということを意味してしまいます。

畳むのを忘れるほど美味しかったという意味を込めて、

畳まずに最後の皿の右上に置くのが正しいテーブルマナーです。

 

とはいえグシャグシャのままだとそれはそれで見栄えが悪いので、

汚れた内側を隠すように置いたり、敢えてずらして畳むなどすると良いと思います。

 

和食のテーブルマナー

普段から馴染のある和食ですが、様々なテーブルマナーがあります。

普段の食事でそこまで気にする必要はないと思いますが、

目上の方と食事をする際や、料亭などで食事をする際に必要となる場合があるので覚えておきましょう。

小さいころから慣れ親しんだ和食だからこそ、

テーブルマナーを見るだけで育ちが分かってしまうかもしれませんよ。

 

和食の基本マナー

e9018a83c011ae1d38946b3fb0e01c6e_m

当たり前と思う方もいるでしょうが、まずは基本として覚えておくことがあります。

  • お椀やお茶碗は置いたまま食べない
  • 箸を置くときはお椀の上などではなく箸置きに置く
  • 右にあるものは右手、左にあるものは左手で取る
  • 料理を取る時に手を添える「手皿」はNG

普段から癖がついていると気を付けないとやってしまいます。

 

特に手皿はテレビなどでもよく見かける光景ですが、

持ち上げられる小皿は持ち上げ、お皿を添えるのが正しいテーブルマナーです。

この辺りは基本なので、日頃から意識していきましょう。

 

箸の使い方

0e35e71619e0dd24e6ec80647972e8c4_m

和食のテーブルマナーで、最も気を付けなければいけないのが箸の使い方です。

まず、箸の取り方にもマナーがあります。

  • 右手の甲を上にして中央よりやや右側をつかんで持ち上げる
  • 箸の先から3cmくらいのところは避けて左手を下から添える
  • 右手を親指と人差し指の付け根に箸が収まるくらいの位置まで滑らせる

これが正しい箸の取り方です。

 

箸は遠くのお椀などを取る際にも一度置くのが基本ですから、取り方にも注意しましょう。

さりげなく出来たら美しく見えるはずです。

 

次に、箸の使い方には嫌い箸や忌み箸などと呼ばれ、

マナー違反とされる使い方が多くあります。

中でもやりそうなものをいくつか御紹介しておきます。

  • 刺し箸・・・食べ物を箸で突き刺す行為
  • 移り箸・・・取りかけたものを辞め別のものを取る行為
  • 迷い箸・・・どれを食べようか迷い、あちこちに箸を動かす行為
  • 探り箸・・・汁物をかき混ぜて中身を探る行為
  • かき箸・・・食器の口を添え、箸でかきこむ行為
  • 揃え箸・・・食器などをに突き立て、箸を揃える行為
  • 寄せ箸・・・箸を使って食器を寄せる行為
  • 拝み箸・・・両手で箸を挟み、拝むような行為(いただきますの形)
  • 舐り箸・・・箸についたものを口で舐り取る行為
  • 持ち箸・・・箸を持っている手で食器を取る行為
  • 渡し箸・・・食事中に食器をまたいで箸を置く行為
  • 合わせ箸・・・箸から箸へ料理を渡す行為。遺骨を拾う所作。

他にも色々ありますが、概ねやりそうなのはこんなところです。

 

最後の合わせ箸は子供の頃注意された記憶があったり、

知っている人も多いですが、縁起が悪いとされるので、特に祝い事の席では気を付けましょう。

その他の事も日頃からやっているようだと、

ふとした時にやってしまったりするので、

普段からテーブルマナーを意識して治すようにしましょう。

 

お刺身の食べ方

f42886a1ff87790c5c98326a8979344c_m

お刺身は淡白な物から順に食べていくのが正しいとされています。

その為、盛り付けもそのように盛り付けられていることが多いので、

奥から無理に取って崩さないよう順番に食べましょう。

 

天ぷらなども同じようになっているので、基本は変わりません。

わさびを醤油に溶いて使う方がいますが、

それは正しいテーブルマナーではないので、お刺身の上に少量添えていただきましょう。

また、食べる際は小皿を持ち、醤油がこぼれ落ちないように気を付けましょう。

 

焼き魚の食べ方

da7c0fc996765a63f2c13e547d3631d0_m

焼き魚を食べる時に注意することは洋食とも共通しますが、

左から一口ずつ食べていき、食べやすいからと言って魚を裏返したりしないことです。

 

また、中骨を外さずに下の身を食べる行為は、

「透かし箸」という嫌い箸をすることになるので良くありません。

外した中骨を上側にずらしてから下の身を食べるようにしましょう。

骨を一緒に口の中へ含んでしまった場合は、

懐紙で口元を隠して取り出すようにすると、マナーも良く上品に見えます。

 

汁物の食べ方

52a441ce885f578e4febbd77abfaab85_m

汁物をいただく時のテーブルマナーですが、

まず、蓋を開ける時には左手を添え、

蓋を傾けながら中の水滴をお椀の中に落とすようにして外します。

外した蓋は膳の外に裏返しで置いておきましょう。

 

飲むときは箸で具を抑えて飲むようにすると、

箸が人に向いたりすることが無くなります。

飲み終わった蓋を裏返しにする人がいますが、

お椀を傷つける可能性もあるので、柄を合わせるようにして普通に蓋をしましょう。

 

おしぼりや懐紙の使い方

a2a92d70fb2228c6f8c395805d9de02a_m

おしぼりは手を拭くためだけのものなので、他のものを拭かないようにしましょう。

また、洋食とは違い、

なるべくおしぼりを汚さないように食べるのが正しいテーブルマナーです。

 

口元を拭いたりするときには、ハンカチではなく、基本的には懐紙を使いましょう。

ナプキンが用意されている場合は、ナプキンを使用しても問題ありません。

 

懐紙とは、茶道などにも良く用いられますが、

二つ折りになっている小さな和紙の事です。

これを準備しておくだけで、相手の印象が大きく変わるかもしれません。

見えるところには置かずに、膝の上などにそっと置いておくようにします。

 

コップについてしまった口紅を拭ったり、

手皿ではなく懐紙を添えて料理を食べたり、あると色々便利なので準備しておくと良いでしょう。

使用した懐紙は持ち帰るのがマナーなので、懐紙入れも併せて準備しましょう。

 

中華のテーブルマナー

和食と洋食とは違うところもあり、意外と知らないことが多い中華のテーブルマナー。

そこまで細かいルールはないですが、

普段の間隔でやっているとマナー違反になることがあるので、

高級店などに行く際には気を付けましょう。

気を付けたいテーブルマナーのポイントをまとめておきます。

 

レンゲの使い方

e163aabe936a51e2ce4602e707f66639_m

レンゲの使い方は基本的にスプーンと同じですが、

汁物の料理を食べる時には箸を右手に、

レンゲを左手に持ち、汁が周りに飛び散らないように受け皿にします。

 

ラーメンなどの時も同じですが、

麺をレンゲに乗せてミニラーメンのように食べることは、良いマナーとは言えません。

あくまでもスープを飲むものとして使うようにし、

ラーメンも音をなるべくたてないように少しずつ食べるようにしましょう。

 

また、普段レンゲをスプーンと同じように持っている人が多いと思いますが、

レンゲにも正しい持ち方というのがあります。

人差し指を溝に合わせて、柄の部分を親指と中指で挟むようにして持つのが正しい持ち方です。

慣れないとちょっと難しいかもしれませんね。

 

ターンテーブルのマナー

7b0dbd097eb7c998e2d7275df959ddcb_m

ターンテーブルは、基本的に右手で手前に引くように回すのが正しいテーブルマナーです。

しかし、ちょっと左に廻せば取れる場合は、

ぐるぐる回して取るのも不自然なので、左に廻しても大丈夫です。

 

また、ターンテーブルには料理以外は置いてはいけないので、

食べ終わったお皿や飲み物は置かないようにしましょう。

新しく料理が運ばれて来たら、

上座に座っている主賓から時計回りに取り分け、

全員に行きわたるまで手は付けないようにしましょう。

 

ちなみに、入り口から一番遠い席が上座になります。

取り分ける箸などが無い場合は自分の箸を使いますが、

箸を反対にして使うのは良くありません。

後ろの人に軽く会釈をしてから自分の皿に取り分け、終わったら軽く廻してあげましょう。

 

食器の扱い方

162445405a0d2f521799d6a2b04989e0_m

中華では、和食のテーブルマナーとは違って、

小さい取り皿などもテーブルに置いたまま食べます。

持っていいお皿は御飯茶碗だけなので注意しましょう。

 

また、取り皿は料理ごとに変えるようにしましょう。

味が混ざったりしてしまうので、遠慮せずに交換し、

終わったお皿は重ねて邪魔にならないように置いておきます。

 

まとめ

自分の普段の行動と比べて違いはあったでしょうか?

何気なく行っていることや、良かれと思ってやっていたことがマナー違反になってしまうこともあるので、

それぞれの料理に対するテーブルマナーを身に着け、

スマートに食事が出来るようなカッコイイ人を目指しましょう。

見られていないようでしっかり見られているので、大事な人とデートをする時にも気を付けましょう!

 

また、デート中の話題がなくなってしまったときに便利なのが、

生年月日から性格や相性が分かるソウルナンバー占いです。

やってみると意外と当たっていることも多く、相手を知るヒントにもなります。

興味があれば是非一度やってみて下さいね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

美容Lab.の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美容Lab.の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!